詳細検索はこちら

斉藤 靖和 サイトウ ヤスカズ

所属部署名生命科学科
職名教授 研究者紹介(概要版)URLhttp://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/attachment/12271.pdf
更新日 : 2018/12/01

プロフィール

研究キーワード

    細胞死, 酸化ストレス, 抗酸化物質, 老化, 皮膚, がん, ビタミン, 水素水, フラーレン

研究分野

  • 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学
  • 生物科学 / 細胞生物学
  • 農芸化学 / 応用生物化学
  • 基礎医学 / 薬理学一般

経歴

  • 2017年
    -
    現在
    県立広島大学  生命環境学部 生命科学科 (教授)

所属学協会

  • 日本薬学会
  • 日本香粧品学会
  • 日本ビタミン学会
  • 抗加齢医学会
  • 日本酸化ストレス学会
  • 日本癌学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本薬学会
  • 日本香粧品学会
  • 日本ビタミン学会
  • 抗加齢医学会
  • 日本酸化ストレス学会
  • 日本癌学会

学位

  • 生物生産学博士
  • 生物生産学修士
  • 生物資源学学士

教育活動

担当科目

  • 生体機能学(県立広島大学)
  • 応用生命科学実験(県立広島大学)
  • 生命科学概論(県立広島大学)
  • 科学英語(県立広島大学)
  • 生命工学実験Ⅰ(県立広島大学)
  • 生命工学実験Ⅱ(県立広島大学)
  • 卒業論文Ⅰ(県立広島大学)
  • 卒業論文Ⅱ(県立広島大学)
  • 研究プレゼンテーション演習Ⅰ(県立広島大学大学院)
  • 研究プレゼンテーション演習Ⅱ(県立広島大学大学院)
担当科目を全て表示する
担当科目閉じる
  • 生体機能学(県立広島大学)
  • 応用生命科学実験(県立広島大学)
  • 生命科学概論(県立広島大学)
  • 科学英語(県立広島大学)
  • 生命工学実験Ⅰ(県立広島大学)
  • 生命工学実験Ⅱ(県立広島大学)
  • 卒業論文Ⅰ(県立広島大学)
  • 卒業論文Ⅱ(県立広島大学)
  • 研究プレゼンテーション演習Ⅰ(県立広島大学大学院)
  • 研究プレゼンテーション演習Ⅱ(県立広島大学大学院)
  • 生命機能制御学実験(県立広島大学大学院)
  • 細胞機能制御学(県立広島大学大学院)
  • 細胞機能制御学特論(県立広島大学大学院)
  • 生物学Ⅱ(県立広島大学)
  • 細胞生化学(県立広島大学)
  • 生命科学演習(県立広島大学)
  • 基礎生命科学実験(県立広島大学)

研究活動

論文等(論文)

  • The influence of cellular senescence on intracellular vitamin C transport, accumulation, and function.
    Saitoh Y, Nakawa A, Tanabe T, Akiyama T.
    Mol Cell Biochem. 446(1-2) 209-219 2018年09月 [査読有り]
  • Resveratrol oligosaccharides induces mRNA expression for SIRT.
    Hamada H, Shimoda K, Saitoh Y, Doi S, Fujitaka Y, Ono T, Hamada H, Araki M.
    Natural product communications 13(4) 455-456 2018年04月 [査読有り]
  • Electrolytically generated hydrogen warm water cleanses the keratin-plug-clogged hair-pores and promotes the capillary blood-streams, more markedly than normal warm water does.
    Tanaka Y, Saitoh Y, Miwa N.
    Medical Gas Research 8(1) 12-18 2018年03月 [査読有り]
  • High-dose ascorbic acid induces carcinostatic effects through hydrogen peroxide and superoxide anion radical generation-induced cell death and growth arrest in human tongue carcinoma cells.
    Ohwada R, Ozeki Y, Saitoh Y
    Free Radic Res. 51(7-8) 684-692 2017年07月 [査読有り]
  • Protective effects of polyvinylpyrrolidone-wrapped fullerene against intermittent ultraviolet-A irradiation-induced cell injury in HaCaT cells.
    Saitoh Y, Ohta H, Hyoudou
    J Photochem Photobiol B. 163 22-29 2016年10月 [査読有り]
  • Effects of Platinum Nanocolloid in Combination with Gamma Irradiation on Normal Human Esophageal Epithelial Cells.
    Li Q, Tanaka Y, Saitoh Y, Miwa N.
    J Nanosci Nanotechnol. 16(5) 5345-5352 2016年05月 [査読有り]
  • Transient generation of hydrogen peroxide is responsible for carcinostatic effects of hydrogen combined with platinum nanocolloid, together with increases intracellular ROS, DNA cleavages, and proportion of G2/M-phase.
    Saitoh Y, Ikeshima M, Kawasaki N, MasumotoA, Miwa N.
    Free Radical Res. 50(4) 385-395 2016年04月 [査読有り]
  • Effect of stretch on improvement of muscular contractures in rats.
    Ishikura H, Ono T, Oki S, Saito Y, Umei N, Tsumiyama W, Tasaka A, Aihara K, Sato Y, Matsumoto T, Otsuka A.
    J Phys Ther Sci. 27(9) 2821-2823 2015年09月 [査読有り]
  • Synergic carcinostatic effects of ascorbic acid and hyperthermia on Ehrlich ascites tumor cell.
    Saitoh Y, Yoshimoto T, Kato S, Miwa N.
    Exp Oncol. 37(2) 94-99 2015年06月 [査読有り]
  • Repressive effects of oat extracts on intracellular lipid-droplet formation in adipocytes and a three-dimensional subcutaneous adipose tissue model.
    Kato S, Kato Y, Shibata H, Saitoh Y, Miwa N.
    Materials science and engineering C C49 269-273 2015年04月 [査読有り]
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • The influence of cellular senescence on intracellular vitamin C transport, accumulation, and function.
    Saitoh Y, Nakawa A, Tanabe T, Akiyama T.
    Mol Cell Biochem. 446(1-2) 209-219 2018年09月 [査読有り]
  • Resveratrol oligosaccharides induces mRNA expression for SIRT.
    Hamada H, Shimoda K, Saitoh Y, Doi S, Fujitaka Y, Ono T, Hamada H, Araki M.
    Natural product communications 13(4) 455-456 2018年04月 [査読有り]
  • Electrolytically generated hydrogen warm water cleanses the keratin-plug-clogged hair-pores and promotes the capillary blood-streams, more markedly than normal warm water does.
    Tanaka Y, Saitoh Y, Miwa N.
    Medical Gas Research 8(1) 12-18 2018年03月 [査読有り]
  • High-dose ascorbic acid induces carcinostatic effects through hydrogen peroxide and superoxide anion radical generation-induced cell death and growth arrest in human tongue carcinoma cells.
    Ohwada R, Ozeki Y, Saitoh Y
    Free Radic Res. 51(7-8) 684-692 2017年07月 [査読有り]
  • Protective effects of polyvinylpyrrolidone-wrapped fullerene against intermittent ultraviolet-A irradiation-induced cell injury in HaCaT cells.
    Saitoh Y, Ohta H, Hyoudou
    J Photochem Photobiol B. 163 22-29 2016年10月 [査読有り]
  • Effects of Platinum Nanocolloid in Combination with Gamma Irradiation on Normal Human Esophageal Epithelial Cells.
    Li Q, Tanaka Y, Saitoh Y, Miwa N.
    J Nanosci Nanotechnol. 16(5) 5345-5352 2016年05月 [査読有り]
  • Transient generation of hydrogen peroxide is responsible for carcinostatic effects of hydrogen combined with platinum nanocolloid, together with increases intracellular ROS, DNA cleavages, and proportion of G2/M-phase.
    Saitoh Y, Ikeshima M, Kawasaki N, MasumotoA, Miwa N.
    Free Radical Res. 50(4) 385-395 2016年04月 [査読有り]
  • Effect of stretch on improvement of muscular contractures in rats.
    Ishikura H, Ono T, Oki S, Saito Y, Umei N, Tsumiyama W, Tasaka A, Aihara K, Sato Y, Matsumoto T, Otsuka A.
    J Phys Ther Sci. 27(9) 2821-2823 2015年09月 [査読有り]
  • Synergic carcinostatic effects of ascorbic acid and hyperthermia on Ehrlich ascites tumor cell.
    Saitoh Y, Yoshimoto T, Kato S, Miwa N.
    Exp Oncol. 37(2) 94-99 2015年06月 [査読有り]
  • Repressive effects of oat extracts on intracellular lipid-droplet formation in adipocytes and a three-dimensional subcutaneous adipose tissue model.
    Kato S, Kato Y, Shibata H, Saitoh Y, Miwa N.
    Materials science and engineering C C49 269-273 2015年04月 [査読有り]
  • Carcinostatic effects of platinum nanocolloid combined with gamma irradiation on human esophageal squamous cell carcinoma.
    Li Q, Tanaka Y, Saitoh Y, Tanaka H, Miwa N.
    127 106-114 2015年02月 [査読有り]
  • Fullerene-C60 derivatives prevent UV-irradiation/TiO2-induced cytotoxicity on keratinocytes and 3D-skin tissues through antioxidant actions.
    Kato S, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N.
    J Nanosci Nanotechnol. 14(5) 3285-3291 2014年05月 [査読有り]
  • Photodynamic anti-cancer effects of fullerene [C60]-PEG complex on fibrosarcomas preferentially over normal fibroblasts in terms of fullerene uptake and cytotoxicity.
    Asada R, Liao F, Saitoh Y, Miwa N.
    Mol Cell Biochem. 390(1-2) 175-184 2014年03月 [査読有り]
  • Oleic acid promotes adaptability against oxidative stress in 3T3-L1 cells through lipohormesis.
    Haeiwa H, Fujita T, Saitoh Y, Miwa N.
    Mol Cell Biochem. 386(1-2) 73-83 2014年01月 [査読有り]
  • Senescence-induced increases in intracellular oxidative stress and enhancement of the need for ascorbic acid in human fibroblasts.
    Saitoh Y, Morishita A, Mito S, Tsujiya T, Miwa N
    Mol Cell Biochem. 380(1-2) 129-141 2013年08月 [査読有り]
  • Inhibitions by hydrogen-occluding silica microcluster to melanogenesis in human pigment cells and tyrosinase reaction.
    Kato S, Saitoh Y, Miwa N
    J Nanosci Nanotechnol. 13(1) 52-59 2013年01月 [査読有り]
  • Repressive effects of a capacitive-resistive electric transfer (CRet) hyperthermic apparatus combined with provitamin C on intracellular lipid-droplets formation in adipocytes.
    Kato S, Saitoh Y, Miwa N
    Int J Hyperthermia. 29(1) 30-37 2013年01月 [査読有り]
  • Polyhydroxylated fullerene C₆₀(OH)₄₄ suppresses intracellular lipid accumulation together with repression of intracellular superoxide anion radicals and subsequent PPARγ2 expression during spontaneous differentiation of OP9 preadipocytes into adipocytes.
    Saitoh Y, Mizuno H, Xiao L, Hyoudou S, Kokubo K, Miwa N
    Molecular and cellular biochemistry 366 191-200 2012年07月 [査読有り]
  • Colloidal platinum in hydrogen-rich water exhibits radical-scavenging activity and improves blood fluidity.
    Kato S, Hokama R, Okayasu H, Saitoh Y, Iwai K, Miwa N
    Journal of nanoscience and nanotechnology 12 4019-4027 2012年05月 [査読有り]
  • Carcinostatic effects of diverse ascorbate derivatives in comparison with aliphatic chain moiety structures: Promotion by combined hyperthermia and reduced cytotoxicity to normal cells.
    Asada R, Kageyama K, Tanaka H, Kimura M, Saitoh Y, Miwa N
    Oncology letters 3 1042-1046 2012年05月 [査読有り]
  • Hydrogen-rich electrolyzed warm water represses wrinkle formation against UVA ray together with type-I collagen production and oxidative-stress diminishment in fibroblasts and cell-injury prevention in keratinocytes.
    Kato S, Saitoh Y, Iwai K, Miwa N
    Journal of photochemistry and photobiology. B, Biology 106 24-33 2012年01月 [査読有り]
  • Antitumor and anti-invasive effects of diverse musk-fragrant macrocyclic ketones and their enhancement by hyperthermia.
    Asada R, Kageyama K, Tanaka H, Saitoh Y, Miwa N
    Molecular medicine reports 5 148-152 2012年01月 [査読有り]
  • Highly hydroxylated fullerene localizes at the cytoskeleton and inhibits oxidative stress in adipocytes and a subcutaneous adipose-tissue equivalent.
    Xiao L, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N
    Free radical biology & medicine 51(7) 1376-1389 2011年10月 [査読有り]
  • Anticancer effects of 6-O-palmitoyl-ascorbate combined with a capacitive-resistive electric transfer hyperthermic apparatus as compared with ascorbate in relation to ascorbyl radical generation.
    Kato S, Asada R, kageyama K, Saitoh Y, Miwa N.
    Cytotechnology 63(4) 425-435 2011年08月 [査読有り]
  • Anticancer effects of fullerene [C60] included in polyethylene glycol combined with visible light-irradiation through ROS generation and DNA fragmentation on fibrosarcoma cells with scarce cytotoxicity to normal fibroblasts.
    Liao F, Saitoh Y, Miwa N.
    Oncol Res. 19(5) 203-216. 2011年05月 [査読有り]
  • Fullerene-C60 incorporated in liposome exerts persistent hydroxyl radical-scavenging activity and cytoprotection in UVA/B-irradiated keratinocytes.
    Kato S, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N.
    J Nanosci Nanotechnol. 11(5) 3814-3823 2011年05月 [査読有り]
  • Super-highly hydroxylated fullerene derivative protects human keratinocytes from UV-induced cell injuries together with the decreases in intracellular ROS generation and DNA damages.
    Saitoh Y, Miyanishi A, Mizuno H, Kato S, Aoshima H, Kokubo K, Miwa N.
    J Photochem Photobiol B. 102(1) 69-76 2011年01月 [査読有り]
  • Fish collagen-containing drink is subcutaneously absorbed and attenuates the UVA-induced tissue-integrity destruction and DNA damages in 3D-human skin tissue model.
    Kato S, Matsui H, Saitoh Y, Miwa N.
    J Funct Foods 3(1) 50-55 2011年01月 [査読有り]
  • Antitumor effects of nano-bubble hydrogen-dissolved water are enhanced by coexistent platinum colloid and the combined hyperthermia with apoptosis-like cell death.
    Asada R, Kageyama K, Tanaka H, Matsui H, Kimura M, Saitoh Y, Miwa N.
    Oncol Rep. 24(6) 1463-1470. 2010年12月 [査読有り]
  • Fullerene-polyvinylpyrrolidone clathrate localizes in the cytoplasm to prevent Ultraviolet-A ray-induced DNA-fragmentation and activation of the transcriptional factor NF-kappa B.
    Xiao L, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N. 
    J Cell Biochem. 111(4) 955-966 2010年11月 [査読有り]
  • Administration with telomeric DNA telomere-like oligonucleotides induces enhancement of telomerase activity and resistance against oxidative stress in telomere reverse transcriptase gene-transfected human fibroblasts.
    Watanabe S, Saitoh Y, Namba M, Miwa N.
    Biomed Pharmacother. 64(8) 565-571 2010年10月 [査読有り]
  • Clinical Evaluation of Fullerene-C60 Dissolved in Squalane for Anti-Wrinkle Cosmetics.
    Kato S, Taira H, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N.
    J Nanosci Nanotechnol. 10(10) 6769-6774 2010年10月 [査読有り]
  • Novel polyhydroxylated fullerene suppresses intracellular oxidative stress together with repression of intracellular lipid accumulation during the differentiation of OP9 preadipocytes into adipocytes.
    Saitoh Y, Xiao L, Mizuno H, Kato S, Aoshima H, Taira H, Kokubo K, Miwa N.
    Free Radical Research 44(9) 1072-1081 2010年09月 [査読有り]
  • The effect of squalane-dissolved fullerene-C60 on adipogenesis-accompanied oxidative stress and macrophage activation in a preadipocyte-monocyte co-culture system.
    Xiao L, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N.
    Biomaterials. 31(23) 5976-5985 2010年08月 [査読有り]
  • Biological safety of neutral-pH hydrogen-enriched electrolyzed water upon mutagenicity, genotoxicity and subchronic oral toxicity.
    Saitoh Y, Harata Y, Mizuhashi F, Nakajima M, Miwa N.
    Toxicol Ind Health 26(4) 203-216. 2010年05月 [査読有り]
  • Defensive effects of fullerene-C60/liposome complex against UVA-induced intracellular reactive oxygen species generation and cell death in human skin keratinocytes HaCaT, associated with intracellular uptake and extracellular excretion of fullerene-C60.
    Kato S, Kikuchi R, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N.
    J Photochem Photobiol B. 98(2) 144-151 2010年02月 [査読有り]
  • Defensive effects of fullerene-C60 dissolved in squalane against the 2, 4-nonadienal- induced cell injury in human skin keratinocytes HaCaT and wrinkle formation in 3D-human skin tissue model.
    Kato S, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N.
    J Biomed Nanotechnol. 6 52-58. 2010年02月 [査読有り]
  • Fullerene-C60/liposome complex: Defensive effects against UVA-induced damages in skin structure, nucleus and collagen type I/IV fibrils, and the permeability into human skin tissue.
    Kato S, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N.
    J Photochem Photobiol B. 98(1) 99-105 2010年01月 [査読有り]
  • Alpha-Tocopheryl phosphate suppresses tumor invasion concurrently with dynamic morphological changes and delocalization of cortactin from invadopodia.
    Saitoh Y, Yumoto A, Miwa N.
    Int J Oncol. 35(6) 1277-1288. 2009年12月 [査読有り]
  • Fucoidan-Vitamin C complex suppresses tumor invasion through the basement membrane, with scarce injuries to normal or tumor cells, via decreases in oxidative stress and matrix metalloproteinases.
    Saitoh Y, Nagai Y, Miwa N.
    Int J Oncol. 35(5) 1183-1189. 2009年11月 [査読有り]
  • Suppressive effects of phosphorylated ascorbate on ultraviolet B radiation-induced DNA damage and differential expression of wild-type and mutated p53 tumor-suppressor gene in keratinocytes.
    Sugimoto M, Saitoh Y, Ichihashi M, Miwa N.
    Mol Med Rep. 2(6) 917-922. 2009年11月 [査読有り]
  • Safety evaluation of highly purified fullerenes: based on screening of eye, skin and cell damages.
    Aoshima H, Saitoh Y, Ito S, Yamana S, Miwa N.
    J Toxicol Sci. 34(5) 555-562 2009年10月 [査読有り]
  • Highly-hydroxylated or γ-cyclodextrin-bicapped water-soluble derivative of fullerene: the antioxidant ability assessed by electron spin resonance method and β-carotene bleaching assay.
    Kato S, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N.
    Bioorg Med Chem Lett. 19(18) 5293-5296 2009年09月 [査読有り]
  • Platinum nanocolloid-supplemented hydrogen-dissolved water inhibits growth of human tongue carcinoma cells preferentially over normal cells.
    Saitoh Y, Yoshimura Y, Nakano K, Miwa N.
    Exp Oncol. 31(3) 156-162. 2009年09月 [査読有り]
  • Biological safety of LipoFullerene composed of squalane and fullerene-C60 upon mutagenesis, photocytotoxicity, and permeability into the human skin tissue.
    Kato S, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N.
    Basic Clin Pharmacol Toxicol. 104(6) 483-487. 2009年06月 [査読有り]
  • Biological safety of Liposome Fullerene consisting of hydrogenated lecithin, glycine soja sterols and fullerene-C60 upon photocytotoxicity and bacterial reverse mutagenicity.
    Kato S, Aoshima H, Saitoh Y, Miwa N.
    Toxicol Ind Health. 25(3) 197-203. 2009年04月 [査読有り]
  • Cytoprotective effects of the lipoidic-liquiform pro-vitamin C tetra-isopalmitoyl-ascorbate (VC-IP) against ultraviolet-A ray-induced injuries in human skin cells together with collagen retention, MMP inhibition and p53 gene repression.
    Xiao L, Kaneyasu K, Saitoh Y, Terashima Y, Kowata Y, Miwa N.
    J Cell Biochem. 106(4) 589-598 2009年03月 [査読有り]
  • Neutral-pH hydrogen-enriched electrolyzed water achieves tumor-preferential clonal-growth-inhibition over normal cells and tumor-invasion inhibition concurrently with intracellular oxidant repression.
    Saitoh Y, Okayasu H, Xiao L, Harata Y, Miwa N.
    Oncol Res. 17(6) 247-255. 2008年06月 [査読有り]
  • Transfection with glutathione-dependent dehydroascorbate reductase genes exerts cytoprotective effects against hydroperoxide-induced cell injury through vitamin C regeneration and oxidative-stress diminishment.
    Saitoh Y, Fukuoka Y, Nishikimi M, Miwa N.
    Gene Ther Mol Biol. 11 143-150. 2007年12月 [査読有り]
  • Apoptosis prevention in neuronally differentiated PC12 cells, by bcl-2 gene transfection in the non-proliferative and differentiated state, with retention of neuron-specific proteins and blockage of mitocondrion-relayed apoptotic pathway.
    Saitoh Y, Masumoto S, Yanada S, Miwa N.
    Gene Ther Mol Biol. 11 275-288. 2007年12月 [査読有り]
  • Transfection of the anti-apoptotic gene bcl-2 inhibits oxidative stress-induced cell injuries through delaying of NF-κB activation.
    Yanada S, Misumi M, Saitoh Y, Kaneda Y, Miwa N.
    Gene Ther Mol Biol. 10 269-276. 2006年12月 [査読有り]
  • Cytoprotection of vascular endotheliocytes by phosphorylated ascorbate through suppression of oxidative stress that is generated immediately after post-anoxic reoxygenation or with alkylhydroperoxides.
    Saitoh Y and Miwa N.
    J Cell Biochem. 93(4) 653-663 2004年11月 [査読有り]
  • Cytoprotection by bcl-2 gene transfer against ischemic liver injuries together with repressed lipid peroxidation and increased ascorbic acid in livers and serum.
    Yanada S, Saitoh Y, Kaneda Y, Miwa N.
    J Cell. Biochem. 93(5) 857-870 2004年11月 [査読有り]
  • Bcl-2 prevents hypoxia / reoxygenation-induced cell death through suppressed generation of reactive oxygen species and upregulation of Bcl-2 proteins.
    Saitoh Y, Ouchida R, Miwa N.
    J Cell Biochem. 90(5) 914-924 2003年12月 [査読有り]
  • Protective effect of D-beta-hydroxybutyrate on corneal epithelia in dry eye conditions through suppression of apoptosis.
    Nakamura S, Shibuya M, Saito Y, Nakashima H, Saito F, Higuchi A, Tsubota K.
    Invest Ophthalmol Vis Sci. 44(11) 4682-4688. 2003年11月 [査読有り]
  • Anti-apoptotic defense of bcl-2 gene against hydroperoxide-induced cytotoxicity together with suppressed lipid peroxidation, enhanced ascorbate uptake, and upregulated Bcl-2 protein.
    Saitoh Y, Ouchida R, Kayasuga A, Miwa N.
    J Cell Biochem. 89(2) 321-334 2003年05月 [査読有り]
  • Moderately controlled transport of ascorbate into aortic endothelial cells against slowdown of the cell cycle, decreasing of the concentration or increasing of coexistent glucose as compared with dehydroascorbate.
    Saitoh Y, Nagao N, O'Uchida R, Yamane T, Kageyama K, Muto N, Miwa N.
    Mol Cell Biochem. 173(1/2) 43-50 1997年08月 [査読有り]

論文等(その他)

  • 高濃度アスコルビン酸は過酸化水素およびスーパーオキシドアニオンラジカルによる細胞死誘導と増殖抑制を介してヒト舌がん細胞における抗がん効果を発揮する
    大和田 凌平、小関 祐、齋藤 靖和
    ビタミン 92(5-6) 267-269 2018年06月
  • 健康的な肌を目指そう 冬の乾燥子どもは特にケアを
    齋藤 靖和
    えんじいな【広島板】 12 2017年12月
  • 広島県における大規模災害に備えた生産地域型バックアップ機能の必要性
    藤原 守、岡本 茉佑美、堀 正人、岡田 薫、斉藤 靖和、達家 雅明
    県立広島大学 生命環境学雑誌 7 1-18 2015年03月
  • ヒト線維芽細胞の老化に伴う細胞内酸化ストレスの増加とアスコルビン酸必要性の亢進
    斉藤 靖和、森下 愛子、水戸 智美、辻屋 翼、三羽 信比古
    ビタミン 88(5-6) 287-288 2014年06月
  • Carcinostatic effects of platinum nanocolloid combined with gamma-ray radiation on human esophageal squamous carcinoma: an in vitro study
    李 強,田中 良晴,斉藤 靖和,三羽 信比古
    大阪府立大学地域連携研究機構 放射線研究センター 平成23年度放射線施設共同利用報告書 47 2013年02月
  • 新規素材の美肌・抗老化・抗メタボ効能に関する化粧品・美肌サプリメントとしての研究開発動向~主に水素・白金・フラーレン・プロビタミンC/E・炭酸ガス・天然系抗酸化剤について~
    斉藤 靖和, 加藤 信哉, 肖 黎(Xiao Li), 三羽 信比古
    Cosmetic Stage 5(1) 47-62. 2010年10月
  • 中性水素水の機能性評価 “Oncology Research, Vol.17, No.6, p247-255(2008)”より
    斉藤 靖和, 三羽 信比古, 原田 義一, 川嶋 建史, 佐藤 貴之
    高岳レビュー 55(1) 28-33 2010年01月
  • 細胞死抑制遺伝子bcl-2導入による臓器保護; Bcl-2の抗酸化作用を介した細胞死制御
    柳田 忍, 斉藤 靖和, 三羽 信比古
    Organ biology 16(4) 421-426. 2009年01月
  • フラーレン誘導体の化粧品としての効能開発と今後の展開〜抗酸化作用と細胞死防御効果をベースとして〜Fullerene Derivatives: Exploitation of Cosmetic Effects and Development in the Future ~Based on the Antioxidant Action and Cell-Death Preventive Effects~
    肖 黎 (Li Xiao)、河地 信哉、廖 峰 (Feng Liao)、青島 央江、斉藤 靖和、三羽信比古
    Cosmetic Stage 1(7) 36-45 2007年10月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 高濃度アスコルビン酸は過酸化水素およびスーパーオキシドアニオンラジカルによる細胞死誘導と増殖抑制を介してヒト舌がん細胞における抗がん効果を発揮する
    大和田 凌平、小関 祐、齋藤 靖和
    ビタミン 92(5-6) 267-269 2018年06月
  • 健康的な肌を目指そう 冬の乾燥子どもは特にケアを
    齋藤 靖和
    えんじいな【広島板】 12 2017年12月
  • 広島県における大規模災害に備えた生産地域型バックアップ機能の必要性
    藤原 守、岡本 茉佑美、堀 正人、岡田 薫、斉藤 靖和、達家 雅明
    県立広島大学 生命環境学雑誌 7 1-18 2015年03月
  • ヒト線維芽細胞の老化に伴う細胞内酸化ストレスの増加とアスコルビン酸必要性の亢進
    斉藤 靖和、森下 愛子、水戸 智美、辻屋 翼、三羽 信比古
    ビタミン 88(5-6) 287-288 2014年06月
  • Carcinostatic effects of platinum nanocolloid combined with gamma-ray radiation on human esophageal squamous carcinoma: an in vitro study
    李 強,田中 良晴,斉藤 靖和,三羽 信比古
    大阪府立大学地域連携研究機構 放射線研究センター 平成23年度放射線施設共同利用報告書 47 2013年02月
  • 新規素材の美肌・抗老化・抗メタボ効能に関する化粧品・美肌サプリメントとしての研究開発動向~主に水素・白金・フラーレン・プロビタミンC/E・炭酸ガス・天然系抗酸化剤について~
    斉藤 靖和, 加藤 信哉, 肖 黎(Xiao Li), 三羽 信比古
    Cosmetic Stage 5(1) 47-62. 2010年10月
  • 中性水素水の機能性評価 “Oncology Research, Vol.17, No.6, p247-255(2008)”より
    斉藤 靖和, 三羽 信比古, 原田 義一, 川嶋 建史, 佐藤 貴之
    高岳レビュー 55(1) 28-33 2010年01月
  • 細胞死抑制遺伝子bcl-2導入による臓器保護; Bcl-2の抗酸化作用を介した細胞死制御
    柳田 忍, 斉藤 靖和, 三羽 信比古
    Organ biology 16(4) 421-426. 2009年01月
  • フラーレン誘導体の化粧品としての効能開発と今後の展開〜抗酸化作用と細胞死防御効果をベースとして〜Fullerene Derivatives: Exploitation of Cosmetic Effects and Development in the Future ~Based on the Antioxidant Action and Cell-Death Preventive Effects~
    肖 黎 (Li Xiao)、河地 信哉、廖 峰 (Feng Liao)、青島 央江、斉藤 靖和、三羽信比古
    Cosmetic Stage 1(7) 36-45 2007年10月

学会発表等

  • ヒト線維芽細胞の細胞老化に伴う酸化ストレス抵抗性の変化
    齋藤 靖和,今本 早紀,田邊 朝弓,福田 大智,水島 ひかる,秋山 岳生
    第18回日本抗加齢医学会総会 2018年05月26日
  • 高濃度アスコルビン酸によるヒト胃がん細胞の増殖抑制/殺傷効果とそのメカニズム
    竹田 香央里,小関 祐,福喜多 優介,大河内 公一,齋藤 靖和
    第71回日本酸化ストレス学会 第18回日本NO学会合同学術集会 2018年05月17日
  • NOストレスによるヒト皮膚表皮細胞傷害に対する水溶性フラーレンC60/PVPの防御効果
    秋山 岳生,田中 明日香,齋藤 由樹,兵頭 小百合,齋藤 靖和
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会 2017年06月28日
  • 高濃度ビタミンCによるヒト舌がん細胞の増殖抑制/殺傷効果とそのメカニズム
    小関 祐,大和田凌平,竹田香央里,齋藤 靖和
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会 2017年06月28日
  • 酸化ストレスによるがん細胞選択的な細胞増殖抑制/殺傷効果の可能性
    福喜多 優介,大河内 公一,齋藤 靖和
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会 2017年06月28日
  • 線維芽細胞由来senescence-associated secretory phenotype(SASP)がメラニン産生に与える影響
    斉藤靖和,渡辺祥子,江川彩子,上月信之介
    第17回日本抗加齢医学会総会 2017年06月02日
  • ヒト細胞老化に伴う細胞内ビタミンC輸送・蓄積能の変化とそのメカニズム
    斉藤靖和,中和篤,梅﨑大樹,田邊朝弓,秋山岳生
    日本薬学会第137年会 2017年03月26日
  • Protective function of Liposomal Fullerenes on the skin barrier
    Sayuri Hyodo, Yasukazu Saitoh, Mio Murakami, Hisae Aoshima, Masayuki Ito, Kazuhisa Maeda
    IFSCC2016 congess 2016年10月31日
  • ヒト細胞老化に伴う細胞内ビタミンC量の違いとそのメカニズム
    斉藤靖和, 江川彩子,今本早紀,中和篤
    第16回日本抗加齢医学会総会 2016年06月11日
  • ヒト上皮細胞と線維芽細胞におけるビタミンC輸送特性の違い
    中和篤,江川彩子,梅﨑大樹,小関祐,斉藤靖和 
    日本薬学会第136年会 2016年03月29日
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • ヒト線維芽細胞の細胞老化に伴う酸化ストレス抵抗性の変化
    齋藤 靖和,今本 早紀,田邊 朝弓,福田 大智,水島 ひかる,秋山 岳生
    第18回日本抗加齢医学会総会 2018年05月26日
  • 高濃度アスコルビン酸によるヒト胃がん細胞の増殖抑制/殺傷効果とそのメカニズム
    竹田 香央里,小関 祐,福喜多 優介,大河内 公一,齋藤 靖和
    第71回日本酸化ストレス学会 第18回日本NO学会合同学術集会 2018年05月17日
  • NOストレスによるヒト皮膚表皮細胞傷害に対する水溶性フラーレンC60/PVPの防御効果
    秋山 岳生,田中 明日香,齋藤 由樹,兵頭 小百合,齋藤 靖和
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会 2017年06月28日
  • 高濃度ビタミンCによるヒト舌がん細胞の増殖抑制/殺傷効果とそのメカニズム
    小関 祐,大和田凌平,竹田香央里,齋藤 靖和
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会 2017年06月28日
  • 酸化ストレスによるがん細胞選択的な細胞増殖抑制/殺傷効果の可能性
    福喜多 優介,大河内 公一,齋藤 靖和
    第70回日本酸化ストレス学会学術集会 2017年06月28日
  • 線維芽細胞由来senescence-associated secretory phenotype(SASP)がメラニン産生に与える影響
    斉藤靖和,渡辺祥子,江川彩子,上月信之介
    第17回日本抗加齢医学会総会 2017年06月02日
  • ヒト細胞老化に伴う細胞内ビタミンC輸送・蓄積能の変化とそのメカニズム
    斉藤靖和,中和篤,梅﨑大樹,田邊朝弓,秋山岳生
    日本薬学会第137年会 2017年03月26日
  • Protective function of Liposomal Fullerenes on the skin barrier
    Sayuri Hyodo, Yasukazu Saitoh, Mio Murakami, Hisae Aoshima, Masayuki Ito, Kazuhisa Maeda
    IFSCC2016 congess 2016年10月31日
  • ヒト細胞老化に伴う細胞内ビタミンC量の違いとそのメカニズム
    斉藤靖和, 江川彩子,今本早紀,中和篤
    第16回日本抗加齢医学会総会 2016年06月11日
  • ヒト上皮細胞と線維芽細胞におけるビタミンC輸送特性の違い
    中和篤,江川彩子,梅﨑大樹,小関祐,斉藤靖和 
    日本薬学会第136年会 2016年03月29日
  • ヒト舌がん細胞に対する高濃度ビタミンCの抗がん効果とそのメカニズム
    斉藤靖和,大和田凌平,川崎奈穂
    第15回日本抗加齢医学会総会 2015年05月29日
  • Carcinostatic activities of L-ascorbic acid and its derivatives combined with a capacitive-resistive electric transfer (CRet) hyperthermic apparatus.
    Ryoko Asada, Tomoya Yoshimoto, Yasukazu Saitoh, Katsuhiro Kageyama, Hiroshi Tanaka, Nobuhiko Miwa.
    アジアハイパーサーミア腫瘍学会第6回大会、日本ハイパーサーミア学会第31回大会 2014年09月06日
  • Carcinostatic activities of L-ascorbic acid and its derivatives combined with a capacitive-resistive electric transfer (CRet) hyperthermic apparatus.
    アジアハイパーサーミア腫瘍学会第6回大会、日本ハイパーサーミア学会第31回大会 2014年09月06日
  • 水素と白金ナノコロイドの併用は過酸化水素の発生を介してがん細胞増殖抑制効果を発揮する
    川崎 奈穂,池島 実,松岡 大悟,三羽 信比古,斉藤 靖和
    第67回日本酸化ストレス学会 2014年09月04日
  • 高濃度ビタミンCによるヒト舌癌細胞に対する抗がん効果とそのメカニズムの検討
    大和田凌平,川崎奈穂,阿部央拓,斉藤靖和
    2014年09月04日
  • 間欠的紫外線照射によるヒト皮膚細胞傷害に対する水溶性フラーレンC60/PVPの防御効果
    斉藤靖和,太田宏明,兵頭小百合
    第67回日本酸化ストレス学会 2014年09月04日
  • 亜鉛およびレスベラトロールがビタミンC輸送に与える影響
    中和 篤,青山 あゆみ,大和 嬉子,斉藤 靖和
    日本ビタミン学会第66回大会 2014年06月13日
  • 水素と白金ナノコロイドによるエールリッヒ腹水がん細胞に対する抗がん効果とそのメカニズム
    川崎 奈穂,池島 実,桝本 葵,松岡 大悟,三羽 信比古,斉藤 靖和
    日本薬学会第134年会 2014年03月30日
  • 水素風呂への入浴による抗シミ効果と各種皮膚パラメーターへの影響
    斉藤 靖和,三村 晴子,石丸 裕香,水上 愛子,岩井 圭三
    日本薬学会第133年会(横浜) 2013年03月
  • ビタミンCと同誘導体の抗がん効果とCRet温熱装置によるハイパーサーミアとの併用効果
    芳本 知也,阿部 央拓,川崎 奈穂,斉藤 靖和,三羽 信比古
    日本薬学会第133年会(横浜) 2013年03月
  • オレイン酸による前駆脂肪細胞3T3-L1の酸化ストレス抵抗性増強効果
    斉藤 靖和,榮岩 春奈,藤田 喬士,三羽 信比古
    第12回 日本抗加齢医学会総会(横浜) 2012年06月
  • ヒト線維芽細胞OUMS-36の細胞老化に伴う酸化ストレス応答性およびビタミンC要求性の変化
    斉藤 靖和,森下 愛子,水戸 智美,三羽 信比古
    日本薬学会第132年会(札幌) 2012年03月
  • 二酸化チタンとフラーレンの併用によるヒト皮膚角化細胞および3次元ヒト皮膚組織モデルにおける紫外線防御効果,Combined effect of TiO2 and fullerene against UV-irradiation in HaCaT keratinocytes and 3D human skin tissue model.
    加藤 信哉, 青島 央江, 山名 修一, 斉藤 靖和, 三羽 信比古
    第36回日本香粧品学会(東京) 2011年06月
  • 超高度水酸化フラーレンの抗酸化能および紫外線誘導性細胞傷害抑制効果, Suppressive effects of UV- irradiation-induced radical generation and cell damage by super-highly hydroxylated fullerene.
    斉藤 靖和, 宮西 明史, 加藤 信哉, 小久保 研, 青島 央江, 山名 修一, 三羽 信比古
    第36回日本香粧品学会(東京) 2011年06月
  • 寿命制御因子SIRT1 タンパク質発現・酵素活性と酸化ストレス抵抗性に対するレスベラトロールと各種抗酸化剤による影響、および、老若細胞における比較
    岩田 啓嗣,辻屋 翼,横田 由香,塚田 愛,柴田 浩樹,斉藤 靖和,三羽 信比古
    日本薬学会第131年会(静岡) 2011年03月
  • 正常ヒト線維芽細胞0UMS-36 の老若細胞におけるビタミンC 取込み、活性酸素量、酸化ストレス抵抗性の相関性
    森下 愛子,水戸 智美,三羽 信比古,斉藤 靖和
    日本薬学会第131年会(静岡) 2011年03月
  • 水素風呂による抗シミ臨床効果と色素細胞でのメラニン抑制効果、および、頭髪キューティクルUV 損傷に対する水素温水シャワーの効能
    斉藤 靖和,三村 晴子,宗清 薫,橘 典子,加藤 信哉,岩井 圭三,三羽 信比古
    日本薬学会第131年会(静岡) 2011年03月
  • 水素風呂による抗シワ・皮膚ハリ促進の臨床効果、および、そのメカニズムとしての皮膚角化細胞・繊維芽細胞への紫外線A 波照射に伴う活性酸素・細胞死・コラーゲンに対する水素温水の効能
    加藤 信哉,三村 晴子,斉藤 靖和,岩井 圭三,三羽 信比古
    日本薬学会第131年会(静岡) 2011年03月
  • ビタミンP+C とα-リノレン酸含有しそ油による間葉系多分化能細胞OP9における脂肪滴蓄積抑制効果
    安川 侑佑,武富 滋久,斉藤 靖和,三羽 信比古
    日本薬学会第131年会(静岡) 2011年03月
  • 水素水と白金コロイドによるエールリッヒ腹水がん細胞に対する抗がん効果:同一がん細胞のin vivo とin vitro での比較
    池島 実,三村 晴子,石井 あゆみ,松井 久一,松岡 大悟,斉藤 靖和,三羽 信比古
    日本薬学会第131年会(静岡) 2011年03月
  • L-アスコルビン酸と脂溶性プロビタミンCの6-O-L-パルミトイル-アスコルビン酸およびハーパーサーミア併用によるヒト舌がん細胞の増殖抑制効果 Growth-inhibitory effects on human tongue squamous carcinoma cell by L-ascorbic acid or its 6-O-palmitoylester combined with hyperthermia.
    加藤信哉, 朝田良子, 蔭山勝弘, 斉藤 靖和, 三羽信比古
    アジアハイパーサーミア腫瘍学会第5回大会、日本ハイパーサーミア第27回大会合同大会(福岡) 2010年09月
  • リポソーム包含フラーレンの抗酸化活性: UVA/B照射下でのヒドロキシルラジカル消去活性、細胞死防御、β-カロテン退色防御効果 Antioxidant activity of fullerenes/liposome complex by ESR under UVA/B irradiation, cytoprotective effect, and β-carotene bleaching method.
    加藤信哉, 青島央江, 平良光, 山名修一, 斉藤靖和, 三羽信比古
    第35回日本香粧品学会(東京) 2010年06月
  • PVP包接フラーレンとプロビタミンC(AA2G),アスタキサンチンの併用による抗酸化効果および紫外線傷害抑制効果Combinational Effects of PVP/C60 and AA2G or Astaxanthin on Antioxidant Activity and UV Irradiation-induced Cell Injuries.
    斉藤靖和, 加藤信哉, 角井雅之, 青島央江, 平良光, 山名修一, 三羽信比古,
    第35回日本香粧品学会(東京) 2010年06月
  • 無作為化二重盲検マッチドペア比較試験によるフラーレンのシワ改善効果の検証
    青島央江, 伊藤雅之, 平良光, 加藤信哉, 斉藤靖和, 三羽信比古
    第10回日本抗加齢医学会総会(京都) 2010年06月
  • 創薬リード化合物としてのフラーレン Fullerene as a lead compound for drug discovery.
    平良光, 伊藤雅之, 中村成夫, 高橋恭子, 増野匡彦, 斉藤靖和, 三羽信比古,
    日本化学会第90春季年会(大阪) 2010年03月
  • ハトムギ有効成分濃縮エキスによるメタボ症候群評価向けヒト3次元組織モデルを用いた脂質代謝改善効果の検証 Lipid metabolism-improvement by extracts condensing effective ingredients of Hatomugi: elucidation using a three-dimensional human tissue model for evaluation of metabolic syndromes.
    加藤 祐子, Xiao Li, 水野 宏美, 藤田 喬士, 加藤 信哉, 塚田 愛, 柴田 浩樹, 斉藤 靖和, 三羽 信比古
    日本薬学会第130年会(岡山) 2010年03月
  • 結合組織由来の正常細胞・同hTERT遺伝子導入細胞・がん細胞におけるテロメラーゼのタンパク発現・酵素活性・細胞内分布とテロメアDNA長 Differences in expression, activity and intracellular distribution of telomerase and telomere length in normal human fibroblasts, hTERT-transfected fibroblasts and fibrosarcoma cells.
    辻屋 翼, 渡辺 慎, 岩田 啓嗣, 難波 正義, 斉藤 靖和, 三羽 信比古
    日本薬学会第130年会(岡山) 2010年03月
  • ナノテク素材フラーレンのPEGポリマー包接体を用いたがん光線力学療法---正常細胞よりがん細胞に選択的な殺傷効果、および、がん細胞内の活性酸素 Photodynamic therapy with the nano-technological material fullerene/polyethylene glycol clathrate: tumor cell-preferential cytocidal effects over normal cells and reactive oxygen ・・・
    廖 峰, 正木 宏枝, 池島 実, 池田 早予子, 斉藤 靖和, 三羽 信比古
    日本薬学会第130年会(岡山) 2010年03月
  • プラチナナノコロイド共存水素ナノバブル水の活性酸素除去による抗腫瘍効果とハイパーサーミアによる増感
    朝田良子, 蔭山勝弘, 田中博司, 松井久一, 木村正継, 三村晴子, 斉藤靖和, 三羽信比古
    日本ハイパーサーミア学会 第26回大会(千葉) 2009年10月
  • Evaluation of the Protective Effect of Fullerene-Containing Squalane on Human Skin Cells and Safety of Its Use in Cosmetics
    Hikaru Taira, Shinya Kato, Yasukazu Saitoh, Hisae Aoshima, Masayuki Ito, Shuichi Yamana, Nobuhiko Miwa
    IFSCC 2009 Conference (Australia) 2009年10月
  • プラチナコロイド共存ナノバブル水素水の活性酸素消去による抗がん効果
    朝田良子, 蔭山勝弘, 田中博司, 木村正継, 斉藤靖和, 三羽信比古
    第68回日本癌学会学術総会(横浜) 2009年09月
  • 新油溶性フラーレン成分(SQ/Fullerenes)の有用性について
    平良光, 青島央江, 兵頭小百合, 山名修一, 斉藤靖和, 三羽信比古
    第27回日本美容皮膚科学会(新潟) 2009年08月
  • 高濃度水素ナノバブル水の製造と水素水の活性酸素除去における抗腫瘍効果とハイパーサーミア併用効果の検討
    朝田良子, 蔭山勝弘, 田中博司, 松井久一, 木村正継, 三村晴子, 斉藤靖和, 三羽信比古
    第11回関西ハイパーサーミア研究会, 第20回高温度療法臨床研究会合同研究会(大阪) 2009年07月
  • 新規3次元セルライト皮膚モデルを用いた、高度水酸化フラーレンのリンパ様細胞U937活性化抑制効果の検証
    肖 黎, 青島央江, 平良光, 山名修一, 斉藤靖和, 三羽信比古
    第34回日本香粧品学会(東京) 2009年06月
  • リポソーム包含フラーレンによる紫外線A波防御効果 〜ヒト皮膚角化細胞の細胞死防御および3D皮膚モデルでの肌保護効果〜
    加藤信哉, 青島央江, 平良光, 山名修一, 斉藤靖和, 三羽信比古
    第34回日本香粧品学会(東京) 2009年06月
  • 温州みかん酵素処理/脂質濃縮エキスのUV防御・シミ抑制・皮膚保湿効果
    加藤祐子, 脇坂美穂, 三村晴子, 斉藤靖和, 三羽信比古, 高柳勝彦, 向井克之
    第34回日本香粧品学会(東京) 2009年06月
  • ヒト皮膚細胞における酸化ストレス誘導性の細胞傷害に対する各種フラーレン誘導体の防御効果 Cytoprotective effects of fullerene derivatives against oxidative stress-induced cell death in human skin keratinocytes.
    宮西明史, 加藤信哉, 青島央江, 山名修一, 斉藤靖和, 三羽信比古
    日本薬学会第129年会(京都) 2009年03月
  • 脂肪細胞分化に伴う脂肪滴蓄積及び細胞内酸化ストレス増大に対する水酸化フラーレンの防御効果 Inhibitory effects of hydroxylated fullerenes on adipogenesis, lipid accumulation and intracellular oxidative stress in OP9 preadipocytes.
    水野宏美, Xiao Li, 青島央江, 山名修一, 斉藤靖和, 三羽信比古
    日本薬学会第129年会(京都) 2009年03月
  • スクワラン溶解フラーレンによるヒト皮膚細胞傷害への防御活性とヒト皮膚組織シワ防御効果の可能性 Defensive effects of fullerene-C60 dissolved in squalane against human skin cell injury and a possibility for the anti-wrinkle action in human skin tissue
    加藤信哉, 宮西明史, 三村晴子, 青島央江, 伊東忍, 山名修一, 斉藤靖和, 三羽信比古
    第33回日本香粧品学会(東京) 2008年06月
  • 高度水酸化フラーレンによる酸化ストレスと脂肪細胞分化への抑制効果、および、多分化能細胞を含む皮膚組織モデルの活用 Effect of Highly Hydroxylated Fullerene on Oxidative Stress and Adipogenesis in a Novel Adipogenesis Skin Equivalents Containing Pluripotent Cells .
    Xiao Li, 水野宏美、三村晴子, 青島央江、伊東忍、山名修一, 斉藤靖和, 三羽信比古
    第33回日本香粧品学会(東京) 2008年06月
  • 抗がん多糖類フコイダン-ビタミンC包含体(第1報):ヒト舌由来がん細胞と正常細胞への増殖抑制作用、および、がん移植マウス延命効果 Antitumor polysaccharide fucoidan-vitamin C inclusion body: the repressive effect on cell growth of human tongue-derived tumor cells and normal cells, and elongating effect on tumor-impla・・・
    正木宏枝, 三村晴子, 永井裕子, 鈴木晶子, 飯田樹男, 斉藤靖和, 三羽信比古
    日本薬学会 第128年会(横浜) 2008年03月
  • 抗がん多糖類フコイダン-ビタミンC包含体(第2報):再構成基底膜へのがん細胞の浸潤に対する抑制作用および熱安定性 Antitumor polysaccharide fucoidan-vitamin C inclusion body: the repressive effect on tumor invasion through reconstituted basement membrane and the heat-stability.
    永井裕子, 三村晴子, 正木宏枝, 鈴木晶子, 飯田樹男, 斉藤靖和, 三羽信比古
    日本薬学会 第128年会(横浜) 2008年03月
  • テロメラーゼ遺伝子hTERTの細胞内導入、および、テロメア原料としてのオリゴヌクレオチド[5’-(TTAGGG)n-3’]投与による老化防御の可能性 Transfection with the telomerase gene hTERT and a possibility for anti-aging due to administration with Oligonucleotide 5’-(TTAGGG)n-3’ as the telomere raw-material.
    渡辺慎, 辻屋翼, 難波正義, 斉藤靖和, 三羽信比古
    日本薬学会 第128年会(横浜) 2008年03月
  • 中性pH電解水素リッチ水の血液流動性保持効果:酸化ストレスによる血球凝集と血流停滞に対する抑制作用 Blood-fluidizing effects of neutral-pH electrolytic hydrogen-rich water: the repressive actions against oxidative stress-induced aggregation of blood corpuscles and congestion of blood stream.
    岡安元, 外間亮吏, 角井雅之, 原田義一, 栃窪滋夫, 斉藤靖和, 三羽信比古
    日本薬学会 第128年会(横浜) 2008年03月
  • 水素リッチ水の抗酸化作用および皮膚組織/細胞への薬理効果
    斉藤靖和,中野浩太,三村晴子,岡安元,吉光紀久子,三羽信比古,武部茉衣子,松岡大悟,松井久一
    第29回日本フリーラジカル学会学術集会/日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第31回大会合同学会(フリーラジカル合同学会)(名古屋) 2007年06月
  • セルライト抑制剤の開発:フラーレン誘導体による脂肪細胞の分化と脂肪滴蓄積への抑制効果,The Development of Cellulite Repressors:the Repressive Effects of Fullerene Derivatives on Differentiation and Oil Droplet Accumulation in Adipocytes.
    Xiao Li (肖 黎),鈴木清香,三村晴子,青島央江,伊東忍,松林賢司,宍戸潔,斉藤靖和,三羽信比古
    第32回日本香粧品学会(東京) 2007年06月
  • 新規フラーレン誘導体,高度水酸化体・γ-シクロデキストリン包接体の抗酸化能とヒト皮膚細胞傷害への防御活性,New Derivatives of Fullerene by Highly Hydroxylation and γ-CD Clathrate Formation: Their Antioxidant Ability and Cytoprotective Effects on Human Skin Cells.
    河地信哉,平田直之,Liao Feng (廖 峰),吉光紀久子,青島央江,伊東忍,松林賢司,宍戸潔,斉藤靖和,三羽信比古
    第32回日本香粧品学会(東京) 2007年06月
  • ビタミンE誘導体α-TocPのがん細胞浸潤抑制効果と過酸化脂質傷害防御効果,Inhibitory effects of the vitamin E derivative α-TocP on tumor invasion and peroxylipid-induced cell-injuries.
    湯元淳,河村卓也,斉藤靖和,三羽信比古
    日本薬学会 第127年会(富山) 2007年03月
  • 電解水素水の抗がん効果と活性酸素の消去効果Hydrogen-dissolved electrolyzed water: its anti-tumor effects and ROS-scavenging effects
    岡安元,三村晴子,肖黎,吉光紀久子,吉村友希,斉藤靖和,三羽信比古,原田義一,栃窪滋夫
    日本薬学会 第127年会(富山) 2007年03月
  • フラーレン-PVPポリマー包接体の美白効果とメカニズムおよび皮膚浸透性
    Xiao Li, 河地信哉,Gan Xuehui,吉光紀久子,平田直之,Liao Feng,斉藤靖和,三羽信比古, 宍戸潔,藤本由紀,伊東忍,松林 賢司
    第31回日本香粧品学会(東京) 2006年06月
  • ビタミンE誘導体VEPのアンチエイジング機能:加齢依存性テロメアDNA短縮化抑制効果,および,過酸化脂質傷害への防御効果
    斉藤靖和,河村卓也,倉重ゆかり,田中靖史,三羽信比古
    第31回日本香粧品学会(東京) 2006年06月
  • 食酢原料由来酢酸菌抽出物によるメラニン生成抑制効果:色素細胞及び皮膚モデルにおけるUV-A誘発即時黒化型メラニン生成抑制効果
    升本早枝子,奥川洋司,Li Xiao,斉藤靖和,三羽信比古,立元秀樹
    日本薬学会 第126年会(仙台) 2006年03月
  • Effects of Polyphenol on tyrosinase and the pigmentation in cells
    Saeko Masumoto, Yoji Okugawa, Naoyuki Hirata, Sayaka Suzuki, Yasukazu Saito, Toshihiko Shoji, Masuko Kobori
    XXIII International Conference on Polyphenols (Winnipeg, Manitoba, Canada) 2006年
  • Expression analysis of wound-related genes in impaired corneal wound healing induced by a dry condition. Association for Research
    K.Kido, E.Nomura, J.Tomura, H.Nakashima, Y.Umeda, Y.Saitoh, M.Shibuya, S.Nakamura, F.Saito.
    Vision and Ophthalmology 2004 Annual Meeting (Fort Lauderdale, Florida) 2004年
  • Screening of gene expression profiles induced by D-β-hydroxybutyrate (HBA) after serum deprivation in cultured conjunctival epithelial cells using microarray analysis.
    Y.Saitoh, M.Matsunaga, H.Nakashima, K.Kido, S.Nakamura, F.Saito, H.Aburatani, A.Higuchi, K.Tsubota.
    第76回 日本生化学会(横浜) 2003年10月
  • 実験的に作製した乾燥性角膜障害に対するβ-ヒドロキシ酪酸 (HBA)の抑制効果
    中嶋英雄,松永倫子,斉藤靖和,中村滋,斉藤文郎,樋口明弘,坪田一男
    第27回角膜カンファランス・第19回日本角膜移植学会(軽井沢) 2003年02月
  • Effect of D-3-Hydroxybutyrate (HBA) on Corneal Epithelial Disorder in Dry Eye Condition Association for Research
    H.Nakashima, Y.Saitoh, S.Nakamura, F.Saito, A.Higuchi, K.Tsubota.
    Vision and Ophthalmology 2003 Annual Meeting (Fort Lauderdale, Florida) 2003年
  • D-3-Hydroxybutyrate (HBA)の培養ヒト結膜上皮細胞における血清除去刺激に対する影響
    松永倫子,斉藤靖和,中嶋英雄,中村滋,斉藤文郎,油谷浩幸,樋口明弘,坪田一男
    第26回角膜カンファランス・第18回日本角膜移植学会(横浜) 2002年02月
  • Effect of D-3-Hydroxybutyrate (HBA) on Apoptosis Induced by Serum Deprivation in Cultured Conjunctival Epithelial Cells Association for Research in Vision and Ophthalmology 2002 Annual Meeting (Fort Lauderdale, Florida)
    M.Matsunaga, Y.Saitoh, H.Nakashima, S.Nakamura, F.Saito, H.Aburatani, A.Higuchi, K.Tsubota.
    Vision and Ophthalmology 2002 Annual Meeting (Fort Lauderdale, Florida) 2002年
  • 培養家兎角膜内皮細胞におけるD-beta-Hydroxybutyrate (HBA)の取り込み機構
    森田美加,斉藤靖和,見市博明
    第14回日本薬物動態学会(浜松) 1999年10月
  • アスコルビン酸(Asc)の細胞機能Ⅶ:血管内皮細胞へのAsc取り込みに及ぼす要因
    斉藤靖和,大内田理佳,岩井隆,山根隆,金建利美,長尾則男,三羽信比古,武藤徳男,蔭山勝弘,山岡昇司,伊東忍,小方英二
    第48回日本ビタミン学会(東京) 1996年06月
  • アスコルビン酸(Asc)の細胞機能Ⅳ:血管内皮細胞での高濃度Asc細胞内蓄積と細胞内取り込み機構
    斉藤靖和,大内田理佳,牧山毅志,古本佳代,山先孝和,長尾則男,三羽信比古,武藤徳男,蔭山勝弘,伊藤忍,小方英二,小泉聡司,後藤譲治
    第116回日本薬学会(金沢) 1996年03月
  • アスコルビン酸(Asc)の細胞機能Ⅲ:ウシ大動脈血管内皮細胞BAE2における細胞内輸送
    斉藤靖和,松田彩,牧山毅志,山先孝和,長尾則男,三羽信比古,岡村正人,蔭山勝弘,伊藤忍,小方英二
    第47回日本ビタミン学会(盛岡) 1995年06月

著書

  • ナノカーボンハンドブック 第2編(分担)
    株式会社エヌ・ティー・エス 2007年 ISBN:978-4-86043-176-1
  • ナノカーボンハンドブック 第1編(分担)
    株式会社エヌ・ティー・エス 2007年 ISBN:978-4-86043-176-1
  • アンチ・エイジングシリーズ2皮膚の抗老化最前線(分担)
    株式会社エヌ・ティー・エス 2006年 ISBN:4-86043-104-9
  • 美肌・皮膚防護とバイオ技術—バイオ化粧品・美肌健康食品・ハイテク美肌機器の最新動向(分担)
    シーエムシー出版 2003年 ISBN:4-88231-408-8
  • バイオ抗酸化剤プロビタミンC 皮膚障害・ガン・老化の防御と実用化研究(分担)
    フレグランスジャーナル社 1999年 ISBN:4-89479-017-3
著書を全て表示する
著書閉じる
  • ナノカーボンハンドブック 第2編(分担)
    株式会社エヌ・ティー・エス 2007年 ISBN:978-4-86043-176-1
  • ナノカーボンハンドブック 第1編(分担)
    株式会社エヌ・ティー・エス 2007年 ISBN:978-4-86043-176-1
  • アンチ・エイジングシリーズ2皮膚の抗老化最前線(分担)
    株式会社エヌ・ティー・エス 2006年 ISBN:4-86043-104-9
  • 美肌・皮膚防護とバイオ技術—バイオ化粧品・美肌健康食品・ハイテク美肌機器の最新動向(分担)
    シーエムシー出版 2003年 ISBN:4-88231-408-8
  • バイオ抗酸化剤プロビタミンC 皮膚障害・ガン・老化の防御と実用化研究(分担)
    フレグランスジャーナル社 1999年 ISBN:4-89479-017-3

受賞

  • 2010年 日本抗加齢医学会 優秀演題賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2010年 日本抗加齢医学会 優秀演題賞

工業所有権等

  • アポトーシスによる眼の障害(ドライアイによる障害を除く)の予防および/または治療のための組成物
    特願2003-40803
  • アポトーシスに起因するドライアイにより生じる眼障害の予防および/または治療のための組成物
    特願2003-40807
  • 角結膜障害モデル動物,その作製方法およびその使用
    特願2003-316140
  • 涙液異常の治療のための眼科用組成物
  • ヒト皮膚メタボリックシンドローム組織モデルの製造方法
    特願2009-26565

外部資金採択状況

  • 老化に伴うビタミンC必要性の変化と輸送制御機構の解明に関する研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2014年 - 2017年 代表者 : 斉藤 靖和
  • 加齢に伴うアスコルビン酸レベル低下機構と加齢性機能変化の関連性解明とその制御
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 斉藤 靖和
  • フラーレン各種誘導体の化学構造と抗酸化活性との相関性に関する体系的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 三羽 信比古
  • ビタミンC再生遺伝子dharとビタミンCリサイクルによる細胞死防御効果の増強
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2005年 - 2007年 代表者 : 三羽 信比古
  • 酸化ストレスによる細胞死とその制御に関する研究
    研究期間 : 1998年
  • 老化のメカニズム解明とその制御に関する研究
    研究期間 : 2005年
  • 細胞の酸化ストレス応答とそのメカニズムに関する研究
    研究期間 : 2005年
  • がんにおける酸化ストレスの関わりとその制御に関する研究
    研究期間 : 2005年
  • アスコルビン酸の細胞内輸送特性とその制御に関する研究
    研究期間 : 1994年
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 老化に伴うビタミンC必要性の変化と輸送制御機構の解明に関する研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2014年 - 2017年 代表者 : 斉藤 靖和
  • 加齢に伴うアスコルビン酸レベル低下機構と加齢性機能変化の関連性解明とその制御
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 斉藤 靖和
  • フラーレン各種誘導体の化学構造と抗酸化活性との相関性に関する体系的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 三羽 信比古
  • ビタミンC再生遺伝子dharとビタミンCリサイクルによる細胞死防御効果の増強
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2005年 - 2007年 代表者 : 三羽 信比古
  • 酸化ストレスによる細胞死とその制御に関する研究
    研究期間 : 1998年
  • 老化のメカニズム解明とその制御に関する研究
    研究期間 : 2005年
  • 細胞の酸化ストレス応答とそのメカニズムに関する研究
    研究期間 : 2005年
  • がんにおける酸化ストレスの関わりとその制御に関する研究
    研究期間 : 2005年
  • アスコルビン酸の細胞内輸送特性とその制御に関する研究
    研究期間 : 1994年

地域貢献活動

公開講座等

  • 活性酸素に着目した化粧品、抗老化研究
    斉藤 靖和
    高大連携講座(県立広島大学) 2015年07月25日
  • わたしの変化~老化を科学する~
    斉藤 靖和
    平成25年度 県立広島大学庄原市民公開講座(前期)「“わたし”を科学する」 2013年06月25日
  • 老化ってなんだろう?~老化から見る生命のしくみ~
    斉藤 靖和
    高校模擬授業 (岡山県立井原高等学校) 2012年10月23日
  • 培養細胞の生死判定
    斉藤 靖和
    平成24年度 広島県科学オリンピック 生物Ⅰ 2012年09月15日
  • 培養細胞の生死判定
    斉藤 靖和
    平成23年度 広島県科学オリンピック 生物Ⅰ 2011年09月17日
  • 見えないものが見えてくる ~色が教えてくれる生命科学~
    斉藤 靖和
    高大連携講座 「夏の学校」生命科学実験講座 2010年08月18日
公開講座等を全て表示する
公開講座等閉じる
  • 活性酸素に着目した化粧品、抗老化研究
    斉藤 靖和
    高大連携講座(県立広島大学) 2015年07月25日
  • わたしの変化~老化を科学する~
    斉藤 靖和
    平成25年度 県立広島大学庄原市民公開講座(前期)「“わたし”を科学する」 2013年06月25日
  • 老化ってなんだろう?~老化から見る生命のしくみ~
    斉藤 靖和
    高校模擬授業 (岡山県立井原高等学校) 2012年10月23日
  • 培養細胞の生死判定
    斉藤 靖和
    平成24年度 広島県科学オリンピック 生物Ⅰ 2012年09月15日
  • 培養細胞の生死判定
    斉藤 靖和
    平成23年度 広島県科学オリンピック 生物Ⅰ 2011年09月17日
  • 見えないものが見えてくる ~色が教えてくれる生命科学~
    斉藤 靖和
    高大連携講座 「夏の学校」生命科学実験講座 2010年08月18日
教員個人のウェブページ URL : http://www.pu-hiroshima.ac.jp/~ysaito/
※「免責事項」を必ずお読みください。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.