詳細検索はこちら

津田 哲也 ツダ テツヤ

所属部署名コミュニケーション障害学科 附属診療センター
職名講師 研究者紹介(概要版)URLhttp://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/attachment/6661.pdf
更新日 : 2019/07/18

プロフィール

研究分野

  • 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学

所属学協会

  • 日本音声学会
  • 広島県言語聴覚士会
  • 認知神経心理学研究会
  • 日本言語聴覚士協会
  • 日本高次脳機能障害学会
  • 日本神経心理学会
  • 日本コミュニケーション障害学会
  • 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本音声学会
  • 広島県言語聴覚士会
  • 認知神経心理学研究会
  • 日本言語聴覚士協会
  • 日本高次脳機能障害学会
  • 日本神経心理学会
  • 日本コミュニケーション障害学会
  • 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会

学位

  • 保健福祉学博士
  • 保健福祉学修士
  • コミュニケーション障害学学士

研究活動

論文等(論文)

  • 県立広島大学コミュニケーション障害学科における実習前プログラムの効果と課題―学生へのアンケート調査結果より
    津田 哲也 矢守 麻奈 中村 文 小澤 由嗣
    人間と科学 19(1) 43-48 2019年03月 [査読有り]
  • Impaired comprehension of metaphorical expressions in very mild Alzheimer’s disease
    Fujimoto N, Nakamura H, Tsuda T, Wakutani Y, Takao T
    Neuropsychiatr Dis Treat 15 713-720 2019年03月 [査読有り]
  • Temporal Changes in Semantic Errors in a Word-picture Matching Task in Patients with Acute Aphasia
    Tetsuya TSUDA, Hirotaka EBARA,Hikaru NAKAMURA, Norimasa FUJIMOTO, Hiroyo YOSHIHATA, Toshihide HARADA
    International Medical Journal 26(5) in press 2019年 [査読有り]
  • コミュニケーション方法の確立
    津田 哲也
    ブレインナーシング 34(12) 32-37 2018年12月 [招待有り]
  • 純粋失読一例に対するモバイル端末の活用効果 ―文字認識・音声読み上げアプリケーションの臨床応用―
    津田哲也,坊岡峰子,加藤正太朗
    言語聴覚研究 15(4) 356-361 2018年12月 [査読有り]
  • 聴覚的理解障害に対する認知神経心理学的評価・介入
    津田 哲也,中村 光
    コミュニケーション障害学 35(1) 32-36 2018年04月 [招待有り]
  • 発話条件が発語失行を伴う失語症者の構音・アクセントパターンに与える影響ー音声学・心理学的側面からの予備的検討ー
    津田 哲也
    人間と科学 18(1) 45-50 2018年03月 [査読有り]
  • 絵の呼称プロセス
    渡辺眞澄、中村あかね、佐久間真理、津田哲也、筧 一彦、辰巳 格
    高次脳機能研究 37(4) 403-412 2017年12月 [査読有り]
  • アルツハイマー病における比喩理解の障害
    藤本憲正、中村 光、涌谷陽介、津田哲也、京林由季子
    高次脳機能研究 37(2) 205-211 2017年06月 [査読有り]
  • Effects of Aging and Alzheimer Disease on Lexical-semantics: A Semantic Priming Study
    津田 哲也
    岡山県立大学保健福祉学部紀要 23(1) 53-62 2017年03月 [査読有り]
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • 県立広島大学コミュニケーション障害学科における実習前プログラムの効果と課題―学生へのアンケート調査結果より
    津田 哲也 矢守 麻奈 中村 文 小澤 由嗣
    人間と科学 19(1) 43-48 2019年03月 [査読有り]
  • Impaired comprehension of metaphorical expressions in very mild Alzheimer’s disease
    Fujimoto N, Nakamura H, Tsuda T, Wakutani Y, Takao T
    Neuropsychiatr Dis Treat 15 713-720 2019年03月 [査読有り]
  • Temporal Changes in Semantic Errors in a Word-picture Matching Task in Patients with Acute Aphasia
    Tetsuya TSUDA, Hirotaka EBARA,Hikaru NAKAMURA, Norimasa FUJIMOTO, Hiroyo YOSHIHATA, Toshihide HARADA
    International Medical Journal 26(5) in press 2019年 [査読有り]
  • コミュニケーション方法の確立
    津田 哲也
    ブレインナーシング 34(12) 32-37 2018年12月 [招待有り]
  • 純粋失読一例に対するモバイル端末の活用効果 ―文字認識・音声読み上げアプリケーションの臨床応用―
    津田哲也,坊岡峰子,加藤正太朗
    言語聴覚研究 15(4) 356-361 2018年12月 [査読有り]
  • 聴覚的理解障害に対する認知神経心理学的評価・介入
    津田 哲也,中村 光
    コミュニケーション障害学 35(1) 32-36 2018年04月 [招待有り]
  • 発話条件が発語失行を伴う失語症者の構音・アクセントパターンに与える影響ー音声学・心理学的側面からの予備的検討ー
    津田 哲也
    人間と科学 18(1) 45-50 2018年03月 [査読有り]
  • 絵の呼称プロセス
    渡辺眞澄、中村あかね、佐久間真理、津田哲也、筧 一彦、辰巳 格
    高次脳機能研究 37(4) 403-412 2017年12月 [査読有り]
  • アルツハイマー病における比喩理解の障害
    藤本憲正、中村 光、涌谷陽介、津田哲也、京林由季子
    高次脳機能研究 37(2) 205-211 2017年06月 [査読有り]
  • Effects of Aging and Alzheimer Disease on Lexical-semantics: A Semantic Priming Study
    津田 哲也
    岡山県立大学保健福祉学部紀要 23(1) 53-62 2017年03月 [査読有り]
  • 加齢またはアルツハイマー病が語彙意味機能におよぼす影響:feature listing課題による検証
    津田 哲也、中村光、藤本憲正
    コミュニケーション障害学 33(1) 1-7 2016年04月 [査読有り]
  • 語用論的コミュニケーション評価尺度の開発-日本語版Pragmatic Rating Scaleの信頼性-
    藤本憲正、中村光、伊澤幸洋、津田哲也、栗林一樹
    コミュニケーション障害学 32 11-19 2015年04月 [査読有り]
  • 失語症者における項目間の意味的関連性を統制した非言語性意味判断課題の成績
    津田 哲也、中村 光、吉畑博代、渡辺眞澄、坊岡峰子、藤本憲正
    高次脳機能研究 34(4) 394-400 2014年12月 [査読有り]
  • 失語症者を生活の視点からとらえる重要性について
    吉畑博代、津田哲也
    地域リハビリテーション 9(4) 258-263 2014年04月
  • 重度理解障害を伴う失語1例における聴覚的理解課題で示すエラーの継時的分析
    津田 哲也,吉畑 博代,中村 光,藤本憲正
    言語聴覚研究 11(1) 12-20 2014年03月 [査読有り]
  • 名詞の選択的産生障害を示す失語例に対する動作性名詞を用いた訓練
    津田 哲也,吉畑 博代,本多 留美,平山 孝子
    コミュニケーション障害学 30(3) 141-146 2013年12月 [査読有り]
  • 失語症者に対する項目間の意味的関連性を統制した聴覚的理解課題の成績―状況関連性とカテゴリー関連性を用いて―
    津田 哲也,吉畑 博代,平山 孝子,藤本 憲正,中村 光
    高次脳機能研究 33(4) 414-420 2013年12月 [査読有り]
  • Neuropsychological Approach-Based Naming Therapies Improved Aphasia
    Tetsuya Tsuda,Toshihide Harada,Fumiko Ishizaki, Yumiko Nitta, Satomi Aoi, Hiromi Ikeda, Aki Tsuda, Norimasa Fujimoto, Yuuko Ishii, Hikaru Nakamura, Kohsaku Nitta
    International Medical Journal 20(3) 305-307 2013年06月 [査読有り]
  • 嚥下障害または構音障害を有する患者における最大舌圧測定の有用性―新たに開発した舌圧測定器を用いて―
    武内和弘, 小澤由嗣, 長谷川純, 津田哲也, 狩野智一, 上田麻美, 豊田耕一郎
    日本摂食・えん下リハビリテーション学会雑誌 16(2) 165-174 2012年08月 [査読有り]
  • 失語症者における意味カテゴリーレベルを統制した聴覚的理解課題の成績
    津田哲也, 津田亜希, 藤本憲正, 中村光
    言語聴覚研究 8(3) 152-159 2011年11月 [査読有り]
  • 認知症の診断プロセスと臨床症状
    高尾 武男、津田 哲也、有光育代
    達人ナース 31(1) 33-41 2010年01月
  • 失語症者における「意味カテゴリー内・外」聴覚的理解課題の成績
    津田 哲也、津田 亜希、藤本憲正、中村 光
    第17回言語障害臨床学術研究会発表論文集 9-17 2009年08月 [査読有り]
  • アルツハイマー病における認知機能の継時的変化―6年間の経過の検討―
    藤本憲正、津田哲也、高尾芳樹、高尾武男、中村 光
    第16回言語障害臨床学術研究会発表論文集 49-56 2008年08月 [査読有り]
  • 意味セラピーが呼称を促進した交叉性失語の1例
    津田 哲也、藤本憲正、中村 光
    第15回言語障害臨床学術研究会発表論文集 45-52 2007年07月 [査読有り]

論文等(その他)

  • 記憶障害を伴う純粋失読一例が電子新聞を音声読み上げ機能を用いて読字するまでの習得過程
    津田哲也, 加藤正太朗, 坊岡峰子
    日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集 44th 95 2018年04月
  • アルツハイマー病における語用論的障害-まんがの説明課題と比喩理解課題の比較-
    藤本憲正,中村光,津田哲也、他
    第18回日本言語聴覚学会抄録集 2017年
  • 動詞活用障害の分析のための基礎研究
    渡辺眞澄, 玉野あかね, 津田哲也, 辰巳格
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 40th 221 2016年09月
  • 加齢またはアルツハイマー病が語彙意味機能におよぼす影響-意味的プライミング課題とfeature listing課題を用いて
    津田 哲也、中村光
    第19回認知神経心理学研究会プログラム・抄録集 24-25 2016年08月
  • 加齢またはアルツハイマー病が語彙・意味機能に及ぼす影響―意味的プライミング法による検討―
    津田哲也, 津田哲也, 中村光, 藤本憲正, 原田俊英
    日本言語聴覚学会プログラム・抄録集 17th 225 2016年05月
  • 加齢またはアルツハイマー病が語彙意味機能におよぼす影響―Feature listing課題による検証―
    津田哲也, 津田哲也, 中村光, 藤本憲正
    日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集 42nd 75 2016年04月
  • アルツハイマー型認知症者における比喩理解の障害
    藤本憲正, 中村光, 福永真哉, 京林由季子, 竹田和也, 竹田和也, LEE Dahyun, 津田哲也
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 39th 152 2015年10月
  • 言語性記憶における加齢および検査語リストの構造化の影響
    竹田和也, 竹田和也, 中村光, 澤田陽一, 藤本憲正, LEE Dahyun, 津田哲也, 徳地亮
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 39th 195 2015年10月
  • 単語呼称プロセスにおける意味・品詞(統語)・音韻情報の役割
    渡辺眞澄, 古本あかね, 佐久間真理, 津田哲也, 筧一彦, 筧一彦, 辰巳格
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 39th 117 2015年10月
  • 語用論的コミュニケーション評価尺度の開発―日本語版Pragmatic Rating Scaleの信頼性―
    藤本憲正, 藤本憲正, 中村光, 伊澤幸洋, 津田哲也, 栗林一樹
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 38th 177 2014年10月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 記憶障害を伴う純粋失読一例が電子新聞を音声読み上げ機能を用いて読字するまでの習得過程
    津田哲也, 加藤正太朗, 坊岡峰子
    日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集 44th 95 2018年04月
  • アルツハイマー病における語用論的障害-まんがの説明課題と比喩理解課題の比較-
    藤本憲正,中村光,津田哲也、他
    第18回日本言語聴覚学会抄録集 2017年
  • 動詞活用障害の分析のための基礎研究
    渡辺眞澄, 玉野あかね, 津田哲也, 辰巳格
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 40th 221 2016年09月
  • 加齢またはアルツハイマー病が語彙意味機能におよぼす影響-意味的プライミング課題とfeature listing課題を用いて
    津田 哲也、中村光
    第19回認知神経心理学研究会プログラム・抄録集 24-25 2016年08月
  • 加齢またはアルツハイマー病が語彙・意味機能に及ぼす影響―意味的プライミング法による検討―
    津田哲也, 津田哲也, 中村光, 藤本憲正, 原田俊英
    日本言語聴覚学会プログラム・抄録集 17th 225 2016年05月
  • 加齢またはアルツハイマー病が語彙意味機能におよぼす影響―Feature listing課題による検証―
    津田哲也, 津田哲也, 中村光, 藤本憲正
    日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集 42nd 75 2016年04月
  • アルツハイマー型認知症者における比喩理解の障害
    藤本憲正, 中村光, 福永真哉, 京林由季子, 竹田和也, 竹田和也, LEE Dahyun, 津田哲也
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 39th 152 2015年10月
  • 言語性記憶における加齢および検査語リストの構造化の影響
    竹田和也, 竹田和也, 中村光, 澤田陽一, 藤本憲正, LEE Dahyun, 津田哲也, 徳地亮
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 39th 195 2015年10月
  • 単語呼称プロセスにおける意味・品詞(統語)・音韻情報の役割
    渡辺眞澄, 古本あかね, 佐久間真理, 津田哲也, 筧一彦, 筧一彦, 辰巳格
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 39th 117 2015年10月
  • 語用論的コミュニケーション評価尺度の開発―日本語版Pragmatic Rating Scaleの信頼性―
    藤本憲正, 藤本憲正, 中村光, 伊澤幸洋, 津田哲也, 栗林一樹
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 38th 177 2014年10月
  • 語用論的コミュニケーションの評価
    藤本憲正,中村 光,伊澤幸洋,津田 哲也,栗林一樹
    第17回認知神経心理学研究会 抄録集 2014年08月
  • 単語の心像性が語連想に及ぼす影響の検討
    横山夏奈, 沖田啓子, 渡邉光子, 吉畑博代, 津田哲也
    日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集 15th 287 2014年05月
  • 急性期失語に伴う聴覚的理解障害の改善過程におけるエラーの変化
    津田哲也, 中村光, 吉畑博代, 藤本憲正
    日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集 15th 192 2014年05月
  • 失語症者を生活の視点からとらえる重要性について (特集 生活に視点をおいた失語症の臨床)
    吉畑 博代, 津田 哲也
    地域リハビリテーション 9(4) 258-263 2014年04月
  • 生活適応期の失語症者におけるコミュニケーション満足度に関する検討
    平山孝子, 吉畑博代, 津田哲也, 齋藤真実子
    日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集 14th 130 2013年06月
  • 第4回言語聴覚研究優秀論文賞を受賞して
    津田 哲也
    言語聴覚研究 10(4) 281-283 2013年
  • 意味的関連性を統制した非言語性意味判断課題に対する失語症者の成績
    津田哲也, 吉畑博代, 平山孝子, 藤本憲正, 中村光
    日本高次脳機能障害学会学術総会プログラム・講演抄録 36th 209 2012年10月
  • 慢性期重度失語症者1例に対する拡大代替コミュニケーション(AAC)―Android OSタブレットPCの作成と導入―
    立川賢佑, 吉畑博代, 津田哲也
    日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集 38th 97 2012年04月
  • 名詞の選択的表出障害を示す失語例に対する「動作性名詞」を使用した訓練の試み
    津田哲也, 吉畑博代, 平山孝子
    日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集 38th 101 2012年04月
  • 項目間の意味的類似性を統制した聴覚的理解課題に対する失語症者の成績
    津田哲也, 吉畑博代, 藤本憲正, 中村光
    日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 35th 90 2011年08月
  • 障害基盤の異なる失語3例への認知神経心理学的呼称訓練の効果
    津田哲也, 高尾祐子
    総合リハビリテーション 38(11) 1097 2010年11月
  • 失語症におけるカテゴリーレベル別聴覚的理解課題の成績
    津田哲也, 津田亜希, 藤本憲正, 中村光
    日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集 11th 159 2010年05月
  • アルツハイマー病における認知機能の継時的変化―6年間の経過の検討―
    藤本憲正, 津田哲也, 高尾芳樹, 高尾武男, 中村光
    日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集 10th 188 2009年04月
  • 小脳の損傷により高次脳機能障害を呈した2症例
    森寛子, 藤本憲正, 津田哲也, 関八州彦
    日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集 10th 191 2009年04月
  • 口腔乾燥とRSST成績の関連性について
    清水めぐみ, 西澤恵, 藤田征子, 森寛子, 神田ゆう子, 津田哲也, 藤本憲正, 相賀秀樹, 関八州彦
    日本摂食・えん下リハビリテーション学会雑誌 11(3) 223 2007年12月
  • 意味セラピーが呼称を促進した交叉性失語の1例
    津田哲也, 津田哲也, 津田亜希, 藤本憲正, 関八州彦, 中村光
    日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集 8th 139 2007年
  • 電撃症による心肺蘇生後脳症及び外慯性クモ膜下出血後,重度摂食嚥下障害を呈した1例
    藤本憲正, 津田哲也, 井上優, 相賀秀樹, 平川宏之, 竹本琢司, 関八州彦
    日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集 8th 131 2007年
  • 外来にてフォローしたwallenberg症候群一例の治療経過
    津田哲也, 清水めぐみ, 藤本憲正, 関八州彦, 竹本琢司
    日本摂食・えん下リハビリテーション学会雑誌 10(3) 367 2006年12月
  • 増粘剤等の調整が必要な老健入所者の検討
    藤本憲正,太田信子,高木由季,渡部良平,津田哲也,清水めぐみ,関八州彦
    日本摂食・嚥下リハビリテーション学会誌 9(3) 316-316 2005年12月

学会発表等

  • 学生が安心して臨床実習に臨むための実習前学修プログラムの効果と課題
    津田 哲也
    平成29年度広島県高等学校教育・研究実践合同発表会 発表取組 2018年01月
  • 失語症者の語彙意味理解障害
    津田 哲也
    第17回認知神経心理学研究会 2014年08月23日
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • 学生が安心して臨床実習に臨むための実習前学修プログラムの効果と課題
    津田 哲也
    平成29年度広島県高等学校教育・研究実践合同発表会 発表取組 2018年01月
  • 失語症者の語彙意味理解障害
    津田 哲也
    第17回認知神経心理学研究会 2014年08月23日

著書

  • やさしい高次脳機能障害用語辞典
    種村純(編)(担当:分担執筆 範囲:ウェルニッケ失語)
    ぱーそん書房 2018年12月
  • CR BOOKS 高次脳機能障害のリハビリテーション(Ver.3)
    綿森淑子、鈴木勉、小山美恵、津田哲也(担当:共著 範囲:失読・失書―純粋失読と失読失書のリハビリテーション)
    医歯薬出版 2018年12月
  • 錯語とジャルゴン
    中村 光、津田 哲也(担当:分担執筆 範囲:意味性錯語/意味性ジャルゴン)
    新興医学出版 2018年01月
  • 高齢者の言語聴覚障害
    津田 哲也(担当:分担執筆 範囲:第4章 失語症,症例4 長期経過例)
    建帛社 2015年01月
著書を全て表示する
著書閉じる
  • やさしい高次脳機能障害用語辞典
    種村純(編)(担当:分担執筆 範囲:ウェルニッケ失語)
    ぱーそん書房 2018年 12月
  • CR BOOKS 高次脳機能障害のリハビリテーション(Ver.3)
    綿森淑子、鈴木勉、小山美恵、津田哲也(担当:共著 範囲:失読・失書―純粋失読と失読失書のリハビリテーション)
    医歯薬出版 2018年 12月
  • 錯語とジャルゴン
    中村 光、津田 哲也(担当:分担執筆 範囲:意味性錯語/意味性ジャルゴン)
    新興医学出版 2018年 01月
  • 高齢者の言語聴覚障害
    津田 哲也(担当:分担執筆 範囲:第4章 失語症,症例4 長期経過例)
    建帛社 2015年 01月

受賞

  • 2013年07月 一般社団法人 日本言語聴覚士協会 第4回 日本言語聴覚研究優秀論文賞 失語症者における意味カテゴリーレベルを統制した聴覚的理解課題の成績
  • 2009年08月 第17回言語障害臨床学術研究会 福迫賞奨励賞  失語症者における「意味カテゴリー内・外」聴覚的理解課題の成績
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2013年07月 一般社団法人 日本言語聴覚士協会 第4回 日本言語聴覚研究優秀論文賞 失語症者における意味カテゴリーレベルを統制した聴覚的理解課題の成績
  • 2009年08月 第17回言語障害臨床学術研究会 福迫賞奨励賞  失語症者における「意味カテゴリー内・外」聴覚的理解課題の成績

外部資金採択状況

  • 失語症・認知症者でも実施可能な語彙・意味的知識構造に焦点を当てた評価法の開発
    JSPS:科学研究費(若手研究)
    研究期間 : 2018年 - 2022年 代表者 : 津田 哲也
  • 加齢および脳障害が語彙意味機能に及ぼす影響に関する基礎研究
    JSPS:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2014年 - 2017年 代表者 : 津田 哲也
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 失語症・認知症者でも実施可能な語彙・意味的知識構造に焦点を当てた評価法の開発
    JSPS:科学研究費(若手研究)
    研究期間 : 2018年 - 2022年 代表者 : 津田 哲也
  • 加齢および脳障害が語彙意味機能に及ぼす影響に関する基礎研究
    JSPS:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2014年 - 2017年 代表者 : 津田 哲也


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.