詳細検索はこちら

青栁 充 アオヤギ ミツル

所属部署名環境科学科
職名准教授 研究者紹介(概要版)URLhttp://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/attachment/6760.pdf
更新日 : 2017/04/11

プロフィール

プロフィール

    県立広島大学 庄原キャンパスで循環型炭素で構成されている植物資源(リグノセルロース)を対象に,化学的なアプローチによる有効活用に関する研究・教育を行っています。リグノセルロースを構成している脂肪族系高分子(セルロース,ヘミセルロース)と芳香族性高分子(リグニン,スベリン,タンニン等)を対象に,その資源循環の流れを考慮に入れた構造の解析や素材開発を行っています。現在はリグニン系材料中の共役系の解析と応用を中心に行っています。高分子化学,植物化学,有機化学に加え,物理化学(特に光化学)を組み合わせ実験中心の研究・教育活動を行っています。社会連携も積極的に行いたいと考えています。

研究分野

  • 複合化学 / 合成化学
  • 複合化学 / 機能物性化学
  • 複合化学 / エネルギー関連化学
  • 複合化学 / グリーン・環境化学
  • 森林圏科学 / 木質科学
  • 複合化学 / 高分子化学
  • 材料化学 / 有機・ハイブリッド材料
  • 材料化学 / 高分子・繊維材料
  • 基礎化学 / 有機化学
  • 基礎化学 / 物理化学 / 光化学

所属学協会

  • 日本MRS
  • 高分子学会
  • 日本化学会
  • 日本木材学会
  • 繊維学会
  • アメリカ化学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本MRS
  • 高分子学会
  • 日本化学会
  • 日本木材学会
  • 繊維学会
  • アメリカ化学会

学位

  • 博士(学術)
  • 工学修士
  • 工学学士

教育活動

担当科目

  • 機能性物質化学(県立広島大学 生命環境学部)
  • 専門基礎実験I・化学系(分担)(県立広島大学)
  • 固体分析化学論(県立広島大学大学院)
  • フレッシュマンセミナー(2014)(県立広島大学)
  • 植物化工学実験(三重大学・生物資源)
  • 植物資源化学特論(三重大学・院・生物資源)
  • 科学英語(分担)(県立広島大学・生命環境)
担当科目を全て表示する
担当科目閉じる
  • 機能性物質化学(県立広島大学 生命環境学部)
  • 専門基礎実験I・化学系(分担)(県立広島大学)
  • 固体分析化学論(県立広島大学大学院)
  • フレッシュマンセミナー(2014)(県立広島大学)
  • 植物化工学実験(三重大学・生物資源)
  • 植物資源化学特論(三重大学・院・生物資源)
  • 科学英語(分担)(県立広島大学・生命環境)

研究活動

論文等(論文)

  • エステル化リグノフェノールの熱的挙動
    青柳充,村井洸大,舩岡正光
    高分子論文集 70(12) 722-730 2014年01月 [査読有り]
  • ベンジル構造と消失型担持体を用いた天然リグニン由来ネットワーク型高分子の設計と調製(1)ネットワーク基材の調製と評価
    青柳充,舩岡正光
    ネットワークポリマー 34(3) 135-143 2013年 [査読有り]
  • Molecular Response of Lignophenols for High Energy Input II- Plasticizing Performance of Low Molecular Weight Fractions -
    青柳充
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn 38(2) 333-338 2012年 [査読有り]
  • 天然リグニンの逐次機能開発
    青柳 充, 舩岡 正光
    未来材料 11(9) 10-18 2011年09月
  • 天然リグニン誘導体リグノフェノールの光化学挙動
    青柳充,舩岡正光
    ネットワークポリマー 33(2) 80-88 2011年 [査読有り]
  • Adsorption of Organic Dyes on Lignophenols under Heterogeneous Conditions
    Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 35(4) 955-958 2010年 [査読有り]
  • Molecular Response of Lignophenols for High Energy Input- Formation and Function of Low Molecular Weight Units –
    Shinpei Horii, Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn 36(1) 3-6 2010年 [査読有り]
  • Thermal Responses of Lignophenols
    Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn 35(4) 967-970 2010年 [査読有り]
  • Fractionation of Wood Polymers by Carboxymethylation- Influence of Reaction Conditions-
    Shang-Ning Chien*, Hao Ren, Mitsuru Aoyagi, Thomas Amidon, Yuan-Zong Lai
    J. Bio-based Mater. Bioenergy 4 40-45 2010年 [査読有り]
  • BP最前線 樹木から始まる新しいテクノロジー
    舩岡 正光, 青柳 充, 三亀 啓吾
    バイオプラジャーナル 9(2) 19-26 2009年08月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • エステル化リグノフェノールの熱的挙動
    青柳充,村井洸大,舩岡正光
    高分子論文集 70(12) 722-730 2014年01月 [査読有り]
  • ベンジル構造と消失型担持体を用いた天然リグニン由来ネットワーク型高分子の設計と調製(1)ネットワーク基材の調製と評価
    青柳充,舩岡正光
    ネットワークポリマー 34(3) 135-143 2013年 [査読有り]
  • Molecular Response of Lignophenols for High Energy Input II- Plasticizing Performance of Low Molecular Weight Fractions -
    青柳充
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn 38(2) 333-338 2012年 [査読有り]
  • 天然リグニンの逐次機能開発
    青柳 充, 舩岡 正光
    未来材料 11(9) 10-18 2011年09月
  • 天然リグニン誘導体リグノフェノールの光化学挙動
    青柳充,舩岡正光
    ネットワークポリマー 33(2) 80-88 2011年 [査読有り]
  • Adsorption of Organic Dyes on Lignophenols under Heterogeneous Conditions
    Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 35(4) 955-958 2010年 [査読有り]
  • Molecular Response of Lignophenols for High Energy Input- Formation and Function of Low Molecular Weight Units –
    Shinpei Horii, Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn 36(1) 3-6 2010年 [査読有り]
  • Thermal Responses of Lignophenols
    Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn 35(4) 967-970 2010年 [査読有り]
  • Fractionation of Wood Polymers by Carboxymethylation- Influence of Reaction Conditions-
    Shang-Ning Chien*, Hao Ren, Mitsuru Aoyagi, Thomas Amidon, Yuan-Zong Lai
    J. Bio-based Mater. Bioenergy 4 40-45 2010年 [査読有り]
  • BP最前線 樹木から始まる新しいテクノロジー
    舩岡 正光, 青柳 充, 三亀 啓吾
    バイオプラジャーナル 9(2) 19-26 2009年08月
  • Separation by Molecular Weight during Purification Process of Lignophenol
    Mitsuru Aoyagi*, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 34(4) 687-690 2009年 [査読有り]
  • Influences of Lignophenol - Derivatives on Performances of Photo-Chemical Cells
    Mitsuru Aoyagi*, Nao Umetani, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 34(4) 683-686 2009年 [査読有り]
  • Preparation of Novel Lignophenol-based Polymers using Cellulose Fibers as Vanishing Reaction-Supports
    Mitsuru Aoyagi*, Satoko Yonekura, Chika Miyasaka, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 34(4) 691-694 2009年 [査読有り]
  • リグノフェノール誘導体の光化学電池への応用 (特集 資源利用化学の新展開)
    青柳 充, 舩岡 正光
    化学工業 59(7) 506-515 2008年07月
  • Applications of Lignophenol / Nano-Structured Titanium Dioxides Composites
    Mitsuru Aoyagi*, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 32(4) 1103-1106 2007年 [査読有り]
  • Photochemical Cells Sensitized by Lignophenol Derivatives
    Mitsuru Aoyagi*, Nao Umetani, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 32(4) 1107-1110 2007年 [査読有り]
  • Selective Phenolation of Lignins Using Cellulose Supports for Functionality Control
    Mitsuru Aoyagi*, Satoko Yonekura, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 32(4) 1111-1114 2007年 [査読有り]
  • Conductive Composites of Lignophenol and Polyaniline
    青柳充
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 32(4) 1115-1118 2007年 [査読有り]
  • Response of Lignophenol under High Energy Condition
    Mitsuru Aoyagi*, Kunihisa Iwasaki, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 32(4) 1119-1122 2007年 [査読有り]
  • Design of Multilayered Cellulose Molds-Lignophenol Composites
    Mitsuru Aoyagi*, Takashi Naito, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 32(4) 1123-1126 2007年 [査読有り]
  • 高度循環型分子設計を有するリグニン系ポリマーを用いた光電変換
    青柳 充, 梅谷 奈緒, 舩岡 正光
    研究発表会講演論文集 / エネルギー・資源学会 [編] 25 1-2 2006年06月
  • A photochemical cell with nano-porous TiO2 electrode sensitized by lignophenol under visible light irradiation
    Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    J. Photochem. Photobiol. A: Chem. 181 114-119 2006年 [査読有り]
  • 高度循環型分子設計を有する天然リグニン誘導体リグノフェノールを用いた光化学電池
    青柳充,舩岡正光
    ネットワークポリマー 27(1) 20-29 2006年 [査読有り]
  • 高度循環型分子設計を有する天然リグニン誘導体リグノフェノールの電子伝達系の活用
    青柳充
    三重大・院・生物資源 2006年 [査読有り]
  • A photochemical cell sensitized with a lignin-based polymer with high recyclability
    Mitsuru Aoyagi*, Masamitsu Funaoka
    Trans. Mater. Res. Soc. Jpn. 31(4) 891-894 2006年 [査読有り]
  • 解説・主張 リグノセルロース--循環型機能材料としての新しい展開
    舩岡 正光, 青柳 充, 喜多 英敏
    Cellulose communications 12(1) 2-7 2005年
  • 天然リグニン誘導体リグノフェノールの光励起プロセスの活用
    青柳充,舩岡正光
    高分子論文集 62(6) 283-290 2005年 [査読有り]
  • フェノール系リグニン誘導体を光増感材とする光電変換プロセスの開発 (特集 大きな可能性を秘めた研究開発)
    舩岡 正光, 青柳 充
    ケミカルエンジニヤリング 49(4) 308-313 2004年04月
  • A new polymeric photosensitizer for dye-sensitized solar cell with porous TiO2 from forest carbon resources
    Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    J. Photochem. Photobiol. A: Chem. 164 53-60 2004年 [査読有り]
  • Redox reactions of nitrate ions on the surface of colloidal magnetite particles coated with chondroitin sulfate
    Mitsuru Aoyagi*, Hiroko Sato, Hiroshi Yagi, Ken-ichi Fukuda and Sei-ichi Nishimoto
    J. Colloid Polym. Sci. 279 46-52 2001年 [査読有り]

論文等(その他)

  • 種々のリグノフェノールの熱的挙動の評価
    青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(2) ROMBUNNO.3PA049 2013年08月
  • リグノフェノールの光励起過程の探索
    青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(2) ROMBUNNO.3PB048 2013年08月
  • 天然リグニンの多段階構造制御~選択的アシル化による機能制御とその応用~
    村井洸大, 青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(2) ROMBUNNO.3X09 2013年08月
  • アシル化によるリグニン誘導体の機能変換
    村井洸大, 青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(2) ROMBUNNO.1PB124 2013年08月
  • 天然リグニン誘導体高分子リグノフェノールの溶液中の光化学挙動
    青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(1) ROMBUNNO.2PF060 2013年05月
  • 天然リグニンの多段階制御システム―アシル化による機能制御とその応用―
    村井洸大, 青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(1) ROMBUNNO.1PH088 2013年05月
  • 消失型担持体を用いたリグニン系素材の精密構造制御システム
    青柳 充, 米倉 聡子, 宮坂 知佳, 舩岡 正光
    Journal of Network Polymer,Japan 29(0) 33-36 2008年
  • 高エネルギー環境下におけるリグノフェノールの分子応答特性
    青柳 充, 舩岡 正光
    Journal of Network Polymer,Japan 29(0) 247-248 2008年
  • リグノフェノールの分子構造と電子伝達特性
    梅谷 奈緒, 青柳 充, 舩岡 正光
    Journal of Network Polymer,Japan 28(0) 245-246 2007年
  • リグノフェノール電子伝達系の電子材料への展開
    青柳 充, 舩岡 正光
    Journal of Network Polymer,Japan 26(0) 239-240 2005年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 種々のリグノフェノールの熱的挙動の評価
    青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(2) ROMBUNNO.3PA049 2013年08月
  • リグノフェノールの光励起過程の探索
    青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(2) ROMBUNNO.3PB048 2013年08月
  • 天然リグニンの多段階構造制御~選択的アシル化による機能制御とその応用~
    村井洸大, 青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(2) ROMBUNNO.3X09 2013年08月
  • アシル化によるリグニン誘導体の機能変換
    村井洸大, 青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(2) ROMBUNNO.1PB124 2013年08月
  • 天然リグニン誘導体高分子リグノフェノールの溶液中の光化学挙動
    青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(1) ROMBUNNO.2PF060 2013年05月
  • 天然リグニンの多段階制御システム―アシル化による機能制御とその応用―
    村井洸大, 青柳充, 舩岡正光
    高分子学会予稿集(CD-ROM) 62(1) ROMBUNNO.1PH088 2013年05月
  • 消失型担持体を用いたリグニン系素材の精密構造制御システム
    青柳 充, 米倉 聡子, 宮坂 知佳, 舩岡 正光
    Journal of Network Polymer,Japan 29(0) 33-36 2008年
  • 高エネルギー環境下におけるリグノフェノールの分子応答特性
    青柳 充, 舩岡 正光
    Journal of Network Polymer,Japan 29(0) 247-248 2008年
  • リグノフェノールの分子構造と電子伝達特性
    梅谷 奈緒, 青柳 充, 舩岡 正光
    Journal of Network Polymer,Japan 28(0) 245-246 2007年
  • リグノフェノール電子伝達系の電子材料への展開
    青柳 充, 舩岡 正光
    Journal of Network Polymer,Japan 26(0) 239-240 2005年
  • 天然リグニン誘導体リグノフェノール電子伝達系の光化学電池への応用
    青柳 充, 舩岡 正光
    Journal of Network Polymer,Japan 26(0) 25-28 2005年
  • リグノフェノールの光励起プロセスの活用
    青柳 充, 舩岡 正光
    Journal of Network Polymer,Japan 25(0) 157-158 2004年
  • 天然リグニン誘導体リグノフェノールを用いた光増感太陽電池の開発
    青柳 充, 舩岡 正光
    Journal of Network Polymer,Japan 24(0) 125-128 2003年

学会発表等

  • 選択的脱アシル化によるリグニン誘導体の機能制御
    村井洸大,青栁充,舩岡正光
    平成26年度繊維学会年次大会 2014年06月11日
  • アシル化によるリグニン分子相互作用の精密制御
    村井洸大,青栁充,舩岡正光
    第63回高分子学会年次大会 2014年05月28日
  • リグノフェノールの製造とその応用展開
    青栁充
    第94回日本化学会春季年会 2014年03月29日
  • 選択的アシル化による天然リグニンの多段階機能制御
    青栁充
    第23回日本MRS-J学術シンポジウム 2013年12月11日
  • 逐次選択的アセチル化によるリグノフェノールの機能変換
    村井洸大,青栁充,舩岡正光
    第23回日本MRS-J学術シンポジウム 2013年12月11日
  • リグノフェノールの最近の動向
    青栁充
    第23回高分子学会エコマテリアル研究会 2013年10月25日
  • Multistep structural control of native lignins ~Functionality control and application of lignins by acylation~
    Koudai Murai, Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    The 6th Green Sustainable Chemistry, Nottingham, UK 2013年08月04日
  • Thermal Properties of lignophenols with different grafting phenols
    Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    The 6th Green Sustainable Chemistry, Nottingham, UK 2013年08月04日
  • 森林資源由来高分子の化学工業原料化の試み
    青栁充
    バイオマス共同事業研究会第20回セミナー 2012年11月16日
  • 天然リグニンの逐次機能開発
    青栁充
    県立広島大学講演会 2012年06月15日
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • 選択的脱アシル化によるリグニン誘導体の機能制御
    村井洸大,青栁充,舩岡正光
    平成26年度繊維学会年次大会 2014年06月11日
  • アシル化によるリグニン分子相互作用の精密制御
    村井洸大,青栁充,舩岡正光
    第63回高分子学会年次大会 2014年05月28日
  • リグノフェノールの製造とその応用展開
    青栁充
    第94回日本化学会春季年会 2014年03月29日
  • 選択的アシル化による天然リグニンの多段階機能制御
    青栁充
    第23回日本MRS-J学術シンポジウム 2013年12月11日
  • 逐次選択的アセチル化によるリグノフェノールの機能変換
    村井洸大,青栁充,舩岡正光
    第23回日本MRS-J学術シンポジウム 2013年12月11日
  • リグノフェノールの最近の動向
    青栁充
    第23回高分子学会エコマテリアル研究会 2013年10月25日
  • Multistep structural control of native lignins ~Functionality control and application of lignins by acylation~
    Koudai Murai, Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    The 6th Green Sustainable Chemistry, Nottingham, UK 2013年08月04日
  • Thermal Properties of lignophenols with different grafting phenols
    Mitsuru Aoyagi, Masamitsu Funaoka
    The 6th Green Sustainable Chemistry, Nottingham, UK 2013年08月04日
  • 森林資源由来高分子の化学工業原料化の試み
    青栁充
    バイオマス共同事業研究会第20回セミナー 2012年11月16日
  • 天然リグニンの逐次機能開発
    青栁充
    県立広島大学講演会 2012年06月15日
  • 天然リグニン誘導体高分子リグノフェノールの応用展開
    青栁充
    第34回関西バイオポリマー研究会/伊丹・産総研 2012年03月24日
  • リグノセルロースの全量活用-リグニン誘導体の逐次的応用-
    青栁充
    龍谷大学REC講演会 2010年11月12日
  • 天然リグニン誘導体リグノフェノールの物性の解明とその応用
    青栁充
    第60回ネットワークポリマー講演討論会 2010年10月15日

著書

  • 木質系有機資源の有効利用技術 (CMCテクニカルライブラリー―地球環境シリーズ)
    舩岡正光監修(担当:分担執筆 範囲:)
    シーエムシー出版 2010年06月 ISBN:4781302173
  • 木質系有機資源の新展開〈2〉 (地球環境シリーズ)
    舩岡正光監修(担当:分担執筆 範囲:)
    シーエムシー出版 2009年11月 ISBN:4781301665
  • 薄膜太陽電池の開発最前線―高効率化・量産化・普及促進に向けて
    (担当:分担執筆 範囲:)
    エヌ・ティー・エス 2005年03月 ISBN:4860430743
  • 木質系有機資源の新展開 (ファインケミカルシリーズ)
    舩岡正光監修(担当:分担執筆 範囲:)
    シーエムシー出版 2005年02月 ISBN:4882314851
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 木質系有機資源の有効利用技術 (CMCテクニカルライブラリー―地球環境シリーズ)
    舩岡正光監修(担当:分担執筆 範囲:)
    シーエムシー出版 2010年 06月 ISBN:4781302173
  • 木質系有機資源の新展開〈2〉 (地球環境シリーズ)
    舩岡正光監修(担当:分担執筆 範囲:)
    シーエムシー出版 2009年 11月 ISBN:4781301665
  • 薄膜太陽電池の開発最前線―高効率化・量産化・普及促進に向けて
    (担当:分担執筆 範囲:)
    エヌ・ティー・エス 2005年 03月 ISBN:4860430743
  • 木質系有機資源の新展開 (ファインケミカルシリーズ)
    舩岡正光監修(担当:分担執筆 範囲:)
    シーエムシー出版 2005年 02月 ISBN:4882314851

受賞

  • 2012年12月 三重大学 平成24年度 三重大学知的財産表彰 最多届出賞
  • 2010年12月 高分子学会 第19回ポリマー材料フォーラム優秀発表賞 天然リグニンの逐次機能開発-耐熱性リグノフェノールの誘導-
  • 2009年10月 合成樹脂工業協会 第33回合成樹脂工業協会学術賞 学術奨励賞 天然リグニン誘導体リグノフェノールの物性の解明とその応用
  • 2008年11月 高分子学会 第17回ポリマー材料フォーラム優秀発表賞 様々なリグノセルロース資源の構造転換と特性の活用
  • 2007年01月 日本MRS 17th Symposium of Material Research Society Japan, Award for Encouragements of Research of Materials Science Applications of Lignophenol / Nano-Structured Titanium Dioxides Composites
  • 2005年11月 高分子学会 第14回ポリマー材料フォーラム優秀発表賞 リグノセルロース資源を起点とした炭素資源循環システム~リグノフェノール電子伝達系の利用~
  • 2005年07月 コクヨ㈱ 名誉賞(第1号)
  • 2003年03月 日本化学会 講演奨励賞 天然リグニン誘導体リグノフェノールを用いたナノ多孔質酸化チタン色素増感太陽電池の開発
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2012年12月 三重大学 平成24年度 三重大学知的財産表彰 最多届出賞
  • 2010年12月 高分子学会 第19回ポリマー材料フォーラム優秀発表賞 天然リグニンの逐次機能開発-耐熱性リグノフェノールの誘導-
  • 2009年10月 合成樹脂工業協会 第33回合成樹脂工業協会学術賞 学術奨励賞 天然リグニン誘導体リグノフェノールの物性の解明とその応用
  • 2008年11月 高分子学会 第17回ポリマー材料フォーラム優秀発表賞 様々なリグノセルロース資源の構造転換と特性の活用
  • 2007年01月 日本MRS 17th Symposium of Material Research Society Japan, Award for Encouragements of Research of Materials Science Applications of Lignophenol / Nano-Structured Titanium Dioxides Composites
  • 2005年11月 高分子学会 第14回ポリマー材料フォーラム優秀発表賞 リグノセルロース資源を起点とした炭素資源循環システム~リグノフェノール電子伝達系の利用~
  • 2005年07月 コクヨ㈱ 名誉賞(第1号)
  • 2003年03月 日本化学会 講演奨励賞 天然リグニン誘導体リグノフェノールを用いたナノ多孔質酸化チタン色素増感太陽電池の開発

工業所有権等

  • ポリカーボネート樹脂組成物及び成形体
    野寺 明夫, 舩岡 正光, 青▲柳▼ 充
    特願2012-0776932012年03月29日
  • 熱可塑性樹脂組成物及び成形体
    舩岡 正光, 青▲柳▼ 充, 野寺 明夫
    特願2011-2438632011年11月07日
  • ポリカーボネート樹脂組成物及び成形体
    野寺 明夫, 舩岡 正光, 青▲柳▼ 充
    特願2011-1950882011年09月07日
  • ポリカーボネート樹脂組成物及び成形体
    野寺 明夫, 舩岡 正光, 青▲柳▼ 充
    特願2011-1950862011年09月07日
  • ポリカーボネート樹脂組成物及び成形体
    野寺 明夫, 舩岡 正光, 青▲柳▼ 充
    特願2011-1388752011年06月22日
  • 熱可塑性樹脂組成物及び成形体
    野寺 明夫, 舩岡 正光, 青▲柳▼ 充
    特願2011-1388742011年06月22日
  • 耐熱性リグニン系ポリマー及びその利用
    舩岡 正光, 青▲柳▼ 充
    特願2011-1098102011年05月16日
  • リグニン系材料、その製造方法及びその利用
    舩岡 正光, 堀井 慎平, 青▲柳▼ 充
    特願2011-1098072011年05月16日
  • リグノフェノール系吸着媒体及びそれを用いた有機物の処理方法
    舩岡正光,青栁充
    特願2007-35527
  • リグノフェノールの製造方法
    舩岡正光,青栁充
    特願2007-052107
  • リグニン誘導体の分離および回収方法
    舩岡正光,青柳充
    特願2005-167103
  • 導電性ポリアニリン組成物、その製造方法およびポリアニリンドーパント
    舩岡正光,青柳充
    特願2004-67999
  • リグニン誘導体を用いた光電変換素子及び光電気化学電池
    舩岡正光,青柳充
    特願2003-032891

外部資金採択状況

  • 励起電子・エネルギー移動を用いたリグニン誘導体中の局在化共役系の解析
    日本学術振興機構:H26-H28 科学研究費補助金基盤C(一般)
    研究期間 : 2014年 - 2017年 代表者 : 青栁充
  • 庄原キャンパス近隣生育草本植物の資源組成評価と応用の検討
    県立広島大学:平成26年度県立広島大学重点研究事業
    研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 青栁充
  • 天然リグニン誘導体直鎖型高分子リグノフェノールを原料とする構造制御型ネットワークポリマーの誘導
    松籟科学技術振興財団:平成23年度研究助成
    研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 青栁充
  • 木質バイオマスから定量誘導したリグニン系ポリマーを用いた不均一系可逆吸着材の開発
    クリタ水・環境研究財団 :平成22年度研究助成
    研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 青栁充
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 励起電子・エネルギー移動を用いたリグニン誘導体中の局在化共役系の解析
    日本学術振興機構:H26-H28 科学研究費補助金基盤C(一般)
    研究期間 : 2014年 - 2017年 代表者 : 青栁充
  • 庄原キャンパス近隣生育草本植物の資源組成評価と応用の検討
    県立広島大学:平成26年度県立広島大学重点研究事業
    研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 青栁充
  • 天然リグニン誘導体直鎖型高分子リグノフェノールを原料とする構造制御型ネットワークポリマーの誘導
    松籟科学技術振興財団:平成23年度研究助成
    研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 青栁充
  • 木質バイオマスから定量誘導したリグニン系ポリマーを用いた不均一系可逆吸着材の開発
    クリタ水・環境研究財団 :平成22年度研究助成
    研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 青栁充

地域貢献活動

審議会等委員

  • 2012年
    -
    2014年
    徳島県阿南市 竹資源有効活用調査ビジョン策定委員会
  • 2012年
    -
    2014年
    三重県名張市商工会議所 バイオマス活用産業創出研究会
  • 2011年
    -
    2013年
    三重県名張市商工会議所 バイオマスマテリアル実用化検討研究会
  • 2009年
    -
    2010年
    農林水産省緑と水の環境技術革命プロジェクト事業 リグノフェノールによる木材化学産業創出に向けた事業化調査
  • 2009年
    -
    2010年
    三重県名張市商工会議所 バイオマスマテリアル勉強会
  • 2009年
    -
    2010年
    徳島県那賀町 広域化バイオマスタウン事業計画推進作業部会 マテリアル事業部会
  • 2005年
    -
    2007年
    林野庁 機能性木質新素材技術研究組合 研究評価委員
  • 2007年
    -
    2006年
    西日本ウッドケミカル産業創造研究会
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2012年
    -
    2014年
    徳島県阿南市 竹資源有効活用調査ビジョン策定委員会
  • 2012年
    -
    2014年
    三重県名張市商工会議所 バイオマス活用産業創出研究会
  • 2011年
    -
    2013年
    三重県名張市商工会議所 バイオマスマテリアル実用化検討研究会
  • 2009年
    -
    2010年
    農林水産省緑と水の環境技術革命プロジェクト事業 リグノフェノールによる木材化学産業創出に向けた事業化調査
  • 2009年
    -
    2010年
    三重県名張市商工会議所 バイオマスマテリアル勉強会
  • 2009年
    -
    2010年
    徳島県那賀町 広域化バイオマスタウン事業計画推進作業部会 マテリアル事業部会
  • 2005年
    -
    2007年
    林野庁 機能性木質新素材技術研究組合 研究評価委員
  • 2007年
    -
    2006年
    西日本ウッドケミカル産業創造研究会

公開講座等

  • 森林に流れる時間~進化と成長、そして循環(じゅんかん)~)
    青栁充
    ANA私の青空 広島空港 アサヒの森青空塾(主催:全日本空輸㈱) 2014年08月02日
公開講座等を全て表示する
公開講座等閉じる
  • 森林に流れる時間~進化と成長、そして循環(じゅんかん)~)
    青栁充
    ANA私の青空 広島空港 アサヒの森青空塾(主催:全日本空輸㈱) 2014年08月02日
教員個人のウェブページ URL : http://www.pu-hiroshima.ac.jp/~aoyagi/
※「免責事項」を必ずお読みください。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.