詳細検索はこちら

荻田 信二郎 オギタ シンジロウ

所属部署名生命科学科
職名専攻長 教授 研究者紹介(概要版)URLhttp://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/attachment/10711.pdf
更新日 : 2018/09/11

プロフィール

研究キーワード

    組織培養, 分子育種, マダケ属, 細胞工学, 懸濁培養, 不定胚, 細胞操作, 二次代謝, 植物培養細胞, カルス, 全能性

研究分野

  • 境界農学 / 応用分子細胞生物学
  • 農芸化学 / 応用微生物学
  • 森林学 / 森林科学
  • 森林学 / 木質科学
  • 薬学 / 環境系薬学

経歴

  • 2017年04月
    -
    現在
    県立広島大学大学院総合学術研究科 生命システム科学専攻(専攻長 (兼務))
  • 2015年04月
    -
    現在
    県立広島大学 生命環境学部生命科学科(教授)
  • 2010年04月
    -
    2015年03月
    富山県立大学 工学部生物工学科(准教授)
  • 2006年04月
    -
    2010年03月
    富山県立大学 工学部生物工学科(講師)
  • 2003年04月
    -
    2006年03月
    富山県立大学 工学部生物工学研究センター(助手)
  • 2000年10月
    -
    2003年03月
    奈良先端科学技術大学院大学 遺伝子教育研究センター(バイオテクノロジー開発技術研究組合 研究員)
  • 1997年10月
    -
    2000年09月
    農林水産省森林総合研究所 生物機能開発部(科学技術特別研究員)

所属学協会

  • 日本木材学会
  • 日本植物学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本植物細胞分子生物学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本木材学会
  • 日本植物学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本植物細胞分子生物学会

学位

  • 農学博士
  • 農学修士
  • 農学学士

研究活動

論文等(論文)

  • Transcriptional alterations during proliferation and lignification in Phyllostachys nigra cells.
    Ogita S, Nomura T, Kato Y, Uehara-Yamaguchi Y, Inoue K, Yoshida T, Sakurai T, Shinozaki K, Mochida K
    Scientific reports 8(1) 11347 2018年07月 [査読有り]
  • In vitro bioassay of allelopathy in four bamboo species; Bambusa multiplex, Phyllostachys bambusoides, P. nigra, Sasa kurilensis, using sandwich method and protoplast co-culture method with digital image analysis
    Ogita S, Sasamoto H
    American Journal of Plant Sciences 8(7) 1699-1710 2017年06月 [査読有り]
  • Molecular diversity of tuliposide B-converting enzyme in tulip (Tulipa gesneriana): identification of the root-specific isozyme.
    Nomura T, Ueno A, Ogita S, Kato Y
    Bioscience, biotechnology, and biochemistry 81(6) 1185-1193 2017年06月 [査読有り]
  • Plant cell, tissue and organ culture: the most flexible foundations for plant metabolic engineering applications.
    Ogita S
    Natural product communications 10(5) 815-820 2015年05月 [査読有り]
  • A stepwise protocol for induction and selection of prominent coniferous cell cultures for the production of β-thujaplicin.
    Ogita S, Shichiken M, Ito C, Yamashita T, Nomura T, Kato Y
    Natural product communications 10(5) 783-787 2015年05月 [査読有り]
  • The biosynthetic activities of primary and secondary metabolites in suspension cultures of Aquilaria microcarpa.
    Ogita S, Lee JB, Kurosaki F, Kato Y
    Natural product communications 10(5) 779-782 2015年05月 [査読有り]
  • A protocol for axenic liquid cell cultures of a woody leguminous mangrove, Caesalpinia crista, and their amino acids profiling.
    Inoue A, Ogita S, Tsuchiya S, Minagawa R, Sasamoto H
    Natural product communications 10(5) 755-760 2015年05月 [査読有り]
  • Molecular Identification of Tuliposide B-Converting Enzyme: a Lactone-Forming Carboxylesterase from the Pollen of Tulip.
    Nomura T, Murase T, Ogita S, Kato Y
    The Plant journal : for cell and molecular biology 83(2) 252-262 2015年05月 [査読有り]
  • Environmentally benign process for the preparation of antimicrobial α-methylene-β-hydroxy-γ-butyrolactone (tulipalin B) from tulip biomass
    Taiji Nomura, Emiko Hayashi, Shohei Kawakami, Shinjiro Ogita, Yasuo Kato
    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry 79(1) 25-35 2015年01月
  • The co-occurrence of two pyridine alkaloids, mimosine and trigonelline, in Leucaena leucocephala.
    Ogita S, Kato M, Watanabe S, Ashihara H
    Zeitschrift fur Naturforschung. C, Journal of biosciences 69(3-4) 124-132 2014年03月 [査読有り]
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Transcriptional alterations during proliferation and lignification in Phyllostachys nigra cells.
    Ogita S, Nomura T, Kato Y, Uehara-Yamaguchi Y, Inoue K, Yoshida T, Sakurai T, Shinozaki K, Mochida K
    Scientific reports 8(1) 11347 2018年07月 [査読有り]
  • In vitro bioassay of allelopathy in four bamboo species; Bambusa multiplex, Phyllostachys bambusoides, P. nigra, Sasa kurilensis, using sandwich method and protoplast co-culture method with digital image analysis
    Ogita S, Sasamoto H
    American Journal of Plant Sciences 8(7) 1699-1710 2017年06月 [査読有り]
  • Molecular diversity of tuliposide B-converting enzyme in tulip (Tulipa gesneriana): identification of the root-specific isozyme.
    Nomura T, Ueno A, Ogita S, Kato Y
    Bioscience, biotechnology, and biochemistry 81(6) 1185-1193 2017年06月 [査読有り]
  • Plant cell, tissue and organ culture: the most flexible foundations for plant metabolic engineering applications.
    Ogita S
    Natural product communications 10(5) 815-820 2015年05月 [査読有り]
  • A stepwise protocol for induction and selection of prominent coniferous cell cultures for the production of β-thujaplicin.
    Ogita S, Shichiken M, Ito C, Yamashita T, Nomura T, Kato Y
    Natural product communications 10(5) 783-787 2015年05月 [査読有り]
  • The biosynthetic activities of primary and secondary metabolites in suspension cultures of Aquilaria microcarpa.
    Ogita S, Lee JB, Kurosaki F, Kato Y
    Natural product communications 10(5) 779-782 2015年05月 [査読有り]
  • A protocol for axenic liquid cell cultures of a woody leguminous mangrove, Caesalpinia crista, and their amino acids profiling.
    Inoue A, Ogita S, Tsuchiya S, Minagawa R, Sasamoto H
    Natural product communications 10(5) 755-760 2015年05月 [査読有り]
  • Molecular Identification of Tuliposide B-Converting Enzyme: a Lactone-Forming Carboxylesterase from the Pollen of Tulip.
    Nomura T, Murase T, Ogita S, Kato Y
    The Plant journal : for cell and molecular biology 83(2) 252-262 2015年05月 [査読有り]
  • Environmentally benign process for the preparation of antimicrobial α-methylene-β-hydroxy-γ-butyrolactone (tulipalin B) from tulip biomass
    Taiji Nomura, Emiko Hayashi, Shohei Kawakami, Shinjiro Ogita, Yasuo Kato
    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry 79(1) 25-35 2015年01月
  • The co-occurrence of two pyridine alkaloids, mimosine and trigonelline, in Leucaena leucocephala.
    Ogita S, Kato M, Watanabe S, Ashihara H
    Zeitschrift fur Naturforschung. C, Journal of biosciences 69(3-4) 124-132 2014年03月 [査読有り]
  • Occurrence of hydroxycinnamoylputrescines in xylogenic bamboo suspension cells
    Taiji Nomura, Mai Shiozawa, Shinjiro Ogita, Yasuo Kato
    Plant Biotechnology 30(5) 447-453 2013年12月
  • Two new β-glucosidases from ethanol-fermenting fungus Mucor circinelloides NBRC 4572: Enzyme purification, functional characterization, and molecular cloning of the gene
    Yasuo Kato, Taiji Nomura, Shinjiro Ogita, Maki Takano, Kazuhiro Hoshino
    Applied Microbiology and Biotechnology 97(23) 10045-10056 2013年12月
  • Molecular diversity of tuliposide a-converting enzyme in the Tulip
    Taiji Nomura, Aya Tsuchigami, Shinjiro Ogita, Yasuo Kato
    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry 77(5) 1042-1048 2013年06月
  • A novel xylogenic suspension culture model for exploring lignification in Phyllostachys bamboo.
    Ogita S, Nomura T, Kishimoto T, Kato Y
    Plant methods 8(1) 2012年09月 [査読有り]
  • Dissolution and acetylation of ball-milled birch (Betula platyphylla) and bamboo (Phyllostachys nigra) in the ionic liquid [Bmim]Cl for HSQC NMR analysis
    Chen Qu, Takao Kishimoto, Shinjiro Ogita, Masahiro Hamada, Noriyuki Nakajima
    Holzforschung 66(5) 607-614 2012年07月
  • A novel lactone-forming carboxylesterase: Molecular identification of a tuliposide a-converting enzyme in tulip
    Taiji Nomura, Shinjiro Ogita, Yasuo Kato
    Plant Physiology 159(2) 565-578 2012年06月
  • A practical protocol for particle bombardment-mediated transformation of phyllostachys bamboo suspension cells
    Shinjiro Ogita, Nanaka Kikuchi, Taiji Nomura, Yasuo Kato
    Plant Biotechnology 28(1) 43-50 2011年05月
  • Purine Alkaloid Metabolism
    Hiroshi Ashihara, Shinjiro Ogita, Alan Crozier, Alan Crozier
    Plant Metabolism and Biotechnology 163-189 2011年03月
  • Methyl jasmonate-induced enhancement of expression activity of Am-FaPS-1, a putative farnesyl diphosphate synthase gene from Aquilaria microcarpa
    Yoshihide Kenmotsu, Shinjiro Ogita, Yasuo Katoh, Yoshimi Yamamura, Yasumasa Takao, Yoshiaki Tatsuo, Hiroharu Fujino, Shigetoshi Kadota, Fumiya Kurosaki
    Journal of Natural Medicines 65(1) 194-197 2011年01月
  • Distribution and biosynthesis of theanine in Theaceae plants.
    Deng WW, Ogita S, Ashihara H
    Plant physiology and biochemistry : PPB / Societe francaise de physiologie vegetale 48(1) 70-72 2010年01月 [査読有り]
  • Transcriptional activation of putative calmodulin genes am-cam-1 and am-cam-2 from Aquilaria microcarpa, in response to external stimuli.
    Kenmotsu Y, Yamamura Y, Ogita S, Katoh Y, Kurosaki F
    Biological & pharmaceutical bulletin 33(11) 1911-1914 2010年 [査読有り]
  • Possibility for selective accumulation of polyphenolics in tissue cultures of senno (Lychnis senno Siebold et Zucc.)
    Shinjiro Ogita, Junko Miyazaki, Toshinari Godo, Yasuo Kato
    Natural Product Communications 4 377-380 2009年12月
  • Ethylamine content and theanine biosynthesis in different organs of camellia sinensis seedlings
    Wei Wei Deng, Shinjiro Ogita, Hiroshi Ashihara
    Zeitschrift fur Naturforschung - Section C Journal of Biosciences 64 387-390 2009年11月
  • Purification and characterization of a tuliposide-converting enzyme from bulbs of tulipa gesneriana
    Yasuo Kato, Kazuaki Shoji, Makoto Ubukata, Kengo Shigetomi, Yukio Sato, Noriyuki Nakajima, Shinjiro Ogita
    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry 73(8) 1895-1897 2009年09月
  • A facile method for the preparation of α-methylene-γ-butyrolactones from tulip tissues by enzyme-mediated conversion
    Yasuo Kato, Hiroyuki Yoshida, Kazuaki Shoji, Yukio Sato, Noriyuki Nakajima, Shinjiro Ogita
    Tetrahedron Letters 50(33) 4751-4753 2009年08月
  • Interspecific hybridization between triploid Senno (Lychnis senno Siebold et Zucc., Caryophyllaceae) and allied taxa of the genus Lychnis
    Toshinari Godo, Junko Miyazaki, Sachiko Kuwayama, Shinjiro Ogita, Yasuo Kato, Masaru Nakano, Masashi Nakata
    Plant Biotechnology 26(3) 301-305 2009年08月
  • A simple shoot multiplication procedure using internode explants, and its application for particle bombardment and agrobacterium-mediated transformation in watercress
    Shinjiro Ogita, Miki Usui, Nanae Shibutani, Yasuo Kato
    Journal of Plant Research 122(4) 455-463 2009年07月
  • Fine control of caffeine biosynthesis in tissue cultures of Camellia sinensis
    Wei Wei Deng, Yeyun Li, Yeyun Li, Shinjiro Ogita, Hiroshi Ashihara
    Phytochemistry Letters 1(4) 195-198 2008年12月
  • In vitro node culture of seedlings in bamboo plant, Phyllostachys meyeri McClure
    Shinjiro Ogita, Harutsugu Kashiwagi, Yasuo Kato
    Plant Biotechnology 25(4) 381-385 2008年09月
  • Biosynthesis of theanine (γ-ethylamino-l-glutamic acid) in seedlings of Camellia sinensis
    Wei Wei Deng, Shinjiro Ogita, Hiroshi Ashihara
    Phytochemistry Letters 1(2) 115-119 2008年08月
  • Expression of caffeine biosynthesis genes in tea (Camellia sinensis)
    Yeyun Li, Yeyun Li, Shinjiro Ogita, Chaman Ara Keya, Hiroshi Ashihara
    Zeitschrift fur Naturforschung - Section C Journal of Biosciences 63 267-270 2008年03月
  • Identification of a factor that complementarily inhibits somatic embryogenesis with vanillyl benzyl ether in Japanese larch
    Mikihisa Umehara, Mikihisa Umehara, Shinjiro Ogita, Hamako Sasamoto, Hiroyuki Koshino, Takemichi Nakamura, Tadao Asami, Shigeo Yoshida, Hiroshi Kamada
    In Vitro Cellular and Developmental Biology - Plant 43(3) 203-208 2007年06月
  • Influence of osmotic pressure on somatic embryo maturation in Pinus densiflora
    Mariko Shoji, Hidenori Sato, Remi Nakagawa, Ryo Funada, Takafumi Kubo, Shinjiro Ogita
    Journal of Forest Research 11(6) 449-453 2006年12月
  • Interaction between methyl CpG-binding protein and Ran GTPase during cell division in tobacco cultured cells
    Aiko Yano, Yutaka Kodama, Akiko Koike, Tomotaka Shinya, Hyun Jung Kim, Mari Matsumoto, Shinjiro Ogita, Yuko Wada, Nir Ohad, Hiroshi Sano
    Annals of Botany 98(6) 1179-1187 2006年12月
  • Transgenic tobacco plants producing caffeine: a potential new strategy for insect pest control.
    Kim YS, Uefuji H, Ogita S, Sano H
    Transgenic research 15(6) 667-672 2006年12月 [査読有り]
  • Effect of polyamines and L-ornithine on the development of proembryogenic masses of Cryptomeria japonica
    Remi Nakagawa, Shinjiro Ogita, Takafumi Kubo, Ryo Funada
    Plant Cell, Tissue and Organ Culture 85(2) 229-234 2006年05月
  • Caffeine biosynthesis and adenine metabolism in transgenic Coffea canephora plants with reduced expression of N-methyltransferase genes.
    Ashihara H, Zheng XQ, Katahira R, Morimoto M, Ogita S, Sano H
    Phytochemistry 67(9) 882-886 2006年05月 [査読有り]
  • Metabolic engineering of caffeine production
    Shinjiro Ogita, Shinjiro Ogita, Hirotaka Uefuji, Hirotaka Uefuji, Masayuki Morimoto, Hiroshi Sano
    Plant Biotechnology 22(5) 461-468 2005年12月
  • Two stimulatory effects of the peptidyl growth factor phytosulfokine during somatic embryogenesis in Japanese larch (Larix leptolepis Gordon)
    Mikihisa Umehara, Mikihisa Umehara, Shinjiro Ogita, Hamako Sasamoto, Chang Ho Eun, Yoshikatsu Matsubayashi, Youji Sakagami, Hiroshi Kamada
    Plant Science 169(5) 901-907 2005年11月
  • Caffeine production in tobacco plants by simultaneous expression of three coffee N-methyltrasferases and its potential as a pest repellant.
    Uefuji H, Tatsumi Y, Morimoto M, Kaothien-Nakayama P, Ogita S, Sano H
    Plant molecular biology 59(2) 221-227 2005年09月 [査読有り]
  • Callus and cell suspension culture of bamboo plant, Phyllostachys nigra
    Shinjiro Ogita
    Plant Biotechnology 22(2) 119-125 2005年06月
  • Identification of a novel factor, vanillyl benzyl ether, which inhibits somatic embryogenesis of Japanese larch (Larix leptolepis Gordon)
    Mikihisa Umehara, Mikihisa Umehara, Shinjiro Ogita, Hamako Sasamoto, Hiroyuki Koshino, Tadao Asami, Shozo Fujioka, Shigeo Yoshida, Hiroshi Kamada
    Plant and Cell Physiology 46(3) 445-453 2005年03月
  • Histological analysis in shoot organogenesis from hypocotyl explants of Kandelia candel (Rhizophoraceae).
    Ogita S, Yeung EC, Sasamoto H
    Journal of plant research 117(6) 457-464 2004年12月 [査読有り]
  • Different effects of four salts and pHs on protoplast cultures of a mangrove, Bruguiera sexangula suspension cells, Populus alba leaves and tobacco BY-2 cells
    Takeshi Fukumoto, Tatsuo Nakamura, Masashi Suzuki, Shinjiro Ogita, Tetsuro Mimura, Hamako Sasamoto
    Plant Biotechnology 21(3) 177-182 2004年09月
  • Erratum: Producing decaffeinated coffee plants (Nature (2003) 423 (823))
    Shinjiro Ogita, Hirtaka Uefuji, Yube Yamaguchi, Nozomu Koizumi, Hiroshi Sano
    Nature 430 417 2004年07月
  • An in vitro culture system used to investigate possible interactions between the embryo proper and the suspensor in embryogenesis in Japanese larch (Larix leptolepis GORDON)
    Mikihisa Umehara, Shinjiro Ogita, Hamako Sasamoto, Hiroshi Kamada
    Plant Biotechnology 21 169-171 2004年06月
  • Inhibitory factor(s) of somatic embryogenesis regulated suspensor differentiation in suspension culture of Japanese larch (Larix leptolepis GORDON)
    Mikihisa Umehara, Shinjiro Ogita, Hamako Sasamoto, Hiroshi Kamada
    Plant Biotechnology 21(2) 87-94 2004年06月
  • Application of RNAi to confirm theobromine as the major intermediate for caffeine biosynthesis in coffee plants with potential for construction of decaffeinated varieties.
    Ogita S, Uefuji H, Morimoto M, Sano H
    Plant molecular biology 54(6) 931-941 2004年04月 [査読有り]
  • Producing decaffeinated coffee plants.
    Ogita S, Uefuji H, Yamaguchi Y, Koizumi N, Sano H
    Nature 423 823 2003年06月 [査読有り]
  • Molecular cloning and functional characterization of three distinct N-methyltransferases involved in the caffeine biosynthetic pathway in coffee plants.
    Uefuji H, Ogita S, Yamaguchi Y, Koizumi N, Sano H
    Plant physiology 132(1) 372-380 2003年05月 [査読有り]
  • Development of novel elongated fiber-structure in protoplast cultures of Betula platyphylla and Larix leptolepis
    Hamako Sasamoto, Shinjiro Ogita, Noriko Hayashi, Yohichi Wakita, Shinso Yokota, Nobuo Yoshizawa
    In Vitro Cellular and Developmental Biology - Plant 39(2) 223-228 2003年03月
  • Endogenous levels of abscisic acid and gibberellins in leaf protoplasts competent for plant regeneration in Betula platyphylla and Populus alba
    H. Sasamoto, S. Ogita, Y. Wakita, M. Fukui
    Plant Growth Regulation 38(3) 195-201 2002年11月
  • The effects of glutamine on the maintenance of embryogenic cultures of Cryptomeria japonica
    S. Ogita, H. Sasamoto, E. C. Yeung, T. A. Thorpe
    In Vitro Cellular and Developmental Biology - Plant 37(2) 268-273 2001年10月
  • Somatic embryogenesis from immature and mature zygotic embryos of Cryptomeria japonica I: Embryogenic cell induction and its morphological characteristics
    Shinjiro Ogita
    Journal of Wood Science 45(2) 87-91 1999年12月
  • Maturation and plant recovery from embryogenic cells of Japanese larch: Effect of abscisic acid in relation to their morphology
    S. Ogita, H. Sasamoto, T. Kubo
    Journal of Forest Research 4(3) 241-244 1999年12月
  • Selection and microculture of single embryogenic cell clusters in Japanese conifers: Picea jezoensis, Larix leptolepis and Cryptomeria japonica
    Shinjiro Ogita, Hamako Sasamoto, Takafumi Kubo
    In Vitro Cellular and Developmental Biology - Plant 35(5) 428-431 1999年09月
  • Effect of L-phenylalanine on rooting of shoots from axillary buds of adult Larix leptolepis
    Shinjiro Ogita, Takafumi Kubo, Masami Fushitani
    Journal of Forest Research 2(4) 217-220 1997年12月
  • Caulogenic callus induction and adventitious bud formation from embryos of long-term stored seeds of Picea jezoensis
    Shinjiro Ogita, Takafumi Kubo, Masami Fushitani
    Journal of Forest Research 2(3) 141-145 1997年12月
  • Histological and morphological characteristics related to adventitious bud formation from calli of mature embryos in Larix leptolepis
    Shinjiro Ogita, Takafumi Kubo, Masami Fushitani
    Mokuzai Gakkaishi/Journal of the Japan Wood Research Society 42 1042-1048 1996年12月

論文等(その他)

  • HSQC NMR analysis of immature bamboo cell walls
    Chen Qu, Takao Kishimoto, Shinjiro Ogita, Masahiro Hamada, Noriyuki Nakajima
    16th International Symposium on Wood, Fiber and Pulping Chemistry - Proceedings, ISWFPC 1 13-17 2011年12月
  • Morphological features of proembryogenic masses in relation to the ability of somatic embryo formation in conifers
    Remi Nakagawa, Remi Nakagawa, Shinjiro Ogita, Ugai Watanabe, Takafumi Kubo, Ryo Funada
    Propagation of Ornamental Plants 8 50-52 2008年03月
  • 植物資源の新たな活用を目指した細胞機能の改変
    荻田 信二郎
    バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry 65(12) 590-595 2007年12月
  • 遺伝子組換え植物の展望 : GMデカフェコーヒーのその後(談話室)
    荻田 信二郎
    植物の生長調節 40(1) 106-107 2005年05月
  • ヤシ科植物のバイオテクノロジー : スリランカとインドネシアの事例
    荻田 信二郎, 山口 夕
    Sago palm 11(1) 21-25 2003年12月
  • カフェインレスコーヒー植物の分子育種
    荻田 信二郎, 上藤 洋敬, 佐野 浩
    植物の生長調節 38(1) 125-131 2003年05月
  • Endogenous plant hormones in protoplasts of embryogenic cells of conifers
    Hamako Sasamoto, Shinjiro Ogita
    Progress in Biotechnology 279-288 2001年12月
  • Efficient plant regeneration of Larix kaempferi
    Shinjiro Ogita, Hamako Sasamoto
    Progress in Biotechnology 289-296 2001年12月
  • カラマツの不定胚形成
    荻田 信二郎
    林木の育種(198) 19-24 2001年01月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • HSQC NMR analysis of immature bamboo cell walls
    Chen Qu, Takao Kishimoto, Shinjiro Ogita, Masahiro Hamada, Noriyuki Nakajima
    16th International Symposium on Wood, Fiber and Pulping Chemistry - Proceedings, ISWFPC 1 13-17 2011年12月
  • Morphological features of proembryogenic masses in relation to the ability of somatic embryo formation in conifers
    Remi Nakagawa, Remi Nakagawa, Shinjiro Ogita, Ugai Watanabe, Takafumi Kubo, Ryo Funada
    Propagation of Ornamental Plants 8 50-52 2008年03月
  • 植物資源の新たな活用を目指した細胞機能の改変
    荻田 信二郎
    バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry 65(12) 590-595 2007年12月
  • 遺伝子組換え植物の展望 : GMデカフェコーヒーのその後(談話室)
    荻田 信二郎
    植物の生長調節 40(1) 106-107 2005年05月
  • ヤシ科植物のバイオテクノロジー : スリランカとインドネシアの事例
    荻田 信二郎, 山口 夕
    Sago palm 11(1) 21-25 2003年12月
  • カフェインレスコーヒー植物の分子育種
    荻田 信二郎, 上藤 洋敬, 佐野 浩
    植物の生長調節 38(1) 125-131 2003年05月
  • Endogenous plant hormones in protoplasts of embryogenic cells of conifers
    Hamako Sasamoto, Shinjiro Ogita
    Progress in Biotechnology 279-288 2001年12月
  • Efficient plant regeneration of Larix kaempferi
    Shinjiro Ogita, Hamako Sasamoto
    Progress in Biotechnology 289-296 2001年12月
  • カラマツの不定胚形成
    荻田 信二郎
    林木の育種(198) 19-24 2001年01月

著書

  • 形質転換プロトコール
    田部井 豊(担当:分担執筆 範囲:第6章樹木 6-1コーヒー)
    化学同人 2012年 ISBN:9784759814859
  • 種子の科学とバイオテクノロジー
    種子生理生化学研究会, 原田 久也(担当:分担執筆 範囲:5章5-2カフェイン生合成系の制御)
    学会出版センター 2009年 ISBN:9784762230592
  • 図解植物分子細胞生物学
    芦原 坦, 作田 正明(担当:分担執筆 範囲:Ⅱ編1章1.1、2章2.4、2.6)
    オーム社 2004年 ISBN:4274197298
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 形質転換プロトコール
    田部井 豊(担当:分担執筆 範囲:第6章樹木 6-1コーヒー)
    化学同人 2012年 ISBN:9784759814859
  • 種子の科学とバイオテクノロジー
    種子生理生化学研究会, 原田 久也(担当:分担執筆 範囲:5章5-2カフェイン生合成系の制御)
    学会出版センター 2009年 ISBN:9784762230592
  • 図解植物分子細胞生物学
    芦原 坦, 作田 正明(担当:分担執筆 範囲:Ⅱ編1章1.1、2章2.4、2.6)
    オーム社 2004年 ISBN:4274197298

工業所有権等

  • 合理的代謝フロースイッチングした形質転換植物培養細胞及びそれを用いた生合成法
    野村 泰治, 加藤 康夫, 荻田 信二郎
    特願2013-0316502013年02月21日
  • 植物組織からのカルス及び培養細胞の誘導方法並びに形質転換細胞の作出方法
    荻田 信二郎, 加藤 康夫, 野村 泰治
    特願2012-2021382012年09月14日
  • 遺伝子組換えによるカフェインレスコーヒー植物の製造方法
    荻田 信二郎, 佐野 浩, 小泉 望, 新名 惇彦
    特願2002-2072212002年07月16日
  • コーヒー属植物の形質転換法
    荻田 信二郎, 佐野 浩, 小泉 望, 新名 惇彦
    特願2002-0887582002年03月27日

外部資金採択状況

  • チューリップの「資源作物化」を志向した有用物質生産基盤技術の開発
    :文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2016年 - 2019年 代表者 : 加藤 康夫
  • 植物二次代謝能活性化スイッチとしてのRac型GTPaseの有用物質生産への応用
    :文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2015年 - 2018年 代表者 : 黒崎 文也
  • 植物研究助成 高収量バイオマス竹稈の非破壊探索・評価技術の開発
    (財)新技術開発財団
    研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 荻田信二郎
  • 竹稈の中実化を制御する栄養生長モデルの確立と応用
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 荻田 信二郎
  • タケ培養細胞を用いた合理的代謝フロースイッチングによる有用植物二次代謝産物生産
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 加藤 康夫
  • 人工土壌作出による土壌微生物および根圏微生物の動態解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 篠原 信
  • イオン液体混合溶媒系を用いた木質バイオマスの有用物質への変換と細胞壁成分の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 岸本 崇生
  • 植物研究助成 高収量バイオマス竹稈の探索を目指した超音波探傷技術の応用 
    (財)新技術開発財団
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 荻田信二郎
  • 新規植物細胞株の樹立と応用に関する研究
    (財)富山第一銀行奨学財団
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 荻田信二郎
  • 新たな天然薬用資源としての高等植物の潜在的二次代謝能の顕在化とその応用
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2011年 - 2014年 代表者 : 黒崎 文也
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • チューリップの「資源作物化」を志向した有用物質生産基盤技術の開発
    :文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2016年 - 2019年 代表者 : 加藤 康夫
  • 植物二次代謝能活性化スイッチとしてのRac型GTPaseの有用物質生産への応用
    :文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2015年 - 2018年 代表者 : 黒崎 文也
  • 植物研究助成 高収量バイオマス竹稈の非破壊探索・評価技術の開発
    (財)新技術開発財団
    研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 荻田信二郎
  • 竹稈の中実化を制御する栄養生長モデルの確立と応用
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 荻田 信二郎
  • タケ培養細胞を用いた合理的代謝フロースイッチングによる有用植物二次代謝産物生産
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 加藤 康夫
  • 人工土壌作出による土壌微生物および根圏微生物の動態解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 篠原 信
  • イオン液体混合溶媒系を用いた木質バイオマスの有用物質への変換と細胞壁成分の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 岸本 崇生
  • 植物研究助成 高収量バイオマス竹稈の探索を目指した超音波探傷技術の応用 
    (財)新技術開発財団
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 荻田信二郎
  • 新規植物細胞株の樹立と応用に関する研究
    (財)富山第一銀行奨学財団
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 荻田信二郎
  • 新たな天然薬用資源としての高等植物の潜在的二次代謝能の顕在化とその応用
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2011年 - 2014年 代表者 : 黒崎 文也
  • アジア地域重点学術研究助成 ジャトロファ潜在的資源力の顕在化を目指した細胞工学ーメタボロミクス
    (財)平和中島財団
    研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 荻田信二郎
  • マダケ属の栄養生長モデルによる肥大および成熟機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 荻田 信二郎
  • 環境浄化および物質生産を目的とした微生物酵素の水生植物における発現と応用
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 加藤 康夫
  • フタバガキ科種(Shorea属)の多芽体および不定胚誘導法に関する研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 久保 隆文
  • 針葉樹の細胞・組織培養法開発に関する研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2001年 - 2003年 代表者 : 久保 隆文

地域貢献活動

審議会等委員

  • 2016年07月
    -
    現在
    日本植物細胞分子生物学会 代議員
  • 2015年07月
    -
    現在
    広島バイオテクノロジー推進協議会 監事
  • 2004年
    -
    現在
    日本植物細胞分子生物学会 編集委員
  • -
    現在
    竹林景観ネットワーク(BaLaNET) 運営委員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2016年07月
    -
    現在
    日本植物細胞分子生物学会 代議員
  • 2015年07月
    -
    現在
    広島バイオテクノロジー推進協議会 監事
  • 2004年
    -
    現在
    日本植物細胞分子生物学会 編集委員
  • -
    現在
    竹林景観ネットワーク(BaLaNET) 運営委員
教員個人のウェブページ URL : http://www.pu-hiroshima.ac.jp/~ogita/
※「免責事項」を必ずお読みください。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.