詳細検索はこちら

高松 亮太 タカマツ リョウタ

所属部署名国際文化学科
職名講師 研究者紹介(概要版)URLhttp://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/attachment/12082.pdf
更新日 : 2019/03/12

プロフィール

研究キーワード

    近世文学

研究分野

  • 文学 / 日本文学 / 近世文学

経歴

  • 2018年04月
    -
    現在
    広島大学 大学院 文学研究科(客員講師)
  • 2016年04月
    -
    現在
    県立広島大学 人間文化学部国際文化学科(講師)
  • 2015年04月
    -
    2017年03月
    立教大学 文学部文学科(非常勤講師)
  • 2014年10月
    -
    2016年03月
    湘北短期大学(非常勤講師)
  • 2014年04月
    -
    2016年03月
    日本学術振興会(特別研究員PD)
  • 2012年04月
    -
    2014年03月
    国文学研究資料館 研究部(機関研究員)
  • 2012年04月
    -
    2014年03月
    麻布中学校・高等学校(非常勤講師)
  • 2011年04月
    -
    2012年03月
    日本学術振興会(特別研究員DC2)
  • 2010年04月
    -
    2011年03月
    立教池袋中学校・高等学校(非常勤講師)
  • 2008年04月
    -
    2011年03月
    城北中学・高等学校(非常勤講師)

学歴

  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    立教大学 文学研究科 日本文学専攻 博士後期課程
  • 2007年04月
    -
    2010年03月
    立教大学 文学研究科 日本文学専攻 博士前期課程
  • 2003年04月
    -
    2007年03月
    國學院大學 文学部 日本文学科

所属学協会

  • 鈴屋学会
  • 和歌文学会
  • 日本文学協会
  • 日本近世文学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 鈴屋学会
  • 和歌文学会
  • 日本文学協会
  • 日本近世文学会

学位

  • 博士(文学)
  • 修士(文学)
  • 学士(文学)

研究活動

論文等(論文)

  • 栗田土満最晩年の旅―石川依平『宇津の山越』翻印―
    高松亮太・丸井貴史・網野可苗
    鯉城往来(21) 57-87 2019年01月
  • 書評・裴寛紋著『宣長はどのような日本を想像したか―『古事記伝』の「皇国」―』
    高松 亮太
    日本文学 67(3) 80-81 2018年03月 [査読有り] [招待有り]
  • 十方舎一丸『異国語』―翻印と解題―
    高松 亮太・古典講読の会
    県立広島大学人間文化学部紀要(13) 114-122 2018年03月
  • 賀茂真淵と内山真龍―『内山真龍翁関係手帖横巻』を中心に―
    高松 亮太
    鯉城往来(20) 1-17 2017年12月
  • 書評・ 近衞典子著『上田秋成新考―くせ者の文学―』
    高松 亮太
    国語と国文学 94(4) 74-79 2017年04月 [査読有り] [招待有り]
  • 『春雨物語』の「命禄」―「目ひとつの神」を論じて主題と稿本の問題に及ぶ―
    高松 亮太
    国語と国文学 93(8) 36-52 2016年08月 [査読有り]
  • 秋成の宇万伎追善―『〔宇万伎三十年忌歌巻〕』翻印と影印―
    高松 亮太
    上方文藝研究(13) 64-79 2016年06月 [査読有り]
  • 『春雨物語』「目ひとつの神」の和歌史観
    高松 亮太
    国語と国文学 92(7) 34-50 2015年07月 [査読有り]
  • 賀茂真淵の実朝研究
    高松 亮太
    国語国文 84(6) 1-20 2015年06月 [査読有り]
  • 林鮒主年譜稿―享和から天保まで―
    高松 亮太
    上方文藝研究(12) 38-52 2015年06月 [査読有り]
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • 栗田土満最晩年の旅―石川依平『宇津の山越』翻印―
    高松亮太・丸井貴史・網野可苗
    鯉城往来(21) 57-87 2019年01月
  • 書評・裴寛紋著『宣長はどのような日本を想像したか―『古事記伝』の「皇国」―』
    高松 亮太
    日本文学 67(3) 80-81 2018年03月 [査読有り] [招待有り]
  • 十方舎一丸『異国語』―翻印と解題―
    高松 亮太・古典講読の会
    県立広島大学人間文化学部紀要(13) 114-122 2018年03月
  • 賀茂真淵と内山真龍―『内山真龍翁関係手帖横巻』を中心に―
    高松 亮太
    鯉城往来(20) 1-17 2017年12月
  • 書評・ 近衞典子著『上田秋成新考―くせ者の文学―』
    高松 亮太
    国語と国文学 94(4) 74-79 2017年04月 [査読有り] [招待有り]
  • 『春雨物語』の「命禄」―「目ひとつの神」を論じて主題と稿本の問題に及ぶ―
    高松 亮太
    国語と国文学 93(8) 36-52 2016年08月 [査読有り]
  • 秋成の宇万伎追善―『〔宇万伎三十年忌歌巻〕』翻印と影印―
    高松 亮太
    上方文藝研究(13) 64-79 2016年06月 [査読有り]
  • 『春雨物語』「目ひとつの神」の和歌史観
    高松 亮太
    国語と国文学 92(7) 34-50 2015年07月 [査読有り]
  • 賀茂真淵の実朝研究
    高松 亮太
    国語国文 84(6) 1-20 2015年06月 [査読有り]
  • 林鮒主年譜稿―享和から天保まで―
    高松 亮太
    上方文藝研究(12) 38-52 2015年06月 [査読有り]
  • 上田秋成と蘆庵社中―雅交を論じて『金砂』に及ぶ―
    高松 亮太
    近世文藝(99) 73-87 2014年01月 [査読有り]
  • 林鮒主年譜稿―明和から寛政まで―
    高松 亮太
    上方文藝研究(10) 78-93 2013年06月 [査読有り]
  • 賀茂真淵自筆草稿『西かへり』の翻刻と解題
    高松 亮太
    立教大学日本文学(109) 92-103 2013年01月
  • 荒木田久老の上洛と『万葉考槻乃落葉四之巻解』の生成―秋成説の受容をめぐって―
    高松 亮太
    日本文学 61(12) 23-33 2012年12月 [査読有り]
  • 真淵紀行『西帰』の生成をめぐって 付、『冠辞考』成立管見
    高松 亮太
    鈴屋学会報(29) 1-15 2012年12月 [査読有り]
  • 実朝・宗武をめぐる秋成の活動と上方和学
    高松 亮太
    近世文藝(96) 13-26 2012年07月 [査読有り]
  • 林鮒主の和学活動と交流
    高松 亮太
    国語国文 80(11) 18-34 2011年11月 [査読有り]
  • 山地介寿研究序説―上田秋成・長瀬真幸との交流を中心に―
    高松 亮太
    立教大学日本文学(105) 113-122 2010年12月
  • 国文学研究資料館蔵『万葉集』秋成説書入考―林鮒主の講義聴聞をめぐって―
    高松 亮太
    近世文藝(92) 1-14 2010年07月 [査読有り]

論文等(その他)

  • くずし字を読む・楽しむ―桐蔭学園における出前授業を通して―
    高松 亮太
    和本リテラシーニューズ(4) 12-13 2019年01月
  • 増田嘉伸氏ご所蔵の栗田土満宛本居宣長書簡について
    高松 亮太
    嵐牛友の会便り(14) 3-3 2018年06月
  • 増田嘉伸氏ご所蔵の石川依平詠草について
    高松 亮太
    嵐牛友の会便り(12) 2-2 2018年01月
  • 嵐牛俳諧資料館所蔵の本居宣長書簡
    高松 亮太
    嵐牛友の会便り(11) 1-2 2017年11月
  • 矢口丹波記念文庫蔵書目録
    網野可苗、井上泰至、大高洋司、金田房子、紅林健志、黒石陽子、佐藤温、高松亮太、洪晟準、牧野悟資
    調査研究報告(34) 41-90 2014年03月
  • 翻刻・国立国会図書館所蔵『遊妓銘々伝』(一)
    稲葉有祐、岩谷めぐみ、坂口香惠、ビュールク・トーヴェ、當山裕美、丹羽みさと、高松亮太
    立教大学日本文学論叢(12) 63-85 2012年08月
  • (新刊紹介)加藤定彦編『『俳諧絵文匣』注解抄―江戸座画賛句の謎を解く―』
    高松 亮太
    立教大学日本文学(107) 161-162 2012年01月
  • 友甫宛俳人書簡の紹介(三)幕末期の関東俳壇事情
    稲葉有祐、加藤定彦、真島望、高松亮太
    立教大学日本文学論叢(11) 114-132 2011年08月
  • 東京大学国文学研究室蔵一冊本『判官都ばなし』解題と翻刻
    稲葉有祐、粂汐里、椎野あゆみ、島岡美奈、福田佐由利、三宅由佳、宮腰直人、目黒将史、森暁子、和田琢磨、高松亮太
    立教大学日本文学論叢(10) 57-81 2010年08月
  • 『誹諧絵文匣』注解(八)
    坂口香惠、福田佐由利、高松亮太、川北誠、加藤定彦
    立教大学日本文学論叢(10) 160-181 2010年08月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • くずし字を読む・楽しむ―桐蔭学園における出前授業を通して―
    高松 亮太
    和本リテラシーニューズ(4) 12-13 2019年01月
  • 増田嘉伸氏ご所蔵の栗田土満宛本居宣長書簡について
    高松 亮太
    嵐牛友の会便り(14) 3-3 2018年06月
  • 増田嘉伸氏ご所蔵の石川依平詠草について
    高松 亮太
    嵐牛友の会便り(12) 2-2 2018年01月
  • 嵐牛俳諧資料館所蔵の本居宣長書簡
    高松 亮太
    嵐牛友の会便り(11) 1-2 2017年11月
  • 矢口丹波記念文庫蔵書目録
    網野可苗、井上泰至、大高洋司、金田房子、紅林健志、黒石陽子、佐藤温、高松亮太、洪晟準、牧野悟資
    調査研究報告(34) 41-90 2014年03月
  • 翻刻・国立国会図書館所蔵『遊妓銘々伝』(一)
    稲葉有祐、岩谷めぐみ、坂口香惠、ビュールク・トーヴェ、當山裕美、丹羽みさと、高松亮太
    立教大学日本文学論叢(12) 63-85 2012年08月
  • (新刊紹介)加藤定彦編『『俳諧絵文匣』注解抄―江戸座画賛句の謎を解く―』
    高松 亮太
    立教大学日本文学(107) 161-162 2012年01月
  • 友甫宛俳人書簡の紹介(三)幕末期の関東俳壇事情
    稲葉有祐、加藤定彦、真島望、高松亮太
    立教大学日本文学論叢(11) 114-132 2011年08月
  • 東京大学国文学研究室蔵一冊本『判官都ばなし』解題と翻刻
    稲葉有祐、粂汐里、椎野あゆみ、島岡美奈、福田佐由利、三宅由佳、宮腰直人、目黒将史、森暁子、和田琢磨、高松亮太
    立教大学日本文学論叢(10) 57-81 2010年08月
  • 『誹諧絵文匣』注解(八)
    坂口香惠、福田佐由利、高松亮太、川北誠、加藤定彦
    立教大学日本文学論叢(10) 160-181 2010年08月
  • 『誹諧絵文匣』注解(七)
    後藤潤、吉橋さやか、高松亮太、河村真以、ビュールク・トーヴェ、志田真澄、稲葉有祐、川北誠
    立教大学日本文学論叢(9) 137-168 2009年08月
  • 立教大学図書館新座保存書庫所蔵古典籍目録
    安原眞琴、稲葉有祐、高松亮太
    立教大学日本文学論叢(9) 228-236 2009年08月
  • 東京大学国文学研究室蔵三冊本『判官都ばなし』翻刻
    稲葉有祐、粂汐里、椎野あゆみ、島岡美奈、マシュー・トンプソン、三宅由佳、宮腰直人、目黒将史、森暁子、和田琢磨、高松亮太
    立教大学日本文学論叢(8) 19-63 2008年08月
  • 『誹諧絵文匣』注解(六)
    サンチェーズ・トニー、加藤定彦、高松亮太、原田雅人、稲葉有祐、坂口香惠
    立教大学日本文学論叢(8) 114-136 2008年08月

著書

  • 怪異を読む・書く
    木越治・勝又基(編)(担当:共著 範囲:『小萬畠雙生種蒔』考―二ツ岩団三郎の怪談と読本―(pp.403-422))
    国書刊行会 2018年11月 ISBN:4336063206
  • 動物怪談集 (江戸怪談文芸名作選)
    近衞典子, 高松亮太, 網野可苗, 田丸真理子, 小笠原広安(編)(担当:共著 範囲:谷川琴生糸『怪談記野狐名玉』翻印・校訂・解説(pp,175-241))
    国書刊行会 2018年10月 ISBN:433606038X
  • ひらかれる源氏物語
    岡田貴憲・桜井宏徳・須藤圭(編)(担当:共著 範囲:二次創作から読む『源氏物語』―宣長と秋成の作中人物論―(pp.219-240))
    勉誠出版 2017年11月 ISBN:4585291547
  • 江戸時代の社会・風俗がわかる 浮世草子大事典
    長谷川強(監修)・『浮世草子大事典』編集委員会(編)(担当:分担執筆 範囲:上田秋成『世間妾形気』、永井堂亀友『世間姑気質』、同『世間仲人気質』)
    笠間書院 2017年10月 ISBN:4305708477
  • 秋成論攷―学問・文芸・交流―
    高松 亮太(担当:単著 範囲:)
    笠間書院 2017年02月 ISBN:4305708388
  • 上田秋成研究事典
    秋成研究会(編)(担当:共著 範囲:「歌のほまれ」(pp.121-124)、「文献ガイド」(pp.376-416))
    笠間書院 2016年01月 ISBN:430570790X
  • 和歌文学大辞典
    『和歌文学大辞典』編集委員会 (編)(担当:分担執筆 範囲:「顕孝」「顕忠」「亜元」「意誠」「磯丸」「景見」「輝声」「季文」「享寿」「源栄」「玄脩」「玄如」「古風」「伊光」「自休」「重年」「敬親」「為理」「為則」「為仙」「為泰」「修平」「矩子」「紀成」「治済」「古香」「光雄」「宗城」「安子」「安喜」「慶邦」「可官」「義直」「蓮月」の34項目)
    古典ライブラリー 2014年12月
  • 特別展「ふるさとの俳人嵐牛とその仲間たち―芭蕉から十湖まで―」展示目録解説
    加藤定彦・倉島利仁・高松亮太(担当:分担執筆 範囲:「方救和歌自画賛」「道の記」「依平筆 賀伊藤氏寿新宅歌」「依平・久胤両筆 和歌扇面」「柳園詠草」(pp.3-4))
    掛川市立大東図書館 2014年08月
  • 江戸吉原叢刊 第7巻 吉原細見
    江戸吉原叢刊刊行会(編)(担当:共著 範囲:「吉原細見吉原燕」「細見多知姿」「吉原細見入相乃花」「数粋の盞興」「細見里慈童」「吉原細見福濫雀」解題(pp.493-501))
    八木書店 2011年08月 ISBN:4840697574
  • 江戸吉原叢刊 第1巻 遊女評判記1・元和~寛文
    江戸吉原叢刊刊行会(編)(担当:共著 範囲:「そゞろ物語」翻刻・解題(pp.21-44、pp.488-489))
    八木書店 2010年03月 ISBN:4840697515
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 怪異を読む・書く
    木越治・勝又基(編)(担当:共著 範囲:『小萬畠雙生種蒔』考―二ツ岩団三郎の怪談と読本―(pp.403-422))
    国書刊行会 2018年 11月 ISBN:4336063206
  • 動物怪談集 (江戸怪談文芸名作選)
    近衞典子, 高松亮太, 網野可苗, 田丸真理子, 小笠原広安(編)(担当:共著 範囲:谷川琴生糸『怪談記野狐名玉』翻印・校訂・解説(pp,175-241))
    国書刊行会 2018年 10月 ISBN:433606038X
  • ひらかれる源氏物語
    岡田貴憲・桜井宏徳・須藤圭(編)(担当:共著 範囲:二次創作から読む『源氏物語』―宣長と秋成の作中人物論―(pp.219-240))
    勉誠出版 2017年 11月 ISBN:4585291547
  • 江戸時代の社会・風俗がわかる 浮世草子大事典
    長谷川強(監修)・『浮世草子大事典』編集委員会(編)(担当:分担執筆 範囲:上田秋成『世間妾形気』、永井堂亀友『世間姑気質』、同『世間仲人気質』)
    笠間書院 2017年 10月 ISBN:4305708477
  • 秋成論攷―学問・文芸・交流―
    高松 亮太(担当:単著 範囲:)
    笠間書院 2017年 02月 ISBN:4305708388
  • 上田秋成研究事典
    秋成研究会(編)(担当:共著 範囲:「歌のほまれ」(pp.121-124)、「文献ガイド」(pp.376-416))
    笠間書院 2016年 01月 ISBN:430570790X
  • 和歌文学大辞典
    『和歌文学大辞典』編集委員会 (編)(担当:分担執筆 範囲:「顕孝」「顕忠」「亜元」「意誠」「磯丸」「景見」「輝声」「季文」「享寿」「源栄」「玄脩」「玄如」「古風」「伊光」「自休」「重年」「敬親」「為理」「為則」「為仙」「為泰」「修平」「矩子」「紀成」「治済」「古香」「光雄」「宗城」「安子」「安喜」「慶邦」「可官」「義直」「蓮月」の34項目)
    古典ライブラリー 2014年 12月
  • 特別展「ふるさとの俳人嵐牛とその仲間たち―芭蕉から十湖まで―」展示目録解説
    加藤定彦・倉島利仁・高松亮太(担当:分担執筆 範囲:「方救和歌自画賛」「道の記」「依平筆 賀伊藤氏寿新宅歌」「依平・久胤両筆 和歌扇面」「柳園詠草」(pp.3-4))
    掛川市立大東図書館 2014年 08月
  • 江戸吉原叢刊 第7巻 吉原細見
    江戸吉原叢刊刊行会(編)(担当:共著 範囲:「吉原細見吉原燕」「細見多知姿」「吉原細見入相乃花」「数粋の盞興」「細見里慈童」「吉原細見福濫雀」解題(pp.493-501))
    八木書店 2011年 08月 ISBN:4840697574
  • 江戸吉原叢刊 第1巻 遊女評判記1・元和~寛文
    江戸吉原叢刊刊行会(編)(担当:共著 範囲:「そゞろ物語」翻刻・解題(pp.21-44、pp.488-489))
    八木書店 2010年 03月 ISBN:4840697515

受賞

  • 2018年10月 国文学研究資料館賛助会 第11回日本古典文学学術賞
  • 2010年03月 立教大学 第3回立教大学文学部百周年記念賞(最優秀修士論文部門)
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2018年10月 国文学研究資料館賛助会 第11回日本古典文学学術賞
  • 2010年03月 立教大学 第3回立教大学文学部百周年記念賞(最優秀修士論文部門)

外部資金採択状況

  • 在静岡資料の調査を基盤とした近世和学に関する基礎研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2017年 - 2021年 代表者 : 高松 亮太
  • 近世中後期和学研究――真淵学の受容と展開を中心に――
    日本学術振興会:科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
    研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 高松 亮太
  • 賀茂真淵の『金槐和歌集』評注とその受容に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
    研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 高松 亮太
  • 上田秋成を中心とした和学者研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
    研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 高松 亮太
  • 上田秋成文芸と秋成を中心とした和学者の研究
    立教大学:学術推進特別重点資金(立教SFR)
    研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 高松 亮太
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 在静岡資料の調査を基盤とした近世和学に関する基礎研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2017年 - 2021年 代表者 : 高松 亮太
  • 近世中後期和学研究――真淵学の受容と展開を中心に――
    日本学術振興会:科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
    研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 高松 亮太
  • 賀茂真淵の『金槐和歌集』評注とその受容に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
    研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 高松 亮太
  • 上田秋成を中心とした和学者研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
    研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 高松 亮太
  • 上田秋成文芸と秋成を中心とした和学者の研究
    立教大学:学術推進特別重点資金(立教SFR)
    研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 高松 亮太

地域貢献活動

審議会等委員

  • 2017年12月
    -
    現在
    日本文学協会 委員
  • 2017年04月
    -
    現在
    国文学研究資料館 地域資料研究部会委員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2017年12月
    -
    現在
    日本文学協会 委員
  • 2017年04月
    -
    現在
    国文学研究資料館 地域資料研究部会委員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.