教員活動情報公開システム

吉田 倫子 (ヨシダ ノリコ)

■所属部署名: 人間福祉学科/保健福祉学科 人間福祉学コース 
■職名: 講師 
■研究者紹介(概要版)URL: http://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/attachment/12296.pdf
更新日: 2021/06/16

研究者情報

学位

  • 修士(工学)
  • 工学学士

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 空き家   バリアフリー   観光   重要伝統的建造物群保存地区   文化財   町並み保存   

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画
  • 人文・社会 / 社会福祉学

経歴

  • 2013年  県立広島大学保健福祉学部助教

所属学協会

  • 日本民俗建築学会   日本福祉のまちづくり学会   日本都市計画学会   日本建築学会   

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

MISC

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2013年 -2015年 
    代表者 : 吉田 倫子
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 吉田 倫子
     
    文化財保護と障害者福祉の公共性に差異があることを認め、城郭のバリアフリー整備の現状と可能性を明らかにした。(1)多くの城郭でバリアフリー整備を検討しているが、地形や建物の特性により実際のバリアフリーは行われていない。(2)文化財の保存にかかわらない方法(人的介助等)でバリアを解消しようとしている。(3)バリアフリー整備の4つの条件は、歴史的行事を理由に、期間を限定して、仮設の工事で、対象者を限定して、である。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 吉田 倫子
     
    景観保存を目的に選定された重要伝統的建造物群保存地区(以下、伝建地区)は過疎化、高齢化、産業の衰退等の問題により、多くの空き家を抱えている。しかし、空き家の実態、空き家所有者の実態は充分に把握されていない。空き家化のメカニズム、空き家所有者の保存意識や管理実態を明らかにし、空き家活用の可能性を探るとともに、空き家の外観が町並みに与える影響を探ることを本研究の目的とする。そこで、広島県竹原町並み保存地区(以下、竹原地区)を事例として取り上げる。本年度研究調査は、竹原地区内の住宅の登記簿を基に空き家の権利状況等を、加えて修理修景の実態を見る。また、現居住者へのアンケートにより空き家に対する意識調査を行った。空き家の現状については、全国の伝建地区と比較すると、竹原地区の空き家率(全建物に対する空き家の割合)は低くないものの、全体の2割と地区内としては空き家が多くを占めている。また、不動産権利移転原因と空き家との関連性は見られない。また、空き家権利者は、地区外権利者である割合が高くなっている。空き家と建物の規模の関係を見ると、規模は比較的小さいものの、地区全体の割合から見れば一般的な規模であり、規模の大小と空き家の発生には関係が見られない。町並みへの影響については、修理修景の有無へは、空き家は影響しておらず、空き家であっても修理修景されている割合が高いことがわかった。しかし、空き家で...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 間野 博; 吉田 倫子; 石丸 紀興
     
    (1)典型地区における資産意識調査典型地区として広島県竹原地区を選び、空き家化・資産放棄(売却)の原因として、(1)注宅の古さからくる「住みにくさ」、(2)「駐車スペース確保の困難さ」を取り上げ、現地調査とアンケート調査によって、それらの詳細と住民の評価を分析した。住宅の古さでは、台所・風呂・便所等の「水回り」については改造されて問題は少なく、床座・間取り・建て付け・段差等の「家の造り」の所に問題がある。駐車スペースでは、屋内車庫の要求が強いが、スペースの有無・改造費用・伝建地区としての規制がネックとなっている。(2)典型地区における資産の現状と動向調査竹原地区において、固定資産台帳と登記簿謄本のデータと、「修理」「修景」等住宅改造実態データによって、資産状況が町並み保全に与える影響について明らかにした。地区指定後20年たった今日、世代変わりがかなりあるが、相続によって引き継がれてきた資産保全がかなり崩れ、「放棄」(売買)による新地権者が増えてきている。そして、新地権者より旧地権者の方が保存意識も高く、「修理」「修景」にも積極的である。従って、旧地権者の後継者がいかに資産を売らずに済み、引き継ぐことができるか、が重要である。(3)町並み保存先進国との比較による今後の方策の検討英国における居住地型保全地区であるボーンビル地区で住民アンケートを行い、竹原地区と比較した。竹原地区で...


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.