教員活動情報公開システム

飯田 忠行 (イイダ タダユキ)

■所属部署名: 理学療法学科/保健福祉学科 理学療法学コース 生命システム科学専攻 保健福祉学専攻 学術情報センター 附属診療センター 
■職名: 三原センター長 教授          
■研究者紹介(概要版)URL: http://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/attachment/12058.pdf
更新日: 2021/06/16

研究者情報

学位

  • 医学博士
  • 生活科学修士
  • 診療放射線技術学学士

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • ストレス   大腿骨   骨代謝マーカー   女性ホルモン   骨密度   エストロゲン   腰椎   IgA   Biopyrrin   セロトニン   DXA   食事   若年   8-OH-dG   女性   OC   月経   STAI   消費エネルギー   不安   身体的負荷   DPD   YG   抑うつ症状   骨形成   NTX   PINP   精神的負担   コルチゾール   人間工学   メンタルストレス   被曝線量(患者被曝線量)   福祉工学   骨粗鬆症   Infomation and System in Education   Report of Bone mineral density   Exposure Dose (patient dose)   

現在の研究分野(キーワード)

    http://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/attachment/7932.pdf

研究分野

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学
  • 人文・社会 / 家政学、生活科学
  • 人文・社会 / 家政学、生活科学
  • 人文・社会 / 図書館情報学、人文社会情報学

経歴

  • 2017年04月 - 現在  県立広島大学保健福祉学部教授
  • 2014年 - 2017年03月  県立広島大学保健福祉学部准教授
  • 2008年 - 2014年  藤田保健衛生大学コンピュータ学習室室員
  • 2008年 - 2014年  藤田保健衛生大学コンピュータ学習室運営委員
  • 2008年 - 2014年  藤田保健衛生大学 医学部 公衆衛生学 講師
  • 2004年 - 2007年  藤田保健衛生大学 医学部 公衆衛生学 助手
  • 2001年 - 2004年  広島県立保健福祉大学情報センター職員(兼務)Informational Center
  • 2000年 - 2004年  広島県立保健福祉大学附属診療センター 診療業務 (兼務)Health Center
  • 2000年 - 2004年  広島県立保健福祉大学保健福祉学部放射線学科助手Faculty of Health Sciences, Department of Radiological Sciences
  • 1995年 - 2002年  広島県立保健福祉短期大学放射線技術科学科助手
  • 1997年 - 2001年  広島県立保健福祉短期大学地域情報ネットワーク開発室業務
  • 1995年 - 2000年  広島県立保健福祉大学 実践指導センター 診療業務
  • 1994年 - 1995年  山口大学医学部附属病院放射線部[診療放射線技師]Radiology, Hospital
  • 1994年 - 1994年  山口大学医学部附属病院放射線部[診療放射線技師助手]Radiology, Hospital

学歴

  • 2004年 - 現在   藤田保健衛生大学   大学院医学研究科   博士(医学)
  •         - 2002年   県立広島女子大学   生活科学研究科   健康環境専攻
  •         - 1995年   藤田保健衛生大学   衛生学部   診療放射線技術学科
  •         - 1995年   藤田医科大学   Faculty of Hygienic Science

所属学協会

  • 日本産業衛生学会   日本老年医学会   日本臨床化学会   日本栄養改善学会   日本骨粗鬆症学会   日本放射線技師会   日本放射線技術学会   

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

作品等

  • 日本人渡航者のワクチン接種に向けた課題
    2007年
  • Windows版障害者向けソフトキーボードの開発
    2003年
  • Linux版障害者向けソフトキーボードの開発
    2003年
  • 若年成人女性の生活習慣と骨密度・骨代謝マーカー・女性ホルモンの縦断的比較検討
    2003年
  • 年代間の生活習慣骨密度,骨代謝マーカーの縦断的比較検討-食事療法,運動療法の効果-
    2001年
  • 講義規模に対応した遠隔講義システムの機器構成とその活用に関する研究
    2000年
  • 若年成人女性の身体的・精神的ストレスと骨密度・骨関連生理機能の縦断的比較検討
    2000年

MISC

  • アミューズメントと運動を併用した複合型プログラムが主観的幸福感に及ぼす影響 地域高齢者を対象とした6ヵ月間の介入試験
    川畑 なみ; 飯田 忠行; 宮口 英樹; 國重 雅史; 石附 智奈美; 橋本 弘子; 伊藤 康宏; 原田 俊英 日本老年医学会雑誌 56 (4) 565 -565 2019年10月
  • 積山 和加子; 田中 聡; 飯田 忠行; 佐藤 勇太; 藤原 成美; 香川 広美; 古西 恭子 理学療法科学 34 (5) 653 -659 2019年10月
  • 広島県大崎上島町における日常的なレモン摂取量と骨密度および疲労感に関する1年間の観察研究
    飯田 忠行; 中村 寧子; 平光 正典; 土屋 淳一; 青井 聡美; 池田 ひろみ; 中村 剛; 高田 幸典; 原田 俊英 New Diet Therapy 35 (2) 172 -172 2019年09月
  • 高齢のKartagener症候群と遺伝的検査所見との関係(Relationship between Characteristics of Genetic Study and Kartagener Syndrome of Elderly People)
    Nitta Kohsaku; Harada Toshihide; Ishizaki Fumiko; Nitta Yumiko; Miki Yumiko; Hayama Miwa; Ito Shoji; Miyazaki Hiroyuki; Aoi Satomi; Ikeda Hiromi; Iida Tadayuki; Ando Juko; Ito Makoto; Asakura Yuka International Medical Journal 26 (4) 316 -317 2019年08月
  • 後期発症家族性大型甲状腺嚢胞の特徴と吸引療法との関係(Relationship between the Characteristics of a Late-Onset Familial Giant Thyroid Cyst and Aspiration Treatment)
    Harada Toshihide; Ishizaki Fumiko; Nitta Yumiko; Miki Yumiko; Hayama Miwa; Ito Shoji; Miyazaki Hiroyuki; Aoi Satomi; Ikeda Hiromi; Iida Tadayuki; Ando Juko; Nitta Kohsaku International Medical Journal 26 (4) 318 -320 2019年08月
  • 高齢患者における症状の特徴と食道裂孔ヘルニアとの関係性(Relationship between the Characteristics of Symptoms and Esophageal Hiatal Hernia in Aged Patients)
    Harada Toshihide; Ishizaki Fumiko; Nitta Yumiko; Miki Yumiko; Hayama Miwa; Ito Shoji; Miyazaki Hiroyuki; Aoi Satomi; Ikeda Hiromi; Iida Tadayuki; Ando Juko; Nitta Kohsaku International Medical Journal 26 (2) 84 -85 2019年04月
  • 腎機能低下患者への適用のためにSingle-source Dual-energy CTを用いた造影剤減量の試み(An Attempt to Reduce the Contrast Medium Using Single-Source Dual-Energy Computed Tomography for Application to Patients with Decreased Renal Function)
    Tsukamoto Tomokatsu; Iida Tadayuki; Takahata Takashi; Sugimoto Takashi; Sato Tomoshige; Nishihara Keisuke; Mesaki Kazunari; Mori Hiroki International Medical Journal 26 (2) 101 -105 2019年04月
  • ハイレゾルーションおよびハイカットオルゴールオーディオの平衡への影響(Impacts of High-Resolution and High-Cut Music Box Audio on Balance)
    Harada Toshihide; Aonaka Jyunnya; Miyazaki Hiroyuki; Ishizaki Fumiko; Kodama Yuko; Ito Shoji; Nitta Yumiko; Miki Yumiko; Yamamoto Ryuta; Niyada Katsuyuki; Aoi Satomi; Ikeda Hiromi; Iida Tadayuki; Suehiro Kenji; Nitta Kohsaku International Medical Journal 26 (2) 118 -121 2019年04月
  • Tadayuki Iida; Rio Nishioka; Nami Kawabata; Masafumi Kunishige; Ayaka Tagawa; Karin Iida; Ko Shingu; Makiko Sameshima; Yasuhiro Ito; Toshihide Harada International Medical Journal 26 (1) 43 -45 2019年02月 [査読有り]
  • Toshihide Harada; Fumiko Ishizaki; Yumiko Nitta; Yumiko Miki; Hideaki Numamoto; Miwa Hayama; Shoji Ito; Hiroyuki Miyazaki; Satomi Aoi; Hiromi Ikeda; Tadayuki Iida; Juko Ando; Masato Kobayashi; Ito Makoto; Tsuneshi Sugawara; Kohji Nakabeppu; Kohsaku Nitta International Medical Journal 26 (5) 405 -408 2019年 [査読有り]
  • Toshihide Harada; Fumiko Ishizaki; Yumiko Miki; Yumiko Nitta; Miwa Hayama; Jyunnya Aonaka; Yuko Kodama; Shoji Ito; Ryuta Yamamoto; Katsuyuki Niyada; Hiroyuki Miyazaki; Satomi Aoi; Hiromi Ikeda; Tadayuki Iida; Hanayo Hiroto; Juko Ando; Kohsaku Nitta International Medical Journal 26 (5) 438 -439 2019年 [査読有り]
  • 地域在住高齢者を対象としたアミューズメントと有酸素運動を併用した認知症予防プログラムの効果 12ヵ月間の介入による検討
    國重 雅史; 石附 智奈美; 飯田 忠行; 川畑 なみ; 福田 浩士; 橋本 弘子; 原田 俊英; 宮口 英樹 日本認知症予防学会誌 8 (1) 21 -28 2018年08月
  • 女子学生における睡眠中の気分状態プロファイルと自律神経系活性の関連(Association between the Profile of Mood States and Autonomic Nervous System Activity during Sleep in Female Students)
    Iida Tadayuki; Kunishige Masafumi; Ito Yasuhiro; Tatsumi Asami; Nagaoka Kaoru; Ezoe Satoko; Harada Toshihide International Medical Journal 25 (1) 66 -66 2018年02月
  • 末梢血管代謝性変化とハンドグリップ運動の関連性(Relationship between Peripheral Vascular Metabolic Change and Handgrip Exercise)
    Harada Toshihide; Yamamoto Shyota; Fujita Tomoteru; Ishizaki Fumiko; Nitta Yumiko; Ito Shoji; Niyada Katsuyuki; Aoi Satomi; Ikeda Hiromi; Hiroto Hanayo; Nakamura Satoru; Takigawa Atsushi; Yoshida Akira; Iida Tadayuki; Nitta Kohsaku International Medical Journal 24 (4) 321 -323 2017年08月
  • Iida Tadayuki; Inoue Ken; Kawabata Nami; Yamamura Yuumi; Sato Tsubasa; Miyagi Anri; Ito Yasuhiro; Ishikawa Hiroaki; Nagaoka Kaoru; Harada Toshihide; Ezoe Satoko 聖マリアンナ医学研究誌 17 18 -22 2017年03月
  • Hiromi Ikeda; Tadayuki Iida; Masanori Hiramitsu; Takashi Inoue; Miki Okada; Kazuhiko Yoshikawa; Toshihiko Goto; Shizuka Shigematu; Masae Watanabe; Yoshio Kanbara; Saori Kita; Kazuya Kunimura; Toshihide Harada International Medical Journal 24 (3) 279 -283 2017年 [査読有り]
  • Tadayuki Iida; Shiori Takahashi; Masaki Hasegawa; Mitsuhisa Shiokawa; Satoshi Tanaka; Hiromi Ikeda; Satomi Aoi; Chiho Chikamura; Fumiko Ishizaki; Toshihide Harada International Medical Journal 24 (3) 284 -287 2017年 [査読有り]
  • Toshihide Harada; Fumiko Ishizaki; Shoji Ito; Satomi Aoi; Marina Miyaguchi; Hiromi Ikeda; Yumiko Nitta; Mikako Mibu; Tadayuki Iida; Chiho Chikamura; Noriko Tamura; Kohsaku Nitta International Medical Journal 24 (1) 31 -33 2017年 [査読有り]
  • Tadayuki Iida; Ken Inoue; Yasuhiro Ito; Hiroaki Ishikawa; Miwa Kagiono; Chiho Chikamura; Kaoru Nagaoka; Toshihide Harada; Ryoji Teradaira International Medical Journal 24 (1) 34 -38 2017年 [査読有り]
  • 70歳以上の高齢者または青少年の行方不明を防ぐための迅速な対策の必要性 認知症、他の疾病、家族問題によって生じた行動に対処するための特異的対策を考案する重要性(The Need for Prompt Measures to Prevent People Age 70 or Over and Juveniles and Adolescents from Going Missing: the Importance of Devising Specific Measures to Deal with Behavior Caused by Dementia, Other Illnesses, or Family Problems)
    Inoue Ken; Fujita Yasuyuki; Takeshita Haruo; Yamamura Yuumi; Fujita Yoshitsugu; Moriwaki Shigeto; Iida Tadayuki; Sampei Mari; Ezoe Satoko; Miyaoka Tsuyoshi; Horiguchi Jun; Okazaki Yuji; Fukunaga Tatsushige; Takeichi Nobuo; Hoshi Masaharu; Noso Yoshihiro International Medical Journal 23 (6) 641 -643 2016年12月
  • 中高年の日常生活と栄養に関する調査
    新田由美子; 田村典子; 原田俊英; 飯田忠行; 青井里見; 池田ひろみ; 近村千穂; 新田耕作; 石崎文子; 宮内英樹 鈴峯女子短期大学人文社会科学研究集報 63 185 -192 2016年12月
  • Iida Tadayuki; Inoue Ken; Kunishige Masafumi; Kanazashi Miho; Yamamura Yuumi; Kanaya Sumire; Shimizu Miyuki; Ito Yasuhiro; Nagaoka Kaoru; Harada Toshihide; Ezoe Satoko 聖マリアンナ医学研究誌 16 25 -29 2016年03月
  • Inoue Ken; Fukunaga Tatsushige; Masaki Mina; Iida Tadayuki; Wakatsuki Toru; Miyaoka Tsuyoshi; Hashioka Sadayuki; Wake Rei; Tanaka Ippei; Fujita Yoshitsugu; Takeshita Haruo; Fujita Yasuyuki; Horiguchi Jun; Okazaki Yuji 聖マリアンナ医学研究誌 15 40 -43 2015年03月
  • Inoue Ken; Miyaoka Tsuyoshi; Takeshita Haruo; Iida Tadayuki; Wakatsuki Toru; Fujita Yoshitsugu; Hashioka Sadayuki; Wake Rei; Tanaka Ippei; Ezoe Satoko; Fujita Yasuyuki; Fukunaga Tatsushige; Okazaki Yuji; Horiguchi Jun 聖マリアンナ医学研究誌 15 44 -48 2015年03月
  • 毛髪中のコルチゾール抽出条件に関する実験的研究
    間瀬 純治; 太田 充彦; 飯田 忠行; 八谷 寛 産業衛生学雑誌 56 (臨増) 553 -553 2014年05月
  • Toshihide Harada; Satomi Aoi; Hiromi Ikeda; Fumiko Ishizaki; Yumiko Nitta; Mikako Mibu; Akira Sakai; Noriko Tamura; Chiho Chikamura; Tadayuki Iida; Mitsuhisa Shiokawa; Satoru Nakamura; Kohsaku Nitta; Akira Yoshida International Medical Journal 21 (2) 233 -234 2014年04月 [査読有り]
  • 毛髪中のコルチゾール抽出および測定に関する基礎的実験
    間瀬 純治; 太田 充彦; 飯田 忠行; 八谷 寛 産業衛生学雑誌 56 (2) 62 -62 2014年03月
  • 中高年女性における末梢循環および代謝の夏季・冬季間の比較(Comparison of Peripheral Circulation and Metabolism between Summer and Winter in Middle-Aged and Elderly Females)
    Aoi Satomi; Harada Toshihide; Ishizaki Fumiko; Ikeda Hiromi; Tamura Noriko; Iida Tadayuki; Nitta Yumiko; Chikamura Chiho; Shiokawa Mitsuhisa; Nitta Kohsaku International Medical Journal 21 (1) 2 -4 2014年02月
  • Inoue Ken; Fukunaga Tatsushige; Okazaki Yuji; Fujita Yoshitsugu; Iida Tadayuki; Tatebayashi Haruhiko; Moriwaki Shigeto; Uchida Takeshi; Funo Yoshihito; Murakami Yuko; Matsuchika Maki; Fujita Yasuyuki Shimane Journal of Medical Science 30 (1) 37 -45 2013年11月
  • 新職業性ストレス簡易調査票のワークエンゲイジメント、職場の一体感および職場のハラスメントと心身の健康状態、満足度の関連
    間瀬 純治; 太田 充彦; 井上 顕; 飯田 忠行; 堤 明純; 八谷 寛; 小野 雄一郎 産業衛生学雑誌 55 (臨増) 569 -569 2013年05月
  • 若年女性の抑うつ症状と尿中8-hydroxy-2'deoxyguanosine(8-OHdG)の関連 月経周期を考慮した検討
    飯田 忠行; 井上 顕; 太田 充彦; 間瀬 純治; 八谷 寛 産業衛生学雑誌 55 (臨増) 574 -574 2013年05月
  • Ito Yasuhiro; Nakayama Ai; Kanbe Homi; Kato Miwako; Saito Yoko; Adachi Marie; Kondo Naoki; Iida Tadayuki 生物試料分析 36 (2) 181 -185 2013年03月
  • 月経周期別にみた若年女性における抑うつ症状の有無による尿中8-OH-dG量の比較
    飯田 忠行; 伊藤 康宏; 井上 顕; 石川 浩章; 寺平 良治; 近村 千穂; 八谷 寛 日本衛生学雑誌 68 (Suppl.) S160 -S160 2013年03月
  • Taki Yasumi; Iida Tadayuki; Nakayama Meiho; Nakagami Yasushi; Maruta Kazuhiro; Teradaira Ryoji; Ito Yasuhiro 生物試料分析 35 (3) 234 -240 2012年06月
  • 近村 千穂; 石崎 文子; 青井 聡美; 池田 ひろみ; 飯田 忠行; 片岡 健; 小林 敏生 日本看護研究学会雑誌 34 (3) 3_273 -3_273 2011年
  • Junji Mase; Atsuhiko Ota; Ken Inoue; Tadayuki Iida; Akizumi Tsutsumi; Yuichiro Ono INTERNATIONAL JOURNAL OF BEHAVIORAL MEDICINE 17 (SUPPL 1) 198 -199 2010年08月
  • Junji Mase; Atsuhiko Ota; Ken Inoue; Tadayuki Iida; Akizumi Tsutsumi; Yuichiro Ono INTERNATIONAL JOURNAL OF BEHAVIORAL MEDICINE 17 198 -199 2010年08月
  • K. Inoue; T. Fukunaga; Y. Fujita; T. Iida; Y. Okazaki; Y. Ono The West Indian medical journal 59 (3) 344 2010年06月
  • 神経疾患と骨代謝
    石崎文子; 砂屋敷忠; 村田芳夫; 飯田忠行; 原田俊英; 小林矩 CLINICAL CALCIUM 20 59 -67 2010年
  • The relationship between factors associated with arteriosclerosis/dementia screening test and osteoporosis in post-menopausal women.
    Aoi S; Ishizaki F; Iida T; Chikamura C; Ikeda H; Tamura N; Harada T Clin Neurophysiol 2 (1) 208 2010年
  • Correlations between walking exercise and each BMP, muscle volume, fluctuation of the center of qravity, and dementiain middle-aged and elderly women.
    Iked H; Ishizaki F; Shinokawa M; Iida T; Aoi S; Chikamura C; Tamaru N; Harada T; Koyama t Clin Neurophysiol 121 (1) 207 2010年
  • Iida Tadayuki; Chikamura Chiho; Ishikawa Hiroaki; Koyama Tadashi; Aoi Satomi; Ikeda Hiromi; Katada Kazuhiro; Ono Yuichiro; Ishizaki Fumiko 生物試料分析 32 (4) 313 -319 2009年09月
  • 近村千穂; 片岡健; 小林敏生; 石崎文子; 青井聡美; 池田ひろみ; 飯田忠行 日本看護研究学会雑誌 31 (3) 291 2008年07月
  • 日本の男性中年層における自殺予防対策に向けての考察
    井上 顕; 横山 和仁; 飯田 忠行; 太田 充彦; 間瀬 純治; 小野 雄一郎 産業衛生学雑誌 50 (臨増) P2019 -P2019 2008年03月
  • 近村 千穂; 片岡 健; 小林 敏生; 石崎 文子; 青井 聡美; 池田 ひろみ; 飯田 忠行 日本看護研究学会雑誌 31 (3) 3_291 -3_291 2008年
  • 三次元ジャイロセンサを用いた体幹傾斜角と回転角の測定(Measurement of angles of trunk inclination and rotation by use of 3D gyro sensor)
    Hiruta Shuichi; Shimaoka Midori; Kasuya Yosuke; Ono Yuichiro; Imaeda Toshihiko; Iida Tadayuki Journal of Human Ergology 35 (1-2) 55 -55 2006年12月
  • Comparison of the amount of absorbed dose using the DEXA for lumbar spine bone mineral density measurement
    Bulletin of Hiroshima Prefectural College of Health and Welfare. 5 (1) 43 -48 2000年
  • Tadayuki IIDA; Tadashi SUNAYASHIKI; Atsushi TAKIGAWA; Syozo SAWADA; Tadashi KOYAMA; Noriko TAMURA; Shigehisa FUJII; Sukehiko KOGA RADIOISOTOPES 48 (9) 577 -583 1999年
  • Influence of the distance between lambar vertebrae and examination table to the bone mineral density(BMD)value
    Bulletin of Hiroshima Prefectural College of Health and Welfare 4 (2) 7 -13 1999年
  • Research of cogntive aspects in a prediction of middle and old cged health behavior -A survey of perceived physical self-efficacy and Health Locus of Cantrol-
    Bulletin of Hiroshima Prefectural College of Health and Welfare 4 (2) 29 -36 1999年
  • Examiration of performance dual-emergy X-ray absorptiometry(DEXA)instruments
    Bulletin of Hiroshima Prefectural College of Health and Welfare 4 (1) 47 -53 1999年
  • Performance evaluation of portable collimation grid in bebside radiography
    43 (3) 325 1996年

受賞

  • 2013年05月 第86回日本産業衛生学会 優秀ポスター賞
     
    受賞者: 巽 あさみ;小林章雄;住吉健一;飯田忠行
  • 2003年 第88回北米放射線学会 Certificate of Merit

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 中小規模運輸業におけるIoTによる睡眠を切り口とした生活習慣指導システムの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2024年03月 
    代表者 : 巽 あさみ; 飯田 忠行
  • 一般就労と福祉的支援の狭間にある少年院在院者への微細運動調節 プログラムの有効性
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 石附 智奈美; 宮口 英樹; 宮口 幸治; 藤井 浩美; 飯田 忠行
  • 選ぶこと,立つ・歩くことの支援が認知症高齢者とスタッフに及ぼす効果
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2023年03月 
    代表者 : 渡辺 陽子; 青井 聡美; 飯田 忠行; 久米 真代; 高宮 尚美
  • 「イメージ奏法」による感情認知誘導が人の心身に与える生理的反応の検証
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 武本 京子; 伊藤 康宏; 石原 慎; 川井 薫; 飯田 忠行
     
    楽譜の奥にある作曲者の主張、思想、情動などを推測し、演奏者の過去の体験や記憶、思考、言語、色彩を取り入れて演奏者の感情の全てを注ぎ込む音楽の奏法を創造し、これを効果的に表現する「イメージ奏法」を確立し、その理論をまとめることを行なった。それに基づき、演奏者が「イメージ奏法」を使って制作した音楽と映像の視聴覚融合の供与が、視聴者自身の音楽への共感性の認知を導き、精神面・肉体面へのどのような影響と効果を与え、心の再生を促すことができたかを生理学的指標を用いて心理学的・医学的に検討を行なった。同質の原理を応用して、心の再生を目的にストーリーを制作し、「イメージ奏法」による演奏と映像を制作し実験を行なった。演奏と映像にたくした「イメージ奏法」を視聴して、主観指標として不安感と幸福感のアンケートを用い、客観指標として生理活性物質の唾液中のアミラーゼ、コルチゾール、セロトニン、メラトニン、それぞれの変化を観察した。その結果、ストレス応答系の状態不安得点、アミラーゼ活性値が「イメージ奏法」の設計に相似した挙動を示した。下位の生理活性物質ではセロトニンとキヌレニンが同様の挙動を示した。一方、対照実験としたピアノ演奏のみではアミラーゼ活性値が増加しコルチゾール濃度は減少した。また対照実験としたイメージ画像だけを視た場合には「イメージ奏法」と近似した結果になった。これらから「イメージ奏法」の効果は映像の色彩と言葉による感情の誘導が大きいことが示唆された。 これらの結果は、クラシック音楽だけでは感情誘導に乏しい時でも、映像の効果により感情や気分が大きく変わることが示している。変化の大きい物質がトリプトファン代謝に焦点を絞り、国際トリプトファン学会で報告した。それに伴い、「イメージ奏法」の理論をまとめ、音楽を可視化して映像化する理論を学会等で発表を行い、論文にまとめることを積極的に行っている。
  • 看護職のストレスと睡眠に生かすマインドフルネス:生理機能からの客観的効果検証
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 飯田 忠行; 伊藤 康宏; 三宅 隆; 江副 智子; 巽 あさみ
     
    看護職は心理的ストレスが高いと報告されている。業務量の多さや業務内容の特殊性、そして、睡眠の時間帯を意図的に変える必要があるため、慢性的な疲労や心理的ストレスを抱え、発がんリスクが高く、うつ病など精神保健上の問題を引き起こしやすいと考えられる。一方、労働環境や交代制勤務によって睡眠不足・睡眠の質の低下が引き起こされ、睡眠の質の低下が看護職の離職選択における最も重要な因子であるともいわれている。このように、看護職では、睡眠時間の不足あるいは質の低下が心理・身体的ストレスを引き起こしたり、日中のストレスが入眠障害や過覚醒といった睡眠障害の原因になっている可能性も考えられる。そこで、今年度は、看護職の違いによる努力-報酬不均衡モデル、自覚的心理ストレスおよび睡眠の比較を行った。総合病院と訪問看護ステーションの看護師を対象に調査を行った。努力-報酬不均衡モデルにERIモデル、自覚ストレスにうつ尺度のBDI-Ⅱと不安尺度のSTAI、睡眠の質や量のPSQIを用いた。同時に昼食前に唾液と尿、就寝前に唾液を採取した。いずれの調査も日勤がある平日と勤務のない休日の2日間実施した。Mann-Whitney U 検定を行った結果、ERIモデルの比較では、総合病院と訪問看護ステーションの看護師では有意な差を認めなかった。しかしながら、うつ尺度、不安尺度、睡眠で有意な差を認め、総合病院でいずれも有意に高値であった。。この状況は平日のみならず、休日でも同様の傾向が認められ、平日のストレスが休日にも影響していることが推察できた。今後、これらの心理的ストレスがバイオマーカーとどのような関連があるのか、また、マインドフルネスによる効果を検証していく。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2015年04月 -2019年03月 
    代表者 : 江副 智子; 井上 顕; 飯田 忠行
     
    149名の大学生を対象に自記式質問紙調査を実施し、スマホ依存スケール(Japanese version of Smartphone Dependence Scale: 略してJ-SDS)を開発した。因子分析により抽出された因子は、(1)渇望と離脱症状、(2)過剰な使用と耐性、(3)ヴァーチャルな生活の優先、(4)授業への集中困難、及び(5)身体症状で、因子的妥当性の他、併存的妥当性、内的一貫性も証明された。119名の医療系大学生を対象にして、スマホ依存と睡眠の抑うつとの関係を調べたところ、J-SDSを指標としたスマホ依存の程度が高く、睡眠の質が悪いほど、抑うつの程度が高いことが示された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2018年03月 
    代表者 : 飯田 忠行; 八谷 寛; 伊藤 康宏; 井上 顕; 巽 あさみ
     
    保健医療福祉職はストレスが強い職業の一つに挙げられ,仕事量の負担度や役割葛藤などのストレスが高く,最も抑うつ度が高い。睡眠障害は心身の健康や不安感といった情動的感情(気分)に影響を及ぼしている可能性が示唆されている。そこで,気分と自律神経活動との関連,ストレスと心身のホメオスタシスを関連付けた研究を実施した。睡眠時の自律神経活動には,緊張,混乱と関連し,起床後の自律神経活動には抑うつ,活気が関連していた。抑うつ,不安,u-8-OHdGおよびu-5-HTに及ぼすOSCEの影響を調査し,自覚的ストレスの上昇に対してu-8-OHdGおよびu-5-HTは遅れて上昇し1週間後も低下しない傾向がみられた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 飯田 忠行; 伊藤 康宏; 井上 顕; 高野 優; 原田 俊英
     
    若年女性を対象に抑うつ症状と細胞内の酸化ストレスに伴うDNA損傷との関連を明らかにすることを目的として、月経周期別に質問紙調査による抑うつ症状の判定と尿中酸化ストレスマーカー8-OHdG量の測定を行った。調査対象は若年女性57名(21.6±0.8)とし、月経期間を卵胞期、排卵期、黄体期の3期間に分けた。尿中8-OHdGの月経周期調整平均は「抑うつ群」で高値となり月経周期に独立して抑うつ症状と統計学的に有意な関連を示した。尿中8-OHdGによる抑うつの有無の弁別能を調べたROC曲線では、AUCは月経周期によらず統計学的に有意であった。本研究はSDSと尿中8-OHdGが月経周期に独立して関連した。
  • 中高年女性の身体・精神的健康が骨密度・骨代謝変化と動脈硬化に及ぼす影響に関する縦断的研究
    愛知健康増進財団:研究助成
    研究期間 : 2010年 -2010年 
    代表者 : 飯田 忠行
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 飯田 忠行
     
    看護学生の臨床実習におけるストレスと生体反応の関連について検討した。対象はA大学看護学科3年生の女性28名。方法は、ストレスの程度を評価するために状態‐特性不安を日本版State Trait Anxiety Inventory (STAI)を用いた。生体反応を測定する項目には、血中エストロゲン、唾液中コルチゾール、唾液中IgAを用いた。これらの測定を臨床実習前と臨床実習中の計2回実施した。測定の結果,臨床実習前と実習中では、STAIの状態不安が高くなり、看護学生が臨床実習でストレスを感じていることがわかった。また、唾液中コルチゾールおよび唾液中IgAに変化がなかったが、血中エストロゲンは実習中に低値を示し、ストレスによってエストロゲンの分泌が抑制されると推察された。
  • 両手間のインピーダンス計測から骨量を推定する方法の検討
    豊田中央研究所:研究助成金
    研究期間 : 2007年 -2007年 
    代表者 : 飯田 忠行
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2004年 -2006年 
    代表者 : 飯田 忠行
     
    骨吸収マーカーとして、尿中I型コラーゲン架橋ペプチド(NTX)やデオキシピリジノリン(DPD)などのコラーゲン架橋の測定が臨床使用され、骨粗鬆症の治療効果を経時的に判断する指標として用いられている。しかし、現在骨粗鬆症の早期診断するための指標として骨代謝マーカー関心が高まっているが、一般女性に適用した試みはまだ少ない。 若年者における月経周期と骨代謝マーカーで尿中DPDでは、月経正常群・全体で生理期より排卵期の方が有意に高かった。しかし、月経異常群では排卵期で高い傾向ではあったが有意な差は認められなかった。血中総エストロゲン(E2)濃度も、生理期よりも排卵期の方が高かった。また、排卵期の血中E2濃度を生理正常群と生理異常群との間で平均値を比較したところ、生理異常群の方が約27pg/ml少ない結果となった。一方、若年者における月経周期によって骨形成・骨吸収マーカーが変動し、尿中DPDが血中E2月経期では負の相関を、排卵期では正の相関を示した。これらのことより、尿中DPD濃度は月経周期に影響を受けており、その影響は排卵期にエストロゲンの分泌が多くなるためと考えられる。 3年間縦断的に行った研究でオステオカオロシン(OC)、骨型アルカリフォスタファーゼ(BAP)、尿中DPD、血清NTxを月経期および排卵期に測定し、DXAで測定した骨密度の増減との関連を調査した。その結果、月経期の腰椎の骨密度防御要因として、血清オステオカロシンが関連した。また、月経期の大腿骨全体の骨密度では、防御要因として血清オステオカロシン、リスク要因として血清I型コラーゲン架橋N-テロペプチドが関連した。排卵期では腰椎、大腿骨頸部、大腿骨全体とも関連がみられなかった。以上のことから、月経を有する女性においては、月経期に血清オステオカロシンと血清I型コラーゲン架橋N-テロペプチドは骨密度の減少に有用である。
  • 若年成人女性の身体的・精神的ストレスと骨密度・骨関連生理機能の縦断的比較検討
    科学研究費補助金
    研究期間 : 2003年 
    若年女性はやせ志向および日常生活のストレスにより生理不順になりやすい。生理不順は、女性ホルモンの枯渇を招き、骨生理機能に影響を及ぼすことが示唆される
  • 障害者に対応したソフトキーボードの開発
    研究期間 : 2002年
  • 若年成人女性の生活習慣と骨密度・骨代謝指標の縦断的比較検討
    研究期間 : 2000年
  • 年代間の生活習慣と骨密度,骨代謝マーカーの縦断的比較検討-食事療法(または食事指導),運動療法(または運動指導)の効果-
    研究期間 : 2000年
  • 骨密度の変化に影響する因子
    研究期間 : 1996年
  • 骨塩定量装置(DEXA)による患者被曝線量の検討
    研究期間 : 1996年
  • 障害者に対応したポインティングデバイスの開発
  • 遠隔講義システムの開発
  • 骨粗鬆症の発症に影響する因子
  • The factor effect the change of osteoporosis
  • The factor effect the change of bone mineral density
  • Evaluation of Patient dose by DEXA

委員歴

  • 民間保育士 特殊健康調査 実行委員会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.