教員活動情報公開システム

松本 拓也 (マツモト タクヤ)

■所属部署名: 地域創生学科 健康科学科 
■職名: 准教授    
■研究者紹介(概要版)URL: http://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/attachment/13961.pdf
更新日: 2021/04/08

研究者情報

学位

  • 博士(海洋科学)
  • 水産学修士
  • 水産学学士

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 分析化学   食品衛生   水産化学   薬物動態   

研究分野

  • ライフサイエンス / 食品科学
  • ライフサイエンス / 水圏生命科学
  • ライフサイエンス / 水圏生命科学

経歴

  • 2020年04月 - 現在  県立広島大学地域創生学部 地域創生学科 健康科学コース准教授
  • 2018年04月 - 現在  県立広島大学人間文化学部 健康科学科准教授
  • 2012年10月 - 2018年03月  県立広島大学生命環境学部 環境科学科助教
  • 2010年04月 - 2012年09月  東京大学 大学院農学生命科学研究科Graduate School of Agricultural and Life Sciences日本学術振興会 特別研究員-PD
  • 2008年04月 - 2010年03月  東京海洋大学 大学院海洋科学技術研究科Graduate School of Marine Science and Technology博士研究員

学歴

  • 2005年04月 - 2008年03月   東京海洋大学   大学院海洋科学技術研究科   応用生命科学専攻
  • 2003年04月 - 2005年03月   東京水産大学   大学院水産学研究科   食品生産学専攻
  • 2001年04月 - 2003年03月   東京水産大学   水産学部   食品生産学科
  • 1996年04月 - 2001年03月   沼津工業高等専門学校   物質工学科

所属学協会

  • 日本食品衛生学会   毒素シンポジウム   マリントキシン研究会   マリンバイオテクノロジー学会   日本水産学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.30 神経症候群(第2版) -その他の神経疾患を含めて- V
    長島 裕二; 松本 拓也 (担当:分担執筆範囲:フグ毒)日本臨牀社 2014年11月 4 680-683
  • 長島 裕二; 村田 修; 渡部 終五 (担当:分担執筆範囲:第10章 フグの毒化関連遺伝子(122-137))恒星社厚生閣 2012年09月 ISBN: 9784769912859 
    (122-137)
  • Comprehensive Bioactive Natural Products, Volume 3, Efficacy, Safety & Clinical Evaluation II
    Matsumoto T; Nagashima Y (担当:分担執筆範囲:Chapter 21: Pharmacokinetic studies on hepatic uptake mechanism of tetrodotoxin in the puffer fish Takifugu rubripes.(363-391))Studium press LLC 2010年01月 ISBN: 1933699531 
    (363-391)

講演・口頭発表等

  • トラフグのタウリン生合成酵素活性の組織分布
    松本拓也; 亀井未夢; 瀬戸口優乃; 後藤孝信
    令和3年度日本水産学会春季大会 2021年03月 口頭発表(一般)
  • 松本拓也; 秋田真保; 小川真理子; 後藤孝信; 谷本昌太
    令和2年度年度日本水産学会春季大会 2020年03月 口頭発表(一般)
  • 低塩分海水で飼育したマダイの外傷部で発現する遺伝子の探索  [通常講演]
    松本拓也; 山本千里; 川口修; 御堂岡あにせ; 藤澤美咲; 東谷福太郎; 馬渕良太; 長尾則男; 谷本昌太
    令和2年度年度日本水産学会春季大会 2020年03月 ポスター発表
  • 魚類ビテロジェニンはテトロドトキシンを結合する  [通常講演]
    長島裕二; 江澤歩実; 大木理恵子; 横塚俊介; 石崎松一郎; 松本拓也
    平成31年度日本水産学会春季大会 2019年03月 ポスター発表
  • 低塩分海水で飼育したマダイの外傷回復過程を評価するバイオマーカー遺伝子の探索  [通常講演]
    松本拓也; 山本千里; 川口 修; 御堂岡あにせ; 東谷福太郎; 藤澤美咲; 馬渕良太; 長尾則男; 谷本昌太
    平成31年度日本水産学会春季大会 2019年03月 ポスター発表
  • cDNAサブトラクション法による低塩分海水で飼育したマダイにおける外傷回復関連遺伝子の探索  [通常講演]
    松本拓也; 山本千里; 川口修; 御堂岡あにせ; 岩本有司; 東谷福太郎; 馬渕良太; 長尾則男; 谷本昌太
    平成30年度年度日本水産学会秋季大会 2018年09月 ポスター発表
  • マダイの外傷回復を評価する血漿中のメタボライトマーカーの探索  [通常講演]
    田中麻緒; 馬渕良太; 川口修; 御堂岡あにせ; 岩本有司; 東谷福太郎; 長尾則男; 松本拓也; 谷本昌太
    平成30年度年度日本水産学会秋季大会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • 低塩分海水による蓄養がマダイの死後硬直に及ぼす影響  [通常講演]
    東谷福太郎; 川口修; 御堂岡あにせ; 岩本有司; 馬渕良太; 松本拓也; 長尾則男; 谷本昌太
    平成30年度年度日本水産学会秋季大会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • トラフグの有機カチオントランスポーターoct6をコードするslc22a16遺伝子のクローニング  [通常講演]
    松下直樹; 高橋晶子; 山本千里; 松本拓也; 長島裕二
    平成30年度年度日本水産学会秋季大会 2018年09月 ポスター発表
  • 低塩分蓄養したマダイの筋肉におけるメタボロミクスおよび官能評価  [通常講演]
    馬渕良太; 石丸絢也香; 趙彗卿; 田中麻緒; 好井みなみ; 川口修; 御堂岡あにせ; 岩本有司; 東谷福太郎; 長尾則男; 松本拓也; 谷本昌太
    平成30年度年度日本水産学会秋季大会 2018年09月 ポスター発表
  • 外傷を付与したマダイの外傷回復過程を評価するためのバイオマーカー遺伝子の検討  [通常講演]
    松本拓也; 山本千里; 川口 修; 御堂岡あにせ; 岩本有司; 東谷福太郎; 馬渕良太; 長尾則男; 谷本昌太
    第20 回マリンバイオテクノロジー学会宮崎大会 2018年05月 ポスター発表
  • リグノセルロース複合体中のリグニンに対する選択的化学修飾による機能化  [通常講演]
    渡邉信弘; 松本拓也; 三苫好治; 青柳 充
    第67回高分子学会年次大会 2018年05月 ポスター発表
  • 低塩分閉鎖循環系で養殖したマダイに生じる異臭成分の同定とその着臭および脱臭  [通常講演]
    谷本昌太; 田中麻緒; 好井みなみ; 馬渕良太; 長尾則男; 松本拓也; 川口 修; 御堂岡あにせ; 岩本有司; 東谷福太郎
    平成30年度年度日本水産学会春季大会 2018年03月 ポスター発表
  • トラフグのカルニチントランスポーターoctn2 をコードするslc22a5 遺伝子のクローニング  [通常講演]
    松本拓也; 高橋晶子; 青栁 充; 大竹才人; 三苫好治; 石崎松一郎; 長島裕二
    2018年03月 ポスター発表
  • 組織培養法による巻貝のテトロドトキシン取り込みと排出  [通常講演]
    大木理恵子; 松本拓也; 石崎松一郎; 長島裕二
    平成30年度年度日本水産学会春季大会 2018年03月 ポスター発表
  • In vitro uptake of tetrodotoxin into marine gastropods by tissue culture  [通常講演]
    Rieko Ohki; Takuya Matsumoto; Shoichiro Ishizaki; Yuji Nagashima
    The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium 2017年09月 口頭発表(一般)
  • Carrier-mediated transport of tetrodotoxin in porcine renal proximal tubule epithelial cell line LLC-PK1 monolayers  [通常講演]
    Takuya Matsumoto; Yui Ishizaki; Keika Mochizuki; Mitsuru Aoyagi; Yoshiharu Mitoma; Shoichiro Ishizaki; Yuji Nagashima
    The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium 2017年09月 ポスター発表
  • Selective chemical modification of residual lignin on alkaline pulp  [通常講演]
    Nobuhiro Watanabe; Yoshiharu Mitoma; Takuya Matsumoto; Mitsuru Aoyagi
    The 15th international conference on Advanced materials 2017年09月 口頭発表(一般)
  • 松本拓也; 北島冴美; 青柳充; 三苫好治; 石崎松一郎; 長島裕二
    日本水産学会大会講演要旨集 2017年03月 ポスター発表
  • 大木理恵子; 松本拓也; 石崎松一郎; 長島裕二
    日本水産学会大会講演要旨集 2017年03月 口頭発表(一般)
  • 沖縄県石垣島産ヒョウモンダコ属オオマルモンダコの毒性と毒成分の検討  [通常講演]
    浅川 学; 笘野 哲史; 山内 望由季; 松本 拓也; 大塚 攻
    平成28年度 日本食品衛生学会 第112回学術講演会 2016年10月 ポスター発表
  • 生物のふしぎ フグとフグ毒の話  [招待講演]
    松本 拓也
    平成28年度県立広島大学模擬講義 広島県立三原高等学校 2016年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Effective reduction of aromatic rings of phenols and anisoles as lignin-like compounds using iron powder and Rh/C in sulfuric acid  [通常講演]
    Daiki Yokoyama; Mitsuru Aoyagi; Takuya Matsumoto; Yoshiharu Mitoma
    The International Conference on Chemical Engineering 2016 2016年09月 ポスター発表
  • 大学での化学講義と専門教育への発展と 他領域との複合化について  [通常講演]
    松本 拓也
    平成28年度県立広島大学 教員免許状更新講習「高大連携における化学・物理基礎教育と環境専門教育への展開」(講習番号10) 2016年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • フグ毒テトロドトキシンの尿中排泄機構に関する研究  [通常講演]
    松本拓也; 石崎優衣; 望月桂花
    第63回毒素シンポジウム 2016年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • ゼータ電位測定を用いた金属カルシウム触媒法における触媒表面の評価  [通常講演]
    片山 裕美; 菅原 豊生; 加藤 遼; 松本 拓也; 青栁 充; 江頭 直義; 三苫 好治
    第25回環境化学討論会 2016年06月 ポスター発表
  • Pharmacokinetics and biliary excretion of tetrodotoxin in the pufferfish Takifugu rubripes juvenile after intramuscular administration.  [通常講演]
    Takuya Matsumoto; Aya Kiriake; Shoichiro Ishizaki; Shugo Watabe; Yuji Nagashima
    The 7th World Fisheries Congress 2016年05月 ポスター発表
  • 次世代シーケンスデータベースを用いたトラフグ肝臓有機イオントランスポーターのクローニングの試み  [通常講演]
    門川 峻徳; 北島 冴美; 松本 拓也; 長島 裕二
    平成28年度日本水産学会春季大会 2016年03月 ポスター発表
  • 次世代シーケンスアーカイブを用いたトラフグ肝臓薬物排泄トランスポーターのクローニング  [通常講演]
    北島 冴美; 門川 峻徳; 松本 拓也; 長島 裕二
    平成28年度日本水産学会春季大会 2016年03月 口頭発表(一般)
  • ヒト腸管由来Caco-2細胞によるフグ毒テトロドトキシンの輸送  [通常講演]
    望月 桂花; 原田 浩幸; 松本 拓也
    2015年度 第21回 Hindgut Club JAPAN シンポジウム 2015年12月 ポスター発表
  • 低塩分処理技術による魚類の新たな養殖・蓄養方法  [通常講演]
    松本拓也; 相田聡
    中国地域さんさんコンソ JST新技術説明会 2015年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 生物のふしぎ フグとフグ毒の話  [招待講演]
    松本 拓也
    平成27年度県立広島大学模擬講義 広島県立広高等学校 2015年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Distribution and biliary excretion of tetrodotoxin in the marine pufferfish Takifugu rubripes juvenile after an intramuscular administration  [通常講演]
    Takuya Matsumoto
    World congress on Pharmacology 2015年07月 口頭発表(一般)
  • ヒト腸管由来 Caco-2 細胞によるフグ毒の吸収と排泄  [通常講演]
    望月桂花; 安井香菜; 石崎優衣; 原田浩幸; 松本拓也
    日本水産学会大会講演要旨集 2015年03月 ポスター発表
  • ヒト薬物排泄トランスポーターによるテトロドトキシンの輸送活性測定  [通常講演]
    石崎優衣; 望月桂花; 安井香菜; 松本拓也
    日本水産学会大会講演要旨集 2015年03月 ポスター発表
  • 桐明絢; 松本拓也; 石崎松一郎; 長島裕二
    日本水産学会大会講演要旨集 2014年09月 ポスター発表
  • HOLGER Feroudj; HIRANO Yuki; SATO Nekina; MATSUMOTO Takuya; KANEKO Hajime; CHIN Eiko; ASAKAWA Shuichi; WATABE Shugo; USHIO Hideki
    日本水産学会大会講演要旨集 2014年09月 口頭発表(一般)
  • 松本 拓也
    平成26年度 広島国泰寺高等学校 文部科学省指定スーパーサイエンスハイスクール事業サイエンス講座(ヒューマンサイエンス)講義 2014年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 松本拓也; 桐明絢; 渡部終五; 長島裕二
    日本水産学会大会講演要旨集 2014年03月 ポスター発表
  • 太田晶; 須賀恵美; 石崎松一郎; 土井啓行; 石橋敏章; 松本拓也; 長島裕二
    日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集 2013年11月 口頭発表(一般)
  • 身近な危険生物と自然毒  [通常講演]
    松本 拓也
    平成25年度 県立広島大学市民公開講座「大型機器で見る身近な世界-ミクロ探検隊-」 2013年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 県立広島大学 生命環境学部
  • 太田晶; 須賀恵美; 石崎松一郎; 土井啓行; 石橋敏章; 松本拓也; 長島裕二
    日本水産学会大会講演要旨集 2013年03月 ポスター発表
  • 松本拓也; 金子元; 潮秀樹; 渡部終五
    日本水産学会大会講演要旨集 2012年03月 口頭発表(一般)
  • 平野雪; 金子元; 松本拓也; 潮秀樹; 渡部終五
    日本水産学会大会講演要旨集 2012年03月 口頭発表(一般)
  • HOLGER Feroudj; MATSUMOTO Takuya; KIKUCHI Ryosuke; KAWANA Yuriko; KONDO Hidehiro; HIRONO Ikuo; AKI Shinichiro; MOCHIZUKI Toshitaka; NAGASHIMA Yuji; KANEKO Gen; USHIO Hideki; KODAMA Masaaki; WATABE Shugo
    日本水産学会大会講演要旨集 2012年03月 口頭発表(一般)
  • Microarray analysis on the liver of cultured marine pufferfish Takifugu rubripes after the intramuscular administration of tetrodotoxin.  [通常講演]
    Takuya Matsumoto; Holger Feroudj; Ryosuke Kikuchi; Yuriko Kawana; Hidehiro Kondo; Ikuo Hirono; Shinnichiro Aki; Toshiaki Mochizuki; Yuji Nagashima; Gen Kaneko; Hideki Ushio; Masaaki Kodama; Shugo Watabe
    The International Symposium on Muscle Biochemistry 2011年10月 ポスター発表
  • Expression analysis of genes related to tetrodotoxin pharmacokinetics in ovary tissues of wild pufferfish Takifugu rubripes.  [通常講演]
    Holger Feroudj; Takuya Matsumoto; Ryosuke Kikuchi; Yuriko Kawana; Hidehiro Kondo; Ikuo Hirono; Shinnichiro Aki; Toshiaki Mochizuki; Yuji Nagashima; Gen Kaneko; Hideki Ushio; Masaaki Kodama; Shugo Watabe
    The International Symposium on Muscle Biochemistry 2011年10月 ポスター発表
  • Suppression subtractive hybridization analysis in the skin of cultured marine pufferfish Takifugu snyderi after the intramuscular administration of tetrodotoxin.  [通常講演]
    Ryosuke Kikuchi; Takuya Matsumoto; Holger Feroudj; Hiroyuki Doi; Toshiaki Ishibashi; Yuji Nagashima; Gen Kaneko; Hideki Ushio; Masaaki Kodama; Shugo Watabe
    The International Symposium on Muscle Biochemistry 2011年10月 ポスター発表
  • Functional analyses of recombinant torafugu growth hormone.  [通常講演]
    Yuki Hirano; Gen Kaneko; Takuya Matsumoto; Hideki Ushio; Shugo Watabe
    The International Symposium on Muscle Biochemistry 2011年10月 ポスター発表
  • HOLGER Feroudj; MATSUMOTO Takuya; KIKUCHI Ryosuke; KAWANA Yuriko; KONDO Hidehiro; HIRONO Ikuo; AKI Shinichiro; MOCHIZUKI Toshitaka; NAGASHIMA Yuji; KANEKO Hajime; USHIO Hideki; KODAMA Masaaki; WATABE Shugo
    日本水産学会大会講演要旨集 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 渡部終五; 松本拓也
    日本水産学会大会講演要旨集 2011年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 菊地遼輔; 松本拓也; FEROUDJ Holger; 土井啓行; 石橋敏章; 長島裕二; 糸井史朗; 杉田治男; 金子元; 潮秀樹; 児玉正昭; 渡部終五
    日本水産学会大会講演要旨集 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 松本拓也; FEROUDJ Holger; 菊地遼輔; 長島裕二; 金子元; 潮秀樹; 児玉正昭; 渡部終五
    日本水産学会大会講演要旨集 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 平野雪; 金子元; 松本拓也; 潮秀樹; 渡部終五
    日本水産学会大会講演要旨集 2011年03月 口頭発表(一般)
  • FEROUDJ Holger; 松本拓也; 菊地遼輔; 川名由利子; 近藤秀裕; 廣野育生; 武政裕一郎; 安藝真一郎; 望月俊孝; 長島裕二; 金子元; 潮秀樹; 児玉正昭; 渡部終五
    日本水産学会大会講演要旨集 2011年03月 口頭発表(一般)
  • 松本拓也; 菊地遼輔; FEROUDJ Holger; 土井啓行; 石橋敏章; 長島裕二; 金子元; 潮秀樹; 児玉正昭; 渡部終五
    日本水産学会大会講演要旨集 2011年03月 口頭発表(一般)
  • 反転腸管法による魚類腸管のテトロドトキシン吸収評価  [通常講演]
    寺尾依咲; 松本拓也; 藤本健太; 石崎松一郎; 長島裕二
    第16回 Hindgut Club Japan シンポジウム 2010年12月 ポスター発表
  • Plasma protein binding of tetrodotoxin in pufferfish Takifugu rubripes.  [通常講演]
    Takuya Matsumoto; Daisuke Tanuma; Kazuma Tsutsumi; Shoichiro Ishizaki; Shugo Watabe; Yuji Nagashima
    9th International Marine Biotechnology Conference 2010年10月 ポスター発表
  • 長島裕二; 松本拓也; 門山敬介; 石崎松一郎; 寺山誠人; 谷山茂人; 高谷智裕; 荒川修
    日本水産学会大会講演要旨集 2010年09月 口頭発表(一般)
  • 寺尾依咲; 松本拓也; 藤本健太; 石崎松一郎; 長島裕二
    日本水産学会大会講演要旨集 2010年09月 口頭発表(一般)
  • 寺尾依咲; 松本拓也; 石崎松一郎; 長島裕二
    日本水産学会大会講演要旨集 2010年03月 ポスター発表
  • 松本拓也; 石崎松一郎; 長島裕二
    日本水産学会大会講演要旨集 2010年03月 ポスター発表
  • Toxicity and molecular identification of Lagocephalus lunaris collected in Japanese coasts.  [通常講演]
    Yuji Nagashima; Takuya Matsumoto; Keisuke Kadoyama; Shoichiro Ishizaki
    International symposium on seafood processing technology and safety control system 2009年10月 ポスター発表
  • Pharmacokinetics and hepatic uptake of tetrodotoxin in the marine puffer fish Takifugu rubripes.  [通常講演]
    Takuya Matsumoto; Shoichiro Ishizaki; Yuji Nagashima
    International symposium on seafood processing technology and safety control system 2009年10月 ポスター発表
  • 松本拓也; 田沼大輔; 堤一磨; 石崎松一郎; 長島裕二; 銭重均
    日本水産学会大会講演要旨集 2009年09月 口頭発表(一般)
  • 松本拓也; 石崎松一郎; 長島裕二
    日本水産学会大会講演要旨集 2009年03月 ポスター発表
  • 門山敬介; 松本拓也; 石崎松一郎; 長島裕二; 森島啓子; 鏑木健; 稲葉重樹; 弘岡智子; 阿部清; 情野雅敏
    日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集 2008年09月 口頭発表(一般)
  • 松本拓也; 長島裕二; 石崎松一郎; 嶋倉邦嘉; 塩見一雄
    マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集 2008年05月 口頭発表(一般)
  • 谷山茂人; 諫見悠太; 松本拓也; 長島裕二; 高谷智裕; 荒川修
    日本水産学会大会講演要旨集 2008年03月
  • 松本拓也; 長島裕二; 石崎松一郎; 嶋倉邦嘉; 塩見一雄
    日本水産学会大会講演要旨集 2008年03月 口頭発表(一般)
  • MATSUMOTO Takuya; NAGASHIMA Yuji; ISHIZAKI Shoichiro; SHIMAKURA Kuniyoshi; SHIOMI Kazuo
    Program Abstr 5th World Fish Congr 2008 2008年 ポスター発表
  • 松本拓也; 長島裕二; 石崎松一郎; 嶋倉邦嘉; 塩見一雄
    日本水産学会大会講演要旨集 2007年09月 口頭発表(一般)
  • Carrier mediated transport of tetrodotoxin into the liver tissue slices of pufferfish.  [通常講演]
    Takuya Matsumoto; Yuji Nagashima; Shoichiro Ishizaki; Kuniyoshi Shimakura; Kazuo Shiomi
    The 11th International Congress of Toxicology 2007年07月 ポスター発表
  • Pharmacokinetics of tetrodotoxin by a single administration to puffer fish Takifugu rubripes.  [通常講演]
    Takuya Matsumoto; Yuji Nagashima; Shoichiro Ishizaki; Kuniyoshi Shimakura; Kazuo Shiomi
    4th World Conference on Drug Absorption, Transport and Delivery 2007年06月 ポスター発表
  • 土田新; 松本拓也; 嶋倉邦嘉; 塩見一雄; 石崎松一郎; 長島裕二
    日本水産学会大会講演要旨集 2006年03月 ポスター発表
  • 上田篤志; 松本拓也; 川嶋陽子; 嶋倉邦嘉; 長島裕二; 塩見一雄
    日本水産学会大会講演要旨集 2005年04月 口頭発表(一般)
  • 松本拓也; 長島裕二; 嶋倉邦嘉; 塩見一雄
    日本水産学会大会講演要旨集 2005年04月 口頭発表(一般)
  • 松本拓也; 長島裕二; 嶋倉邦嘉; 塩見一雄
    日本水産学会大会講演要旨集 2003年04月 ポスター発表
  • 後藤孝信; 松本拓也; 村上聡美; 蓮実文彦; 高木修作
    日本水産学会中部支部大会講演要旨集 2002年07月 口頭発表(一般)
  • 高木修作; 後藤孝信; 松本拓也; 桜井亜紀子; 宇川正治; 倉本戴寿
    日本水産学会大会講演要旨集 2001年04月 口頭発表(一般)
  • 後藤孝信; 松本拓也; 瀬尾邦昭; 高木修作
    日本水産学会大会講演要旨集 2000年09月 口頭発表(一般)

MISC

産業財産権

  • 川口 修, 岩本 有司, 工藤 孝也, 御堂岡 あにせ, 松本 拓也, 長尾 則男  広島県, 公立大学法人県立広島大学  201703019634441787

受賞

  • 2019年03月 公益社団法人 日本水産学会 平成30年度日本水産学会論文賞
     Effect of exposure to low salinity water on plasma ion regulation and survival rates in artificially wounded devil stinger Inimicus japonicus. Fisheries Science 84(3), 477-484, 2018. JPN official_journal 
    受賞者: 川口 修;御堂岡あにせ;岩本有司;工藤孝也;飯田悦左;長尾則男;松本拓也[受賞理由]外傷を負ったオニオコゼを通常の海水で飼育すると多くの個体が死亡するが,1/3に希釈した海水で飼育するとほぼ全ての個体が生き残ることを見出し,その生理学的な原因を解析した。解析の結果,1/3に希釈した海水で飼育すると,鰓の機能を介して体内のイオン環境が適切に維持され,生存率が向上することが明らかとなった。生理メカニズムを明らかにした点,活魚輸送等への応用が期待できる点など,様々な観点から高く評価した。

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 一般財団法人 東洋水産財団:学術奨励金
    研究期間 : 2019年06月 -2020年03月 
    代表者 : 松本 拓也
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 松本 拓也
     
    本研究では,消化管と腎臓由来の培養細胞を用いて,フグ毒テトロドトキシン(以下,TTXと略記)の消化管吸収と尿中排泄メカニズムを評価した。その結果,有機カチオンを輸送するトランスポーター(OCTNやOCT)がTTXを腎臓から尿中へ排泄していることが示唆された。また,ヒトの腸管におけるTTXの吸収に関わるトランスポーターの探索については,有機アニオン輸送ポリペプチドOATPや薬物排泄トランスポーターMRPおよび有機カチオントランスポーターOCTが関与していることが示唆された。
  • 高品質の活魚を低コストで安定的に供給するための低塩分蓄養方法および装置の開発
    農林水産省:農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業(発展融合ステージ)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 川口 修
  • バイオイメージング法によるテトロドトキシンと輸送タンパク質の動態解析
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(B)
    研究期間 : 2015年04月 -2019年03月 
    代表者 : 長島 裕二
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 松本 拓也; 石崎 優衣; 望月 桂花; 安井 香菜
     
    本研究では,フグ毒テトロドトキシン(TTX)の消化管吸収メカニズムを明らかにするため,ヒト大腸癌由来Caco-2細胞による消化管吸収モデルを利用してTTXの吸収を調べた。その結果,TTXの消化管吸収経路は,トランスポーターが関与する経細胞輸送経路であることが示された。さらに,トランスポーター阻害剤を利用した吸収阻害試験により,TTXの輸送には,いくつかの有機イオントランスポーターが関わっていることが示唆された。これらの成果は,TTXの輸送を担うトランスポーターの特定に繋がることが期待される。
  • フグ毒排出トランスポーターのクローニングと機能解析
    一般財団法人 東和食品研究振興会:奨励寄付金
    研究期間 : 2015年04月 -2016年03月 
    代表者 : 松本 拓也
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 長島 裕二; 渡部 終五; 永井 慎; 松本 拓也; 石崎 松一郎; 桐明 絢; 尹 顕哲; 太田 晶
     
    フグの毒化機構解明のため、高磁場MRI三次元イメージング法によるテトロドトキシン(TTX)検出法を開発し、フグ肝臓におけるTTXの分布を調べた。無毒の養殖トラフグに筋肉投与されたTTXは6時間後に肝臓で検出され、肝門脈に高濃度に存在した。60時間後、TTXは放射状に広がっていることが観察された。 TTXを投与されたトラフグの肝臓では、TTX非投与に比べ、代謝関連酵素、シグナル伝達系、免疫タンパク質をコードする推定転写産物が多く、高レベルで発現していた。トラフグ肝組織切片に蓄積したTTXの一部は高分子成分と結合し、in vitroでTTXを添加してもTTXは高分子成分と結合することが確認された。
  • フグ毒のMRI三次元イメージング動態解析とフグ毒化関連分子の解明
    日本学術振興会:科学研究基補助金 基盤研究(B)
    研究期間 : 2013年04月 -2015年03月 
    代表者 : 長島 裕二
  • 消化管上皮細胞単層膜によるフグ毒テトロドトキシン吸収過程の解析
    一般財団法人 東和食品研究振興会:奨励寄付金
    研究期間 : 2013年04月 -2014年03月 
    代表者 : 松本 拓也
  • フグ毒トランスポーターのクローニングと機能解析
    日本学術振興会:特別研究員奨励費
    研究期間 : 2011年04月 -2013年03月 
    代表者 : 松本 拓也
  • フグ毒トランスポーターのクローニングと機能解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 松本 拓也
     
    前年度,研究代表者らは,養殖トラフグの肝臓および筋肉から作製したESTデータに対して,フグゲノムデータベースから抽出したトランスポーターをコードする推定cDNA配列を問い合わせ配列としてBLAST検索を行い,肝臓での発現が予測されるトランスポーターをコードする15遺伝子を選抜した。 本年度は,RT-PCRで各組織における15遺伝子の発現分布を調べた。その結果,SLC38A5ならびにSLC25A48は卵巣と肝臓に発現が見られ,SLC23A2は肝臓,皮膚および消化管に強い発現が見られた。SLC22A16ならびにSLC16A6は肝臓および筋肉に,SLC48A1は肝臓,皮膚,卵巣および消化管に強い発現が見られ,SLC37A4は肝臓,卵巣および消化管に発現が認められ,そして,SLCO1C1は肝臓のみに発現が認められた。これら合計8遺伝子の全長cDNAをRACE法で決定し,全長cDNA配列から推定されるトラフグ肝臓トランスポーター遺伝子の演繹アミノ酸配列をヒト,ラット,ニワトリ,アフリカツメガエル,ティラピア,ゼブラフィッシュおよびミドリフグのトランスポータータンパク質と比較した。中性アミノ酸輸送体であるSLC38A5,ビタミンC輸送体であるSLC32A2,ヘム輸送体であるSLC48A1およびグルコース-6-リン酸を輸送するSLC37A4の基本的な基質を輸送する4つのトランスポーターは,様々な動物種間で高いアミノ酸同一率を示した。一方,興味深いことに,有機カチオンを輸送するSLC22Al6は魚類の間で比較的高いアミノ酸同一率を示し,有機イオンを輸送するSLCO1C1はフグ類で高いアミノ酸同一率を示した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2011年 -2011年 
    代表者 : 渡部 終五; 浅川 修一; 松本 拓也; 菊地 遼輔
     
    本研究では,フグ毒テトロドトキシン(TTX)を産生する海洋細菌の全ゲノムを解読し,そのTTX生合成経路を明らかにすることを目的とした。そこで,相模湾産の天然クサフグの腸内細菌叢より,選択培地を用いてTTX産生海洋細菌Vibrio alginolyticusを6株単離し, MALDI-TOF-MS分析により, 2株からTTXを検出した。さらに本細菌からゲノムDNAを抽出して次世代シーケンサーによる全ゲノム解析に供した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 長島 裕二; 石崎 松一郎; 松本 拓也; 寺尾 依咲; 堤 一磨
     
    フグの毒化機構解明のため、薬物動態解析法によりトラフグにおけるテトロドトキシン(TTX)の体内動態を調べた。TTXはトラフグ消化管から速やかに吸収され、血漿中では一部血漿タンパク質と非特異的に結合し、ほとんどが遊離型として存在すること、TTXは毒化の初期段階として肝臓に取込まれるが、肝臓におけるTTXの初回通過効果は極めて小さいことが明らかになった。cDNAサブトラクション法で、TTX投与したトラフグの肝臓で発現増大したcDNA1136クローンからトランスポーター関連遺伝子11クローンを得た。
  • フグ肝臓におけるフグ毒の取込み機構に関する研究
    財団法人 日本科学協会:平成18年度笹川科学研究助成 一般科学研究
    研究期間 : 2006年04月 -2007年02月 
    代表者 : 松本 拓也

委員歴

  • 2018年09月 - 現在   広島県立図書館   広島県立図書館資料選定委員
  • 2017年 - 現在   日本食品衛生学会   学会活性化委員会委員
  • 2016年01月 - 2019年12月   毒素シンポジウム   学会運営委員会委員
  • 2013年06月 - 2013年09月   日本農芸化学会   中四国支部2013年度合同広島大会実行委員会委員

担当経験のある科目

  • 生活文化史特論(2018)県立広島大学大学院総合学術研究科
  • 基礎科学実験(2018)県立広島大学人間文化学部
  • 細胞生化学特論(2018)県立広島大学大学院総合学術研究科
  • 生命科学(2018)県立広島大学人間文化学部
  • 生化学実験(2020)県立広島大学人間文化学部
  • 基礎生化学(2020)県立広島大学人間文化学部
  • 健康科学情報処理演習(2020)県立広島大学人間文化学部
  • 生化学(2020)県立広島大学人間文化学部
  • 大学基礎セミナー(2018)県立広島大学人間文化学部
  • 環境システム学(2017)県立広島大学生命環境学部
  • アカデミックライティング(2020)県立広島大学 地域創生学部
  • 卒業論文II (2018)県立広島大学生命環境学部
  • 卒業論文Ⅰ(2017)県立広島大学生命環境学部
  • 機器分析化学実験(2018)県立広島大学生命環境学部
  • 化学実験A・B・C(2017)県立広島大学生命環境学部
  • 化学演習A・B(2017)県立広島大学生命環境学部
  • 科学英語(2017)県立広島大学生命環境学部


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.